アオアシ‼

目まぐるしく変わる状況に振り回され、身体も心も休む間も無い。

それでも前に進まなければいけない。

毎日必死だ‼

でも、学ぶべきことが目の前にある。以前も書かせていただいたが、私が知っていることは『氷山の一角ならぬ、氷山の一粒』だ。

最近、FOOT×BRAINで紹介されたサッカー漫画『アオアシ』を読んでみた。Jリーグチェアマンが推奨する理由が分かる。
題材は高校サッカーでは無く、Jユースの物語。
日常のトレーニングの中では、私が言葉で伝えていることではあるが、生徒はなかなか理解できない。それを漫画で、そして分かりやすい言葉で書いてくれている。

様々な指導方があり、どれが正解ということではないが、プレーする選手自身が考えていかなければいけない。

漫画の中でも『ガイデッド・ディスカバリー』という言葉が出てくるが、サッカー界では既に浸透していると思うが、更に拡がって欲しい言葉でもある。
『ガイデッド・ディスカバリー = 発見を導き出す、発見を引き出す』
ということだが、実際の指導現場を観ていると首をかしげたくなるシーンが多々見受けられる。

数年前に「古俣さんは何も教えないんですね」と言われたことがある。
「そんな事ないですよ、練習中に沢山声がけして気付いてもらおうとしています」と答えた記憶がある。
選手は今自分が持っているもので勝負してほしい。それがどのレベルであっても・・・。
上手くいくかいかないかは、次へのステップであり、上には上がいることを知って、もっと上手くなりたいと思ってもらえればありがたい。
が、しかし・・・。上手くいかなくなると「他人の責」にする選手を沢山観てきた。でもいつかは気付く、いや気付いてくれる。そんなコーチングを続けてきた。

ある卒団生が練習に参加した時に「古俣さんの言っていたことが、今になって分かった」と言ってくれた。
それで良い。いつか気付いてくれればそれで良い。

試合の勝った負けたという結果に一喜一憂しない。なぜなら、それはプロセスでしかないから。

『傾聴力』という言葉も出てくる。サッカー選手だけでなく、アロマのレッスンでもお伝えさせていただくこと。これは素晴らしいこと。
私達は児童、生徒に難しい言葉を使うことが多々ある。
ほとんどの選手が「わからない?」となる。
その時にどう対応するかを観ている。それによって将来が見える。

①ある選手は、聞き流す
②ある選手は、再度聞きに来て、もっと詳しく聞こうとする
③ある選手は、自分で調べて、後日導き出した自分の考えを教えてくれる

これまで出会った選手も様々だった。

私は答えを教えない。なぜなら答えは全て彼らの中にある。
正解は次の瞬間不正解なり、不正解は次の瞬間正解になる。

正解、不正解があるとしたら、答えがあるとしたら、みんな上手くいく方法を考える。でも、上手くはいかない。それがサッカーであり、人生である。成功も、失敗も全てが次へのプロセスであり、最終結果では無い。発見の旅は止めたら終わり。

『人間は考える葦である』
という言葉もその漫画に出てくる。全くその通り。
パスカルの言葉で『人間は孤独で弱いが、考えることができることにその偉大と尊厳がある』という意味だが、それが人間の素晴らしい所でもある。ただ、考えすぎると『下手な考え休むに似たり』になってしまう。

たかがサッカー漫画、されどサッカー漫画でした。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

今日だけは・・・。

今日は北信越クラブユースサッカー連盟の理事会‼

思うことは沢山ある。そして言いたいことも沢山ある。それを飲み込んで言葉を発した。
二枚舌の方々が席巻して、真実が伝わらないもどかしさと、歯がゆさ。
だけど私自身を振り返ると・・・。反省しなければいけないこともある。

ただ、今の立場は必要ない‼
そんなに肩書が欲しいなら差し上げます。


この記事に

開く コメント(0)

ミッション‼

毎日、必死‼
それは当たり前のこととして捉えている。

しかし、楽しんでいないと何事も行き詰る。今現在、そんな状況に置かれている。
これまでも何度もそんな状況を体験させてもらってきたが、この状況はこれまで以上にきつい。そしてしんどい。久しぶりに泣き言を吐いてしまった。

今はまだ表に出せないことだが、本当にしんどい。
年末からの体調不良はまだまだ続いていて、インフルエンザ感染からの呼吸器系の不調も続いている。検査に行けと何度も忠告されるが、時間が・・・。「時間は作るもの」といつも自分自身に言い聞かせているが、なかなか時間が作り出せない。

『やりたい事>やらなければいけない事>やれる事』の図式が見事にはまってしまっている。言い訳がましい、そしてネガティブになりがちです。
こんな状況は久しぶり。何とか打開しなければいけない。

