わらじの大豪邸の密室芸

わらじの優雅な自己満足的ひっそりと行われている一人しゃべり。

全体表示

[ リスト ]

<プロレスラー>三沢光晴さん死亡 試合中倒れる 広島

13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、心肺停止状態で広島大学病院に救急搬送された。広島県警広島中央署によると、同10時10分に死亡が確認された。同署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。

 大会関係者や観客によると、三沢さんはこの日タッグマッチに出場。相手のバックドロップを受けて頭を強く打ち、動けなくなった。レフェリーが三沢さんに「動けるか」と聞いたが、三沢さんは「動けない」と答えた。試合はそのまま中断。「医師はいませんか」との呼びかけに応じて出てきた観客の男性がAED(自動体外式除細動器)で蘇生を試みたという。当時、約2300人の観客がいた。

 三沢選手は栃木・足利工大付高でレスリング部に所属し、81年に全日本プロレスへ入門。84年にマスクマンのタイガーマスク(2代目)となり、人気を博した。90年からはマスクを脱ぎ、本名でファイト。ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田両選手(ともに故人)に次ぐエースとして活躍した。06年に全日本を退団してプロレスリング・ノアを設立し、社長を兼務。受け身のうまさには定評のあるレスラーだった。

 試合会場では、観客の看護師、竹本麻紀さん(31)=東広島市=は「子どものころからプロレスが好きでよく見に来ていた。まさかこんなことになるなんて。早く元気になって帰ってきてほしい」と涙を流しながら語った。広島市安佐南区の男子大学生(20)は「バックドロップで頭を打って意識不明になった。救急隊が長い間、心臓マッサージをしていた。三沢さんは試合中、頭を振る仕草を見せ、調子が悪そうだった。死なないで」と祈るように話した。【加藤小夜、星大樹】

 ◇男子プロレスで死亡、00年に初の事例

 日本にプロレス興行が根付いた1953年以降、国内での試合中の事故が原因で死亡したのは、97年にJWP女子プロレスのプラム麻里子さん(当時29歳)が最初。相手の技を受け、頭部を強打したものだった。男子では00年に、栃木・足利工大付高レスリング部で三沢さんの後輩となる新日本プロレスの福田雅一さん(当時27歳)が同様に頭部を強く打って死亡したのが、初の事例となった。

〜毎日新聞より〜
---------------------------------------------------------------------------------------------
プロレスラー三沢光晴さん、試合中に倒れ死亡

 13日午後8時45分ごろ、広島市中区基町の県立総合体育館で開かれていた「プロレスリング・ノア」の試合中に、プロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、救急車で病院に運ばれた。広島中央署によると、同日午後10時10分に死亡が確認された。同署はノアの関係者らから試合状況などの事情を聴いている。

 同署などによると、午後8時10分ごろにタッグマッチ形式で試合が始まり、約30分後に相手選手にバックドロップをかけられ頭や首を強打し、リング上でそのまま動かなくなったという。

 ノアの公式サイトによると、倒れた後、すぐにレフェリーが試合を中断し、他の選手らが自動体外式除細動器(AED)の措置や心臓マッサージを試みたという。観客数は約2300人だった。

 三沢さんは、日本を代表するプロレスラーで、大手団体「ノア」の社長。81年に全日本プロレスでデビューし、2代目のタイガーマスクとして人気を博した。全日本プロレスで社長を務めた後、00年にノアを創設した。昨年には英国大会を開催した。

 試合を見ていた広島市中区の会社員男性(32)によると、三沢さんはバックドロップをかけられる前にすでに体がよろめいている状態だった。男性は「(三沢さんは)いつもの体の切れがなく疲れている様子で、大丈夫かなと思って試合を見ていた」と話した。

 三沢さんが搬送された同市南区の広島大学病院では、ノアの西永秀一渉外部長らが会見。「試合中のアクシデントで意識を失い、心肺蘇生措置を施して搬送したが、亡くなった」と説明した。

