Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
オスプレー ハイドラフォーム レザヴォア 2L
プラスチック製ボトルの世界的メーカーであるナルゲンと、オスプレーが共同開発したハイドレーションシステムがハイドラフォームレザヴォアです。とてもよく考えられているシステムなので、ご紹介したいと思います。

ハイドレーションシステムとは、ザックの背面部分にある専用のポケットにセットが可能なウォータタンクのことを言います。登山においては大変便利なシステムなので、まだ利用したことの無い方は一度検討されるとよいと思います。

ハイドレーションシステムは通常の水筒と比べ多くのメリットがあります。まず、タンクからつながるチューブから行動時でも簡単に水分補給が出来る点。今までザックを下ろし、ザックの口を開いてパッキングの中から水筒を取り出していたことを考えると、大幅な労力削減につながります。

作業が面倒なことから「次の休憩地まで水は我慢しよう」と、ついつい水分補給が遅れてしまい疲労が重なったり、脱水症状に陥ったりという失敗を防ぐことが出来ます。ザックを背負ったまま、歩きながら必要な時点でただチューブを口にくわえるだけで水分補給が出来る。登山者にとってこれはとても大きなメリットですね。

次に、ハイドレーションシステムはザックの背面にセットするため、最適な加重バランスを維持できる点。特にこのレザヴォアは、水を満タンに入れたときにも背負心地を損なわないよう、プラスチック製のフレームを装備しているため、ザックの背面が膨らんでしまい、安定感が悪くなるようなこともありません。

レザヴォアの利点はまだあります。大口径の蓋を装着することで、内部の洗浄が容易に行なえるようになりました。衛生上これも特筆すべき点といえるでしょう。普通の水筒であっても、内部を洗いにくいことで不満を持っていた方も多いのではないでしょうか?

さらに、ウォータータンク本体にしっかりとしたハンドルが付いているので、テント場などで水を補給するときなどに快適性が大幅に向上しています。水場まで結構距離があるようなテント場も少なくありません。時疲労困憊の体では少しでも楽な仕事をしたいと強く願うはずです。そんなときに、このハンドルのありがたさを身にしみることでしょう。また、水分補給時には、大口径キャップの使いやすさも、あらためて実感できると思います。

このように便利なハイドレーションシステム。そして、従来のハイドレーションシステムに比べ高い機能性を誇るのはオスプレーのハイドラフォームレザヴォア。それでいて、リーズナブルな価格と、なんともいいことずくめのアイテム。従来の水筒ユーザーの方、そそられませんか?

最近はほとんどのザックにハイドレーションシステム用のポケットが標準装備されるように成りましたが、購入前にはご自分のザックに装着か確認しておくようにしましょう。また、この商品、とても人気がありすぐに売切れになってしまい、今回再入荷して来ました。購入はお早めに。

久しぶりに商品紹介文を書きましたが、読み返すとなんだか翻訳ソフトで和訳したような、変な文体になってしまいました・・・(^-^;)

この記事に

閉じる コメント(3)

私はハイドレーション派です!
これはそそられますね。
今はsouceのハイドレーションを使っています。
プラティパスより水が臭くなったりしないので満足していますが、もし次に買うならこのオスプレイもいいですね!

2010/8/1(日) 午後 8:50 [ on ] 返信する

ONさん、こんばんは。
登山にはダンゼン、ハイドレーションシステムでしょう!
でも私はというと・・・数十年間使い込んでボコボコになったアルミボトルが手放せないのです(^-^;)。

2010/8/1(日) 午後 9:35 Gekko 返信する

顔アイコン

こんにちは ハイドレーシツヨンありがとう検討します 私ゴルフもしていて夏にかなり水のみますので。上高地のプログにコメントありがとう 九月再挑戦します 前穂高へ。八月暑さと寝不足でダウンです。

2010/8/13(金) 午前 11:10 [ masudakun ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事