そんな時にふと目に留まるのが精油。そして「アロマセラピストで良かった」と思える瞬間です。

いつも持ち歩き、その香りを思いっきり吸い込んで、余計な思いといらない感情と共に、思いっきり吐き出す。それを数回行うだけで、意識の変換になり、エネルギーの変換、思考の変換につながる。

『アロマセラピストで良かった‼』
『頸椎骨折』からの『脊髄空洞症』
あの苦しみは誰にも分かってもらえなかっただろう。気が狂うほどの神経症状が出て、苦しくてよく叫んでいた。自分自身の将来が見えず、涙を流した。そんな苦しみを乗り越えてきた今では簡単にお話させていただく事が出来るが、半身不随で障がい者であったことは誰も知る由もないし、大きな声で伝えることも無い。

私が肌身離さず持ち歩いている精油は私を救ってくれた大切な、大切な精油なのです。

私の今の苦しみは当時の苦しみに比べれば、僅かばかりのものに過ぎない。
だから、必ず乗り越えられる。そしてまた一歩を踏み出すことが必ずできる。

なぜならば私に与えられたミッションだという自覚があるから・・・。
一度は失った人生を再生させてくれた大いなる力。今も私の感覚は常に『生かされている』だから・・・。


この記事に

開く コメント(0)

地域活性化‼

この2日間、潟東地域コミュニティ協議会の方々とご一緒させていただいた。目的は『日本スポーツコミッション研究会』『浦和スポーツクラブの視察』でした。
とても学ぶことも多く、沢山の情報をいただくことができた。その情報をどう落とし込んで、どう利用するか?
様々な状況を一つ一つクリアして、壁を一つ乗り越えて、また次の壁を乗り越えて行かなければいけないと思う。

やることは多岐にわたるが、目の前にあることを取り組むほかは無い。
ただ、この地域は少子高齢化が進み、目の前にある様々な状況がネガティブに捉えられてしまいがち。でも、少しポジティブな材料が見つかった。

一筋の明かりが・・・。
これからです‼右足を出したから、次は左足だ‼


この記事に

開く コメント(0)

インフルエンザ

先日、初めてのインフルエンザに感染してしまいました。

次女の受験で前日から仙台へ行っていましたが、到着したその夜が大変でした。
夕食でパスタをいただいたのですが、ベーコンが入っていて、大丈夫かなと思って食べたのですが、少し体調に異変が・・・。仕方なく、もう一つ別のパスタを注文しました。勿論ベーコン抜きでお願いしました。

しかし・・・。
しっかりとベーコンが入っていました。それも大丈夫と思い少し食べましたが・・・。更に身体に異変が・・・。

そして、ホテルへ戻り、早めに休もうとしましたが、なかなか寝付けませんでした。時間だけが過ぎていき、気付けばAM2:00ごろ、突然異変が???
呼吸困難から始まって、過呼吸になってしまいました。あまりに苦しくて、救急車も考えましたが、今日の朝は次女の受験だ(´;ω;`)
「もし、私が救急車で運ばれたら、次女は受験できない?」そんな考えが頭をよぎり、結局苦しかったのですが、必死に耐えました。そして、ほぼ眠ることができず朝を迎え、次女の受験会場の高校へ向かいました。

次女を降ろし、私は一人車の中で眠っていました。面接が最初だったので、早く終わり新潟に向けて出発‼
早々に新潟に到着し、いつものようにサルビアサッカー場に出勤しましたが、体調が悪く、スタッフに任せて帰宅。その日は39℃の発熱と身体の異変で、寝込んでしまいました。
翌日、近くの病院で診察していただき、出ました‼・・・・・・『インフルエンザA』

隔離されました(´;ω;`)

生まれて初めての『インフルエンザ感染』これで少し休めるか?
年末から大忙しで、睡眠時間が平均1時間、完全徹夜ありで、年末年始は休養にあてましたが、体調もおかしい状態が続き、なかなか戻りませんでした。
完全に免疫力は低下していましたので、仕方ないですね。

その土日は(公財)日本サッカー協会から技術部副部長兼グラスルーツ推進部長の松田さんに潟東まで来ていただき『ウォーキングサッカー体験会』を開催予定でした。『ウォーキングサッカー』と新潟日報さんの取材対応と、急遽決まった、NSTのスマイルスタジアム生放送)は全てスタッフにお願いしました。松田さんはヤマハ発動機サッカー部の先輩で、新人の時には松田さんの寮の部屋に、同部屋の前原さん(武南高校出身)と二人で何度か遊びに行きました。
そして、新潟県クラブユースサッカー連盟の理事会・新年会を予定していましたが、全て副理事長・事務局長にお願いしました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


この記事に

開く コメント(0)

やり切った‼

この年末に向けて?

