Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ホグロフス マウンテンサーフ

私Gekkoは「登山用品の選び方」ブログでいろいろなウェアやギアの紹介をしております。
登山用品はたくさんのメーカーから膨大な数が毎期発売されていきます。

そんな中から、あくまでも「自分が欲しいなあ」と
心から思える登山用品をピックアップするようにしています。
だからどうしても「Gekkoの好み」が入り、
決して客観的な評価では無いという事を今更ながらお断りしておきます。

また登山用品の魅力というのは、機能やデザインの他に「価格」というのも大きな要素となります。
実際自分が購入する際には、いくら良いものでも「手が届かない」ということは少なくありません。

それで「価格」が魅力という登山用品も、時々ピックアップしています。
しかし、正直なところ、「価格」が魅力で紹介した商品というのは、

(なんだか違うよな…)

という気持ちがどこかに残っているんですね。

登山用品、特に冬山用の装備をそろえようと思うと、かなりのまとまった出費になります。
そんな時、削れるものは削る。
本当はこれが欲しいけど、金銭的にきついから、ワンランク落としてこのブランドに…。

このような状況というのも何度も経験しています。
そんなときには、「価格」が魅力な商品の出番ではあります。

それでも、過去記事を読み返したりしていると、

(これは、今の自分は買わないぞ…)

そんな商品もあったりして、
そのような場合はほぼ100%「価格」魅力商品なんですね。

懐具合なんてものは人それぞれ千差万別。
こだわりすぎて、自分の懐目線でセレクトして、
安いだの高いだのというのも、ちょっと違うのかもしれませんね。

今後は価格を無視するわけではありませんが、
より機能重視の目線で登山用品をピックアップしていくつもりです。
まあ今までも9割は機能重視で選んでいるので、
基本的なスタンスはほとんど変わることはありません。

なぜこのようなことを長々と書いてしまったかといいますと、
ここ数日ホグロフスのウェア、ギア類を集中して紹介してきました。

これは特に「ホグロフスをまとめて紹介しよう」と思ったわけではなく、
今の時期にタイムリーな登山用品を考え、何かいい商品ないかなあ?と物色した結果、
たまたま、各アイテムでどれもホグロフスの製品が「引っかかって」きてしまったんですね。

これは、私Gekkoの潜在意識の中に

(ホグロフスはいいなあ)

という気持ちが徐々に植えつけられてしまったということも否定しませんが、
純粋にそれぞれ優れた商品だから続いてしまったというのも正直なところなんです。

何しろ、そんな理由から、ホグロフスが続いてしまったわけですが、改めて振り返ってみて、

(自分だったら確かにこれらの商品は欲しい。)
(しかし値段を考えたらなかなか手が出ないぞ…。)
(自分が買えないような高いものばかり紹介するのは、なんだか違うくね?)

このような考えが頭をめぐったことをきっかけに、あれやこれやと思案してしまった次第です。
結局は先ほど書いたように、Gekkoの貧乏目線は置いておいて、
機能重視でセレクトしていく、というスタンスでいくことにしました。


以上のような「超長い前置き」をしたうえで、
今回もホグロフスを紹介してしまいます。


ホグロフスのマウンテンサーフはバックカントリースキーやスノーボードに最適の中型ザックです。
同様のコンセプト商品、オスプレー コード38ドイター フリーライダープロ30 と同じく、背面側からパック内部にアクセスできるバックアクセスタイプ。

スノーボードやスキーをフロントに装着しているので、この機能は今や絶対的に欲しいところ。
スキーを斜めに装着する際のストラップは、不要の際は収納することもできるのもポイント。
エッジガードなどにも創意工夫が見られ、ホグロフスの完成度の高さを垣間見る一品です。

あまりに長い前置きに疲れ果ててしまったので、
肝心の商品解説を簡単に終わらせてしまいます。
下記記載の仕様及び、リンク先から詳細をチェックしてください。


素材 1000D HIGH-MULTI POLYAMIDE 420D DYNATEC POLYAMIDE 
サイズ 約28×58×13cm(幅×高×奥) 
容量/重量 30L/1650g 

■主な仕様 
●グローブのままで簡単にジップを動かせるプルタブ
●安全装備を収納できる2つのチューブポケット
●ハイドロバルブのためのインサレーション構造ショルダーストラップ
●バッグ内部の2つのメッシュポケット
●スキーを取り付けるためのフロントパネルストラップ
●Hypalon耐久加工したサイドパネルスキーストラップ
●間単に調節の行えるショルダーストラップとバックル  ●雪のつきにくいバックパネル用生地
●レンズを優しく包む起毛生地ゴーグルポケット
●倍密度のフォームを使用し2つのポケットを組み込んだヒップベルトとグリップする裏地
●鍵や貴重品用の内部ポケット
●ホイッスル兼チェストストラップ
●Hypalon耐久加工したフロントスノーボードストラップ
●リフレクティブプリントでの夜間視認性確保 

この記事に

閉じる コメント(2)

このザックいいです。
ホグロフス全体にもいえますが、機能・性能面では素晴らしいです!!・・・がやはり価格が・・・
私はVAUDEにしました。

2010/1/30(土) 午後 8:19 [ ないと ] 返信する

knigh2145さん、こんばんは。

ホグロフスは本当に魅力的ですが、いいお値段しますからねえ。でも山道具って、やっぱりいいものは総じて高いって言えますよね。ファウデはどうですか?私はファウデは一度も背負ったことがないんですよ。

2010/1/30(土) 午後 9:48 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事