Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

熊よけスプレーCA290 カウンターアソールト・ストロンガー

最近日本各地でクマが出没してニュースになっています。
本当に毎日のように。

先日も市街地をヒグマが三頭現れたというニュースがありました。
対応策はまちまちで、状況判断によるのでしょう。
捕獲して、山に戻したり、射殺したり。

仕方がないことだと思います。
近隣の住民とすれば、恐ろしいでしょう。
実際被害にあう事件も多く発生しています。

私も白山で登山中に2度ツキノワグマに出会っています。
距離が離れていたにもかかわらず、そりゃ恐ろしかったです。

でも、クマも人間が恐いんですよね。
猛暑で山の食料が不足して、しかたがなく里に下りてきて。
そこで射殺されてしまう。

ほんと、しかたがないと思います。
思いますが、何ともやるせない気持ちも残ります。

木の実が不作とわかっていれば、山中にヘリで大量のどんぐりをばら撒くとか。
里の手前、ずっと奥に餌場をこしらえるとか。
何か他に対処法があるといいなあと思います。

私は畑正憲さんの「どんべえ物語」の話が大好きです。
3冊とも数十回読み返しています。
クマは臆病で頭がよく感情が豊かな動物なんだなあ。
読んでいるとしみじみとそう思います。

人と野生動物が何とか上手く折り合いが付くといいですね。

今白山に入山するとしたら、鈴はもちろんのこと、クマよけのスプレーも持参したい。
これはクマに出くわしたときに、唐辛子エキスをスプレーし撃退するものです。
毒ではないので、クマへのダメージも最小限ですむのではないでしょうか。

従来のカウンターアソールトCA230よりも、容量が25%増量。
それに伴い噴射距離、噴射時間共にパワーアップ
しています。
その分若干割高ですが、より高い安心感を得られるのなら、こちらの方が良さそうです。

クマといつ何時、出くわすかわかりません。
いつでも瞬時に手に取れるところに装備しておきましょう。
クマよけスプレーを購入するなら、専用のホルスターの同時購入をおすすめします。
熊が目の前に現れたときに、ザックを下ろし蓋を開けてスプレーを探す、なんてことしてられませんからね。

クマに対する警戒は冬眠に入る11月下旬位までは必要です。
紅葉の美しい入山シーズンですが、冬眠前の今が一番危険な時期とも言えるんですね。
備えあれば憂い無しです。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんにちは、Gekkoさん。えこーです。
はい、私も熊よけのスプレーを持っています。
ペッパースプレーです。
今まで使ったことはありません。
できるならお守り感覚で持っていたいものですよね。
熊と人の共存はこちらでも大きな課題ですよ。P!!

2010/10/20(水) 午後 2:13 えこー 返信する

えこーさん、こんにちは。
そうですね、使わずにすみたいですね。
実際、使うとしても遠すぎては効き目がないので、至近距離まで待たなければならなかったり、逆風で自分にかかってしまったり…。なかなか想像すると恐いですね。
でも持っていないともっと不安ですからね。

2010/10/20(水) 午後 5:07 Gekko 返信する

はじめましてコンニチハ!
人間の都合で殺されてしまう野生動物たち、なんともいたたまれません。
国全体で対応策を立ててもらいたいものです。

熊よけスプレーなんてものがあるんですね〜
購入を考えます(笑)

2010/10/26(火) 午前 10:01 黒兎セル+297 返信する

はじめまして。

そうですね。
親クマの後ろを必死で小熊が追いかけているニュース映像なんかを見ると、射殺という方法は安易に選んで欲しくないと思っています。COP10なんてものを日本で開催しておきながら、反面このような事態が日常的に起こっているというのも、どうかと思いますね。

2010/10/26(火) 午前 11:50 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事