本当にやり切った感が凄い‼
久しぶりのバーンアウト?未だに体調が戻らない。
それでも遠征が待ったなし‼
この日程はかなり強行でしたって、いつも通り?

子供たちが成長する姿を観るのがとても楽しいです。
本当に「百聞は一見に如かず」です。

とても素晴らしいプレーモデルが目の前にあり、それを観て?観てるかどうかは分からないが・・・。今回は他チームの試合を真剣に観ていた児童もいましたね。

本当に子供達は凄い‼一気に成長しました。

そして帰りは・・・。遠征慣れしていない児童もいて、珍道中になってしまいましたが、楽しい遠征でした。

子供の成長は、大人の予測を超えています。
今回、改めて実感しました。


この記事に

開く コメント(0)

久しぶりに・・・‼

この10日間以上ですが、本当に頑張りました‼
平均睡眠時間:1〜2時間/1日でした。

何十年ぶりかに完全徹夜で、AM1:00にソファで起きて、翌々日1:00にソファで横になり、AM4:00に起床して・・・。久しぶりに48hを過ごしていました。研修で東京・浜松にいる間だけベッドで寝て、いつも使う布団は10日以上使わず、ソファで仮眠だけでした。

流石にこの数日間は、心臓が痛く、頭も痛くなってしまいました。
昨日、久しぶりに布団で6時間睡眠で、少し回復しました。

復活です‼

プレゼンまで、あと4日間。
もう少し頑張ります。

でも、久しぶり目にしたムヒカ大統領の演説。素晴らしい、拍手です。
頭が下がります。


この記事に

開く コメント(0)

本のご紹介

イメージ 1
面白い本に出合いました。

いつも私がお伝えさせていただいていることを分かりやすく書いてくれた本です。

必要な方にはとても面白い本です。あまり必要ではない方は「何バカなことを・・・」となって、とても難しい本かと思います。

その本のタイトルは『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』です。

ご興味のある方はぜひ一読を・・・。

kindle本もあるようです。


この記事に

開く コメント(0)

パイオニア

『パイオニア』
私もそう呼ばれたことがある。意味は『先駆者』『開拓者』という意味。
確かに私も誰もやったことのないことをやろうとしている。そう考えたらそうかも知れないが、私より凄いパイオニアがいる。

東北大震災前に初めてお会いし、その後も何度もお会いし、勉強させていただきました。とても素晴らしい方です。

塩竃FCの前理事長の小幡さん。たしか78歳?かな。宮城県サッカー協会元会長、東北サッカー協会元会長。
小幡さん自身はサッカー未経験者。でもとにかく勉強熱心で、どんなことからも学ぼうとする姿勢は誰にも真似が出来ないぐらいに凄い‼

そんな小幡さんの本がkindle本で出版された。もしよろしければ読んでみてください。自分自身を観ているようで、とても勇気をもらいます。

『小幡忠義の子供とともに育つそれが私のサッカー (CWS SPORTS BOOKS) Kindle版』

読んでいて、その一端でしかないが、それでも小幡さんの凄さが垣間見え、頭が下がる思いです。



この記事に

開く コメント(0)

『教えてくれなきゃできないって言ってる人間には、教えたってできない』
一龍斎貞水さん(人間国宝)の言葉ですが、重みがある。約10年前に初めて目にし、それからもことある毎に言葉にしてきました。

本当に重みのある言葉です。
そして、実践するには更にどれだけ努力が必要かと考えさせられた。
努力というと『苦しい』『辛い』ということを思い浮かべる人もいる。私自身の人生を振り返った時、努力をして『苦しい』『辛い』と思ったことが無い。身体的には、精神的には辛かったとしても、その状況が楽しかった。

そして、挑戦と失敗を繰り返し、自分自身で答えを見つけ、結果を残したが、それは結果ではなく過程でしかなく、どこまでも果てしなく続くその道でしかなかった。

自分自身で見つけ出すことが、とても楽しくて、成長するのを実感する。

今、自分自身が出来ていることが、出来ない世界がある。
今、その中では一番かもしれないが、出来ない人になることもある。

知らないということは不幸です。知ろうとしないことは、もっと不幸です。あなたの上は沢山いるということを・・・。

そのグループの中で少しできると周りを見下して。そのグループの中で一番になると、周りを馬鹿にしてしまう。そんな選手がなぜ上達しようか。

今日もそんな子供たちを観る機会をいただいた。新潟県のチームだったのでとても悲しい出来事だった。

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』
いつか気付いてくれますようにと祈る他ない。


この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事