全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

( 写真は、2008年11月22日朝撮影、都府楼跡に昇る朝日 )

このブログ「スローライフ都府楼散歩」は、2005年4月より始め、多くの皆様に訪問して
いただきましたが、この12月いっぱいでの契約切れを機に、閉じる事といたしました。

先日(2008年11月24日)、五木寛之氏の講演を聞いてきました。
現代は、平安時代末期の末法の世に近似しているとの事、「物」の飢餓状態ではなく、
「心」の飢餓の時代。このような時代が、後50年は続くと考えられ、私たちは「覚悟して」
生き抜く必要があるとのお話でした。
末法の時代、仏法の教えをやさしく伝えた「法然」、覚悟してその教えを深めていった「親鸞」、
そしてそれを広めていった「蓮如」・・等。「親鸞」は自分の確信した法然の教えを「覚悟」を
もって深め伝えていきました。この混迷の時代を生き抜くには、「自分の信じた道」を
「覚悟をもって」こつこつと実践しながら生き抜いていく事が必要とのお話でした。


西本岩夫氏著 第6回草莽塾 講演禄「森信三先生の教えに生きる 立腰・人生二度なしと全一学」
の中で・・

西本氏が森先生に「私は21世紀は灰色ではないのですが、とてもピンク色をした浮き浮きした時代にはならないと思います。」と申し上げたのです。すると森先生は、「そうですか、私は21世紀の特に後半は非常に地味なものになると感じているのですが、その時、見直されるのは、東洋の哲学であり情念を浄化して得た日本人の智恵です。21世紀で人類は終わるかもしれないが、私は人類の未来を信じています。それは人類が智だけでなく、情念を浄化する東洋哲的な日本人の智恵に着目し、必ず重視する時がくると信じているからです。」というようなことを言われたことがあるのです。
(西本岩夫著 草莽塾 講演禄―平成20年6月16日発行 より)


森信三先生は、昭和40年代から現代日本の現状を憂えておられ、「全一学」と「立腰」を通じて、
日本国民の教育に専念されてこられました。その流れは、「実践人の家」や、「全国掃除に学ぶ会」・「ハガキ人の集い」・「読書会」など全国的な広がりを通じて、草の根的に実践されています。
このような、日本人の底力が日本を救うと信じております。

『森先生が私たちに最も強く求めておられたのは、「どうか全一学的に生きて下さい。
そのためには、丹田充実、泰然自若、逆境も神の恩寵的試練と受け止め、運命を立命とする。
それが悔いなき「人生二度なし」を生きることになるのです。」ということであろう、
と私は思っているのす。』と西本岩夫の講演録は最後に結ばれていました。

今後は、人生の師の教えを「覚悟を持って」こつこつと実践して生き抜いて行きたいと思っています。
因みに、坂村真民先生は、森信三先生との出会いが「詩」の世界に入るきっかけでした。


充実と更新  坂村真民

あかあかと 日は昇り

あかあかと 日は沈む

何億回という くりかえしなのに

その新鮮さ それゆえに わたしは手を合わせ

その光りを吸引する 命の充実のため

心の更新のため

開く コメント(40)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

( 写真は、クリックすると大きくなります ) 

2008年11月22日 太宰府の紅葉で有名な禅寺・「光明禅寺」に行ってきました。
多くの観光客が訪れ、賑わっていました。

撮影したのが、午後3時過ぎでしたので、光りの具合が最適ではなかったのが残念でした。

開く コメント(12)

イメージ 1

イメージ 2

( 写真は2008年10月24日撮影の九州国立博物館です )

日中韓三カ国首脳会談が来月12月13日に九州国立博物館で開催されることが、
昨日(11月21日)決まりました。(毎日新聞 11月22日付け朝刊)

「九州国立博物館」設置のコンセプトは、『日本文化の形成をアジア史的観点から
とらえる』というもので、常設の「文化交流展示室」では、アジア諸地域との交流の歴史を
時系列に5つのテーマを設置しているのが特徴です。

