Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
モンベル スノースパイク6 クイックフィット
 
登山もすでにシーズンオフ・・・
そんな声が聞こえてきそうですが、とんでもありません。

私は積雪期が1年で1番好きな登山シーズンです。
何も3000m級の高所登山だけではありません。
夏に通い慣れた中低山でも、冬は景色が一変します。
一面雪に覆われた景色は、雪国育ちの方は別として、非日常的な夢の世界。
何度もため息をつきながら、すばらしい景色を思う存分楽しむことが出来るのです。

積雪がなくても、ウインターシーズンの登山の楽しみは多くあります。
まず、夏の喧騒が嘘のように静まり返った自然を体中で堪能できます。
凛として澄みきった空気の中、一人静かに歩く登山は、自然との同化を感じることでしょう。
これは、大勢の登山者に囲まれた登山ではけっして味わうことが出来ないすばらしい魅力だと思います。
私は、是非近所の低山でもいいので、ウインターシーズンの登山をお勧めします。

本格的な雪山は、装備も相当大掛かりに成りますが、
低山であれば、そうでもありません。
ただ、この時期は麓では全く雪がなくても、山頂近くには薄っすら積雪があったり、凍り付いていたりすることも珍しくないので、その可能性のあるエリアでは、少なくとも6本ツメの軽アイゼンは持参したいものです。

私としては、足裏全体を網羅する8本、10本、12本爪のものがおすすめですが、
あくまでも予備的な使用で、重量も軽減したいという方には、軽アイゼンも選択に「あり」かと思います。
ただ、4本ツメの土踏まずだけにはめる「超」軽アイゼンはおすすめしません。
安全性を考えれば、アイゼンを装着したときに、せめて母子球近くの足裏にツメを感じるものを選ぶべきです。

私はモンベルのスノースパイク6クイックフィットのようなアイゼンが、「最低限」と考えています。
これなら、母子球近辺の力も伝わり、後ろは踵の手前までツメかかります。
装備としてはアンチスノープレートが標準装備しているのも嬉しい配慮です。
というのも、このアンチスノープレートがないと、雪が靴底に団子状に固まってしまい、トラクションが得られなくなってしまいます。
アンチスノープレートの形状にも工夫が見られます。
波状の溝を付けることで、プレートそのものにグリップ力を持たせています。

本格的雪山には爪先かかとまで、足裏全体を網羅する8本ツメ以上のアイゼンがおすすめですが、
中低山の予備的アイゼンとしては、モンベルのスノースパイク6クイックフィットは、充分必要な機能を発揮してくれそうです。

素材:本体 S55C炭素鋼(板厚2mm)、バンド/エラストマー
重量:495g(560gスタッフバックを含む総重量)ペアでの重量

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事