Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

モンベルの魅力は安いこと。
同スペックの他社製品に対し割安のものが多い。

シュラフに限らず、ウェアも、ザックもそうである。
だからユーザーも極めて多い。

登山道具を揃えるときにブランドで迷ったら
とりあえずモンベルを買うと言う選択も悪くない。

このシュラフの特徴はスーパーストレッチ製で
体を包み込むような機能で、体温のロスを最小限に抑えるデザイン。

オールシーズンとりあえず、ひとつのシュラフで対応したいなら
このあたりではないかと思い、セレクトしてみた。

3000m級の冬山から、夏の低山まで対応可能である。
さらに過酷な状況下では、シュラフカバーを組み合わせたり
保温性を高めるアウターシュラフを使用することで対応領域は広がるだろう。

軽量コンパクトを重視するなら、#3の選択もいいかもしれない。

夏は暑くないのかと言われれば、暑い。
しかし暑ければ潜り込まず、下敷きにすればよい。

朝起きると結露で、シュラフがベトベトになっていることがある。
U.L.スーパーストレッチダウンハガーはシェルに防滴処理が施されており
多少の水濡れには対応できるのも嬉しい。


●表地素材:ポルカテックス、バリスティックエアライト
●中綿素材:グースダウン、800FP
●サイズ:最大長206×最大幅100cm
●収納サイズ:直径14.7×29.1cm/4L
●適応身長:身長178cmまで
●総重量:824g

関連記事「登山用シュラフの選び方」
blogs.yahoo.co.jp/fs_bone/10372825.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事