Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

マジックマウンテン アルパイングース600

マジックマウンテンの厳冬期及びエクスペディション対応シュラフがこのアルパイングース600。
視認性の高いオレンジの帯を供えた30デニールパーテックスナイロンに包まれた、
750フィルパワーの上質ダウン。

ダウンの内訳はグースダウン95%にフェザー5%。
このバランスは嵩高性能を高めるためのベストなバランス。
このフェザー5%は、マイナス的要素でないのでお間違えなく。

構造も一流の仕上がりで、特に頭部のデザインはユニーク。
マジックマウンテンの独自構造リッジフードシステムで、頭部をすっぽり覆うデザイン。

また、熱が逃げやすいダウンルームの隔壁部分を熱接着のシームテープ処理。
縫い目はすべて覆い隠され、熱の放散やダウン漏れを防ぐ構造になっています。
ジッパー凍結防止フラップももちろん装備しています。

使用限界温度は−20度と、冬期登山に充分対応できる高い保温性を備えたダウンシュラフです。
日本のトップクライマー山野井泰史氏がハンテングリ峰で使用したのもこのシュラフという点にも注目したいところです。

この高性能冬期登山用シュラフが今(記事投稿時)かなりのお値打ちプライスになっています。
購入を検討している方は、下記リンクからプライスチェックしてみてください。

●布地/表:30dナイロン(パーテックス)、裏:33dナイロン
●中詰物/グースダウン95%、フェザー5%(750フィルパワー)
●羽毛量/600g
●サイズ/全長210、肩幅80、脚幅55(cm)
●収納袋/高さ30、直径20(cm)
●重量/1,340g(収納袋込)
●右側ジッパー長150cm

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私の持っている古い寝袋はもっと大きいですが
コンパクトですねー。

それに羽毛布団並みの内包物なんですねー。

屋外で使う以外でも、寝相の悪い娘によさそう…♪

2010/1/30(土) 午前 0:02 [ いっつ ] 返信する

いっつさん、こんにちは。

私のシュラフはもっと小さくて寒いです。
基本的に冬山でのテント泊は寒さとの格闘です。(^-^;)
こういうポカポカシュラフが欲しいですねえ。

2010/1/30(土) 午前 9:42 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事