Gekko!の登山用品の選び方

元登山ショップ店長が、実践に役立つ登山用品の選び方を解説、お薦め品の紹介。

全体表示

[ リスト ]

登山用テントの選び方

イメージ 1

登山用テント選び 軽量・収納・強度


山行準備での課題は誰でも同じ。
「いかに荷物を少なく、軽くするか」これに尽きます。

減量のために、食料の余分な外箱などをすべて取り払ってパッキング。
そんな経験がある方も多いのでは?

さて、山道具で最も重量があり、嵩張るのがテントです。
軽量でコンパクトがいいが、強度も必要という相反する問題をうまくクリアすることが大切です。

テントの選択によって、同じ目的、人数のものでも数百g、場合によっては1Kg以上の重量差が出てくるのですから、いい加減な選択は出来ません。

テントは一度買うとすぐに買い換えるものではありませんので
慎重に選びましょう。

軽量

テントの重量差はおもに、生地、テントポールよって変わってきます。
例えば同じ2〜3人用テントでも、ポールが2本のものもあれば、3本のものもあります。
ポールが増えれば、それだけ強度がアップしますが、重量も増えます。

軽量のまま強度をアップする方法もあります。
本体、およびフライシートを的確に設営することで補うことができます。
テント本体、フライシートを固定する紐(細引き)と、紐の長さを調節する自在と呼ばれるパーツを多めに用意し、前後左右斜めからしっかりと補強することで、強度は相当に高まるでしょう。
(細引きなどは購入時に付属で付いていますが、フライシートのループがあまっていれば、すべて利用しましょう)

収納

重量とほぼ比例します。
軽いテントはコンパクトになり、重いテントは嵩張ります。

注意しなければならないことは、専用袋に収納したサイズで比較するのは正しくありません。
メーカーによっては、コンパクト製を強調するため、キッチキチに詰め込まれているものもあります。
この手のものは、一度出してしまうと、馴れないと再び収納できなくなったりもします。
ましてや、屋外で雨や風の中、小さな袋に簡単にしまえるわけがありません。
このようなコンパクト性は無意味です。

むしろ私はテント購入後、一回りも、二回りも大きなスタッフバッグと呼ばれる収納袋に入れ替えました。
屋外の悪条件の中、テント撤収するのはこのような大きな袋につっこみ、ザック内に押し込んで縮めるのです。
こちらの方が私はずっと、効率的だと思います。

強度

登山テントの場合は強度という要素は、大変大きいウェートをしめます。
雨、風、雪から防いでくれる自分のテントには絶対の信頼を置きたいものです。

強度は、生地、縫製方法、構造、テントポールの素材などに左右されます。
しかし、この強度の部分は素人目にはなかなか、判別するのが難しいです。

簡単な方法は信頼できる登山メーカーのものを選ぶことです。

ホームセンターで売られているようなテントは、キャンプには良くても、登山には不向きです。
以前、総合スポーツショップで購入した「安物のテント」でキャンプへ行ったところ、強風でびりびりにテントが破れたことがあります。
また、2本ポールのシェルター型ツーリング用テントで寝ていたとき、夜中に強風でポールが折れたこともありました。

「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、登山用テントを購入するときは、この言葉を頭の隅に入れておくことが良いようです。

居住性

登山用テントはほとんどすべて、適応人数が表示されています。
それを参考にして、選ぶことになりますが、一人でも居住性を重視するなら、2〜3人用テントを選ぶこともあります。
軽量コンパクトを重視するなら、居住性が犠牲になるのも仕方ありません。

テントの中はただ寝るだけの空間ではない、ということを覚えて置いてください。
雨天の山行ならば、テント設営後ずぶぬれの服を着替え
食事もテント内で準備することになります。

テントの注意書きで「テント内で火気を使用しないでください」という記述されているものがあります。
しかし、実際は使わざるをえないことが多い・・・
ていうか、私はテント内で、ストーブ(バーナー)をガンガン焚いて、湯を沸かしたりします。
私にとっては極普通のことです。

そのように、いろいろな可能性を踏まえたうえで、サイズを選べば失敗が少ないでしょう。

フライシート

フライシートの構造でチェックすべき点は前室の広さです。
本体の出入り口とフライの出入り口の間のスペースです。

このスペースは重要で、靴や使用済みの食器をおいたりと便利なスペースです。
前室を広く確保するために、フライシート用にポールを使うものもあります。
これも重量とのバランスの問題になりますが、前室は広い方が快適です。

フライシートは当然防水でなければなりません。
縫い目にシームシールと呼ばれる目止め処理が施されているものを選びましょう。

テント本体、特にグランドシート部分にも、防水のための目止め処理が施されているか、チェックすることをおすすめします。

この部分の目止めは付属のシームシーラーを使って、自分で処理しなければならないテントもありますので、要確認です。
この目止め作業は、テントを設営した状態でしなければならず、結構時間のかかる作業ですから。


敢えておすすめのテントをピックアップ・・・


登山テントは、以上のポイントを抑えて選択すれば、きっとあなたにあったテントを選ぶことが出来るでしょう。
今販売されている登山向けテントは各メーカー相当数になります。
それを一つ一つチェックすることは無理なので、信頼できる登山ショップに相談するのが安心です。

「忙しくてそんなことできない。 おすすめのテントを教えてくれ」

選択には、それぞれの山行スタイルや好みがありますので一概に言えません。
そこを敢えて選んでみましょう。

●「単独行が多く、軽量かつ設営が簡単なテントは?」

アライテントのエアライズかゴアライズ
(ゴアライズもフライシートとの併用がおすすめ)



●「過酷な条件下での使用が多く、強度重視なテントは?」

ダンロップVシリーズ



これらの選択なら、メーカーの信頼度も高く、購入後に「激しく後悔する」ということはないと思います。また「アライテント」も「ダンロップ」も、テント場にいくとお仲間がたくさんいることに、きっと安心感を覚えることでしょう。言葉が悪いかもしれませんが、「無難」なテントと言えます。

●「人と同じは嫌だ。強度があり、しかも格好のいいテントは?」

MSRエクスペディションシリーズ


頑丈で積雪期を含めたオールシーズン対応。軽量化よりも耐久性にウェイトをおいています。何よりも、設営時の美しい「張り」は、まさに機能美の極地。値段は高いが、い〜いテントです。




(この記事は随時加筆・修正していく予定です)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事