NOR

NORとは、論理回路が行なう基本的な論理演算の一つで、すべての入力が「偽」(あるいは0)の場合だけ出力が「真」(あるいは「1」)となり、それ以外の場合は出力が偽(あるいは0)となるような演算のこと。 この演算を行なう論理回路を「否定論理和演算回路」「NOR演算回路」「NORゲート」などと呼ぶ。実際の論理回路の設計ではANDやORよりもNANDやNORの方が作りやすいため、こちらの方が多用される。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事