Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

レキ(LEKI) ピークXLアンチショック

トレッキング用のポールを、始めて市場に送り出したのがこのLEKI社。
アドバイザーは、あの鉄人ラインホルト・メスナーです。

スキーストックと異なり、伸縮性があるため、自分の最適な長さに調節が可能。
また、収納時にコンパクトに収縮できるため、ザックの再度に取り付けることが出来る。
スクリュー式のロックは精度が非常に高く、相当な荷重にも耐えうる強度を持つ。

石鎚部分にはラバーキャップを装着することも出来るが
レキ社の石鎚は大変高性能で、滑りにくくなっている。

私はラバーキャップの必要性は特に感じたことはない。
むしろキャップを付けた方が、滑りやすい感じがするほどだ。
キャップは保護用と考えた方が良い。

このポールにはアンチショックシステムといって
伸縮してショックを吸収する機能を備えています。
この機能は合った方が、手首や肘の衝撃が少ないのでおすすめです。

トレッキングポールのブランドとしてはこのレキ社がNo.1。

●サイズ:62〜130cm
●重量:約500g(組)
●カラー:190ブラック
●18/16/14mmアルミ

関連記事 「トレッキングポールの選び方」
http://blogs.yahoo.co.jp/fs_bone/folder/915250.html

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

どうも、はじめまして
登山で検索したらたどり着きました
トレッキングポールを使うと飛躍的に行動半径が広がりますね
ボクもLEKI社製を使ってますがアンチショックではありません

2008/6/3(火) 午前 11:34 [ - ] 返信する

顔アイコン

あおいろさん、はじめまして。
トレッキングポールは確かに足の疲労を軽減しますね。でも、山学会の中には、会員に使用を禁止しているところもあるんですよ。初心者がポールに頼りすぎるのはよくないという理由だそうです。それも一理なのかな。

2008/6/3(火) 午後 5:29 Gekko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事