わらじの大豪邸の密室芸

わらじの優雅な自己満足的ひっそりと行われている一人しゃべり。

全体表示

[ リスト ]

「親分」亡くなる…。

元日本ハム監督の大沢啓二氏が死去
 
 プロ野球日本ハムなどで監督を務めた大沢啓二(おおさわ・けいじ、本名昭=あきら)氏が7日午前7時25分、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した。78歳。神奈川県出身。神奈川県出身。葬儀・告別式は14日正午から東京都港区芝公園4の7の35、増上寺光摂殿で。葬儀委員長は黒江透修・日本プロ野球OBクラブ理事長。喪主は長男康人(やすと)氏。
 神奈川商工高―立大から1956年に南海(現ソフトバンク)に入団。59年には故杉浦忠投手や野村克也捕手らとともに外野手として日本一に輝いた。東京(現ロッテ)に移籍した65年に現役引退。東京でコーチ、2軍監督を経て71年途中に監督に就任した。
 76年からは日本ハムの指揮を執り、江夏豊投手らをトレードで獲得するなどチーム改革に取り組み、81年にはリーグ優勝を果たした。面倒見がよく“親分”の愛称で選手から慕われた。
 84年にフロント入りしたが、シーズン途中で監督に復帰。85年からフロントに戻り、球団常務を務めた後、93年から2年間指揮を執った。日本プロ野球OBクラブの理事長もこなしたほか、日曜日朝のテレビ番組では「ご意見番」としてプレーぶりなどに“喝”を入れ、人気を集めた。最近は体調を崩し、9月19日が最後の出演だった。司会の関口宏さんが、今季の優勝争いについて「中日とソフトバンクが有利と言っていた通りになったことに『あっぱれ』をいただきたい」とのコメントを代読していた。タレントの大沢あかねさんは孫。
 プロ10年間の通算成績は988試合に出場し、打率2割4分1厘、17本塁打、191打点。監督としては725勝723敗99分けだった。
 
 ソフトバンク・王貞治会長「日本シリーズで対戦したとき、守備位置を頻繁に変える魔術師のような選手といった第一印象でした。常に野球界の先頭に立ち続けた、現在のプロ野球界の礎をつくったうちのお一人でした。心よりお悔やみ申し上げます」
 江夏豊氏(日本ハムが1981年にリーグ優勝した時のメンバー)「父親代わり、父親以上の存在だった。思い出は星の数ほどある。走馬灯のように頭の中を駆け巡っている。昨年末から体調が気掛かりだった。心からご冥福をお祈りします」
 トレイ・ヒルマン前日本ハム監督「2005年、チームが思うような成績をあげられなかった時、真っ先に声を掛けてくれた。『あきらめるな。必ず道は開けるぞ』と、力強く手を握って下さった時のぬくもりは忘れることができない」
 巨人・原辰徳監督「非常に驚いている。野球が好きで球界のことをいろいろ考えておられた。年齢は違うがいろいろアドバイスをいただいた。影響を受けた先輩の一人。ご冥福をお祈りします」
 岡本伊三美氏(元近鉄監督。南海時代の同僚)「朝のテレビ番組を休んでいたので、電話をした。風邪で入院したということだった。大したことはないと思っていたのだが…。南海時代、巨人との日本シリーズで、いい守りを見せた。ヒット性の打球を思い切った守備位置で捕ったのは、彼の勘の良さだろう。酒をよく飲んだし、豪快な性格だった。思い出はたくさんある」
 ソフトバンク・秋山幸二監督「交流戦の(ヤクルトとの試合の)時に神宮に来られていた。元気だったのに、本当に残念。ご意見番だったのにね。「喝」って言うのを聞けなくなってしまうのはさみしい」
 日本ハム・梨田昌孝監督「大沢“親分”と呼ばれるだけあって、非常に面倒見が良く、他球団出身の私が日本ハムの監督に就任した際にも大変温かく迎えてくれた。まだまだ野球界を引っ張っていただきたかったのに残念でならない」
 日本ハム・ダルビッシュ有投手「球場などでお会いした際には温かく、優しい言葉ばかり掛けていただいた。いつも気に掛けていただき、励みになった。野球界にとって、あまりに大きな損失だと思う」
 日本ハム・稲葉篤紀主将「日本ハムに入団したころはなかなか名前を覚えてもらえなかったが、2006年に日本一になったころからは球場で会えば気軽に声を掛けていただき、ようやくファイターズの選手になれたと実感した」
 日本ハム・田中賢介選手会長「かけがえのない大きな存在だった。最近はテレビでご活躍を拝見することが多かったが、チーム状態が良いときも悪いときも、ファイターズを愛してくださっているのが画面を通して伝わってきた」
 阪神・片岡篤史打撃コーチ「プロ(日本ハム)に入るときに取っていただいた方。プロ入り前に自宅に来ていただいて、両親と一緒に話したことが一番の思い出。怖い中にも愛情があった。大沢さんの気持ちを受け継いでいきたい」
 日本ハム・大社啓二オーナー「訃報を聞き大きな支えを失った。(北海道移転前の)日本ハム時代の唯一の優勝監督であり、球団の取締役も長く務めていただいた。あらゆる場面で叱咤激励していただき、幾度となく気持ちの引き締まる思いだった」
 漫画家・水島新司さん「突然の訃報に驚くばかりです。(パ・リーグを舞台にした)『あぶさん』を連載した38年前からパ・リーグを盛り上げるために、本当に今も変わらぬ協力をしていただいてきた闘将大沢親分、信じられません。ご冥福をお祈りいたします」
 
〜スポーツ報知〜
 
…ファイターズファン歴20年の自分としても思い出は多い…。審判を毒づき退場になるのも絵になったし…首位になれば記者会見で「ふんどし締め直すもふんどしねぇから靴の紐でも締め直しとくよ。」とか最下位の年には本拠地最終戦のあいさつで土下座をしてあやまったこともあった…。とにかくこの人を見てファイターズのファンになったと言ってもいい…。ここ数年は某朝の番組での「喝!」や「あっぱれ!」というのでも有名だったね。とにかく味のある人だったと思う。
 
ご冥福をお祈りいたします。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事