Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
レキ AGコルクライト SPD

トレッキングポール界において、最も信頼度が高い名ブランドレキ社の最新式トレッキングポールがこれ。「登山に使えるもので最も高性能のトレッキングポール」をお探しなら、私はこれをオススメします。グリップ形状も進化発展し、格段に握りやすくなっています。しっくりと手に馴染むグリップ形状は、使用時の披露を大幅に軽減してくれるでしょう。

従来のレキトレッキングポールと比べて最も大きな変革は、シャフトのロックシステム。トレッキングポールは平坦地、登り、下りで長さを変えて使用するため、このロックシステムはとても重要な部分となります。従来のシステムでも機能に不足は感じませんでしたが、うっかり締め付けがゆるかったりすると、使用しているうちにポールが収縮してしまったというような経験もあります。

この新しいスピードロックシステムは専用のレバー操作のみで固定、解除が行なえるようになりました。そのため、締め付け不足による弊害が皆無になります。滑りやすい雨天時や、グローブ装着時でも問題なく操作が可能になりました。また、レバーロック時の締め付け機能が、シャフトに対してピンポイントではなくシャフト全体を締め付ける特殊な構造を採用しています。

このような、目に見えない部分の信頼度の高さがレキを薦める理由のひとつなんです。トレッキングポールは今やいろいろなブランドから発売されています。安価なものもありますが、購入時は信頼できる製品かどうかを見極めることが大切です。トレッキングポールは下りなどではかなり荷重をかけて使用することもあり、ストラップの切断、ポールの破損、先端チップの破損などのトラブルから大きな事故に結びつくことも無いとは言えません。そう考えると、やはり信頼できるブランドのものを使用するべきでしょう。

まだトレッキングポールが登山において一般的ではない頃から、私はレキのトレッキングポールを愛用してきましたが、相当ハードに使用しているにもかかわらず、一度も破損したことがありません(厳密に言えばシャフト下部に固定されているグリップアタッチメントが緩んだことはありますが・・・)。このあたりの経験から、どうしてもレキを薦めてしまうのですね。

レキ以外のブランドではブラックダイヤモンドのトレッキングポールも、このブログでピックアップしています。実際の登山において私はレキのトレッキングポール以外は使用したことはありません。ブラックダイヤモンドのトレッキングポールをピックアップする理由は、輸入発売元のロストアローという会社に対して、私は非常に高い評価をしているからです。商品の信頼性は、商品そのもの、発売元、メーカーのリンクから生まれるものだと思っています。

ちなみに、レキの輸入発売元はキャラバンです。言うまでも無く、キャラバンシューズとともに日本の登山界を支えてきた会社で、数々の海外有名登山ブランドを送り届けています。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

登山すきですか。
日本で登山用品の一番人気のあるメーカは
何ですか。 削除

2011/2/4(金) 午後 1:58 [ choimihyun ] 返信する

顔アイコン

こんにちは〜登山用のスティックをレキと言うんですか。 削除

2011/2/4(金) 午後 2:06 [ choimihyun ] 返信する

choimihyun さん、こんばんは。

人気の登山用品メーカーはどうでしょうねえ、人それぞれですからねえ。まあメジャーなブランドで言えば、モンベルとかノースフェイスとかなんでしょうか。

レキ(LEKI)はブランド名です。登山用のスティックをトレッキングポールといいます。レキはそのトレッキングポールを代表するブランドです。

2011/2/4(金) 午後 9:05 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事