Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ホグロフス レプタイルフード (REPTILE HOOD)

知れば知るほど、魅力を感じるホグロフスブランド。
ギアにしても、ウエアにしても値段は高いが、高いだけのことはあるという気がします。
非常に細かいところにも手を抜かない、ホグロフスのこだわりみたいなところに惹かれるんですね。
きっと年数を重ねるにしたがって、耐久性や機能性の優位性を益々感じるのだと思います。

このレプタイルフードも実に新鮮かつ斬新。
素材は機能素材のトップメーカー、ポーラーテック社のパワーシールドを採用しています。
この素材は次世代の高機能素材と言われるほど、今注目の素材なんです。

薄手のマイクロフリース素材と、滑らかでソフトなシェルを組み合わせた素材で、
縦横4方向にストレッチ製を持ち、とても着心地よく仕上げられています。
シェル素材にありがちな、肩部分が突っ張ったりすることもなく、体の動きがとても楽なんです。

またシェル特有の「冷たさ」も裏地のマイクロフリースによって解消されています。
シェルとフリースを合体させた、デタッチャブルタイプのジャケットは、
温度調整がしづらいことから個人的には好きではありません。

しかし、レプタイルフードのようなマイクロフリースとの組み合わせなら、
行動時でも暑すぎることがなく、最適な組み合わせと言えそうです。

また、行動時に体温が上がれば、シェル内には蒸れ感が高まりますが、
レプタイルフードはこの蒸れの解消機能も非常に高い。
透湿性と言って、衣服内の蒸気を効果的に外部へ放出する機能に優れたジャケットなんです。

さらに、耐久性の高い撥水機能も保持しているので、
小雨や多少の雪にも対応することが可能。

完全防水ではないので、レインウエアの代わりにはなりませんが、
激しい行動を伴う登山やハイキングにおいての、
ウインドブレーカー的な使い方には最強のアイテムだと思います。

コールドシーズンの中低山のワンデイハイクには、
手放せなくなりそうなジャケットですね。

他にもフードの細かな調節機能や、パックのハーネスが干渉しないように肩部分にシームをなくしたりと、ホグロフスならではの細かな配慮が随所に見られます。

手抜きをすることなく、こだわりを持ち優れた製品を作り続けるスウェーデンのブランド。
どうもホグロフスには、今後も眼が話せなくなりそうです。

DWR加工(Durable Water Repellent)
サイズ:S、M、L、XL、XXL
素材:POLARTEC POWER SHIELD 781
カラー:BLACK、BRONZE GREEN、DEEP RED、

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事