〜朝日新聞より〜
---------------------------------------------------------------------------------------------
プロレスラーの三沢光晴が死亡 試合中に頭強打

 試合中に倒れて意識不明となったプロレスラーの三沢光晴が13日、搬送先の病院で死亡した。46歳。試合中にバックドロップを受けて頭を強打、意識不明となり、心配停止の状態だったが、13日午後10時10分、死亡が確認された。
 三沢は13日午後8時半すぎ、広島市中区の広島県立総合体育館で試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

 広島県警は試合関係者らから事情を聴き、当時の状況を調べている。

 県警や主催したプロレス団体「ノア」によると、三沢は同8時10分ごろ、メーンイベントのタッグマッチに出場。約25分後、背後から抱え上げ、後ろに倒れ込むバックドロップをかけられ、リングに倒れた。

 試合はレフェリーストップで相手方が勝った。

 目の前で観戦していた市内の会社員の男性(32)によると、倒れてから救急車で運ばれるまで10分以上、仲間のレスラーや救急隊員が心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)を使い蘇生(そせい)措置を施したが、三沢は全く動かなかった。

 この間、リングサイドのファンから「ミサワ、ミサワ」とコールが上がり、搬送後も約2300人の観客で埋まった会場は騒然とした状態が続いたという。

 男性は「僕らにとって中学時代からの永遠のスター。間違いなく日本ナンバーワンレスラーで、超ショックです」とうなだれた。

 三沢は埼玉県越谷市出身。1981年にデビューし、2代目タイガーマスクとして活躍。90年代に全日本プロレスの中心選手となり、その後、ノアを立ち上げた。

〜サンケイスポーツより〜
---------------------------------------------------------------------------------------------
三沢光晴が死亡、試合中に倒れる=ノア

 プロレスリング・ノアの「Southern Navig.’09」が13日、広島グリーンアリーナで開催され、メーンイベントに出場した三沢光晴(46)が試合中に倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 各報道によると、三沢は対戦相手の齋藤彰俊のバックドロップを浴びた際、頭から落ちて動けなくなったという。その後、リング上でAED(自動体外式除細動器)によって蘇生措置が施され、広島大学病院に救急搬送されたが、同10時10分に死亡が確認された。

■プロレスリング・ノア「Southern Navig.’09」
6月13日(土) 広島グリーンアリーナ

<第8試合 GHCタッグ選手権>
[王者組]バイソン・スミス、○齋藤彰俊
(27分03秒 レフェリーストップ)
[挑戦者組]●三沢光晴、潮崎 豪
※バイソン&齋藤組が3度目の防衛に成功

<第7試合 6人タッグマッチ>
秋山 準、小橋建太、○谷口周平
(17分47秒 原爆固め)  
佐々木健介、森嶋 猛、●宮原健斗

<第6試合 シングルマッチ>
○高山善廣
(10分28秒 エベレストジャーマンスープレックスホールド)
●クリス・ヒーロー 

<第5試合 タッグマッチ>
力皇 猛、モハメド ヨネ
(13分23秒 キン肉バスター→片エビ固め)
田上 明、相島勇人 

<第4試合 タッグマッチ>
KENTA、●伊藤旭彦
(13秒09秒 ブルーディスティニー→片エビ固め)
○鈴木鼓太郎、平柳玄藩 

<第3試合 6人タッグマッチ>
○杉浦 貴、小川良成、石森太ニ
(16分36秒 足首固め)
佐野巧真、リッキー・マルビン、●井上雅央

<第2試合 シングルマッチ> 
○中嶋勝彦
(11分36秒 高角度原爆固め)    
●ボビー・フィッシュ 

<第1試合 シングルマッチ>
○金丸義信
(6分26秒 後方回転エビ固め)
●青柳政司(誠心会館)

[ スポーツナビ 2009年6月14日 2:01 ]
---------------------------------------------------------------------------------------------


………。ご冥福をお祈りいたします。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事