Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
グリベル エアテックエヴォリューション

ピッケルって買い換えないんですよね。
もちろん買い換える人もいるんでしょうけど、私Gekkoははじめて買ったカジタックスのピッケルをずっと使い続けています。

ピッケルは冬期登山2おいて、絶えず手に取り、上り下りします。
基本的に行動時に手放すことはありません。
また、時には命にかかわる危機をピッケルによって回避することもあります。

稜線上で突然吹き付ける強風にはピッケルを深く突っ込み、体を預けます。
滑落したときにはピッケルで停止します。
グリセードの時には、ピッケルでスピードを調整します。

ピッケルへの依存度ってとても強いんですね。
だからこそ、他の山道具に比べて特に愛着度が高いのだと思います。
私のカジタックスのピッケルは、全く愛想のないピッケルですが、これを一生使い続けます。

ただ、
(あっこれいいな〜)
そう思うピッケルは結構あるんですね。
欲しいなあと思っても、現実に買い換える気は無いのです。
ただ思うだけ。

(あっいい女だな〜)
そう思っても浮気はしないという感じでしょうか。

このグリベルのピッケルエアテックエヴォリューションも
(あっいいピッケルだなあ〜)
そうそそられるものがあります。

私のピッケルはストレートシャフトなので、シャフトに角度の付いたピッケルにあこがれます。
私が冬山を始めたころは、ベントシャフトのピッケルはほとんどありませんでした。
アイスクライミング用のアックスくらいだったとお思います。

でも最近は縦走用に使えるものでも、ベントシャフトのものが増えてきました。
雪壁にピックを突き刺すようなときはもちろんのこと、アンカーに使ったり、制動のときでも、この角度によってとても効果的に力が伝わると思います。

縦走で使用するのはもっぱら石突部分ですが、このときも、ベントシャフトが効果を発揮します。
上り下り共にピックを山側にして持つことで、石突部分が斜度に対し刺さりやすい角度を形成するんですね。
だから、アルパインの登山だけでなく、縦走メインの私でもこのベントシャフトタイプのピッケルが欲しいなあと思ってしまうんですね。

それに、見た目かっこいいし。
う〜ん、イエローがかっこいい!
このかっこいい!という気持ちは大切です。

憧れだけにとどめておきますけど・・・。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事