古代より日本とアジアとの深い外交の窓口であった「太宰府」の地で、この様な重要な会議が開かれる事、大変喜ばしいことです。

首脳会談には日本・麻生首相、中国から温家宝首相、韓国から季明博大統領が出席。
核開発など北朝鮮をめぐる問題や世界的な金融危機などについて意見交換されます。

国際的にも国内的にも大変な問題が山積している中、この由緒ある場所で重要な会議が開かれる事、
天神様(菅原道真公)の力で何らかの解決の位置口が掴めればと願っております。

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

( 写真はクリックすると大きくなります )

今朝(11/13)太宰府は、雲ひとつ無い青空が広がりいい天気になりました。
昨日(11/12)も空気が澄み切って、綺麗な青空が広がりましたので、午前中に再度都府楼跡を訪れ、
写真を撮ってきました。

正殿跡の横に立って「唐カエデ」の木が色付きはじめていました。
後ろの銀杏の木も黄色に染まりはじめました。銀杏の後ろの山は大野山(四王寺山)です。

『 坂村真民 一日一言 』より 老樹 坂村真民

よくわたしは樹齢何百年といわれる木に会うと、悲しくはないかと聞くのです。

そうすると彼らは必ずこう答えてくれます。

悲しくなんかありませんよ。

一しょうけんめい生きているものには喜びだけがあって、悲しみなんかありませんよ。

わたしの葉を噛んでごらんなさい。生き生きしているでしょう。

朝は朝日を受け、夕べは夕日を受け、こうして立っていますと、自分が老いていることさえ忘れてしまいます。

春夏秋冬いろいろの鳥たちがやってきて、いろいろの話を聞かせてくれます。

肌は老いても心だけは若木と同じです。

開く コメント(10)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

( 添付の「かがやき」は、クリックすると大きくなり、見やすくなります )


今朝(11月8日)は、早朝博多駅清掃の日。今朝の天気予報では、小雨で寒くなりそうとの予報。
朝五時半自宅を出発、長袖のジャンバーを着込み、小雨の中集合場所の博多駅の八仙閣に車で向
いました。

途中、雨の中での掃除にそなえ、コンビ二でレインジャケットを購入しましたが、博多駅早朝清掃の時はジンクスどおり、ぴたりと雨は止みました。今月の「かがやき」にも書かれていますが、これまで、一度も雨で中止になったことが無いのです。正に「天に守られる」。

6時過ぎからの全員でラジオ体操を済ました後、いつもの初参加の人の自己紹介があり、朝礼が始まりました。今月も、小学生が三名参加、大きな声で学年と名前を言い、激励の拍手がありました。

今日8日の清掃は、通産180回目、満15年を迎える記念の掃除の日。
【 お掃除の歌 (早朝清掃第180回記念盤) 】のCDが、みなに配られ、そのCDを聞きながら、
それに沿ってみなで歌い、記念日を祝いました。

因みに、寺田一清氏が作詞されたこの「お掃除の歌の詩」は、すでに、全国の「掃除に学ぶ会」に
配られていますが、曲をつけたのは、「福岡掃除に学ぶ会」が初めてとの事でした。
作曲は、地元の木下次雄さんです。

【 お掃除の歌 】

( 一番 )
箒(ほうき)をとる手のあざやかに 道路(みち)ゆく人とかわす声 朝のしじまに陽(ひ)はのぼる きょう一日の喜びよ
( 二番 )
みどりの広場は待っている 紙屑(かみくず)・空き缶・ごみ拾い 花の吹雪(ふぶき)の風に舞う きょう一日の喜びよ。
( 三番 )
取り組む便器に流す ものみなすべて光りもつ お掃除仲間や校庭(にわ)の樹々(きぎ)
きょう一日の喜びよ

今月の「かがやき」からーー森信三語録よりーー

『 一切の人間関係のうち夫婦ほど、たがいに我慢の必要な間柄はないと云ってよい。 』

帆足先生から、森信三語録の真髄の言葉と言われ、胸に刻みました。

開く コメント(10)

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事