いつだってうさぎ日和!

うさぎの“できる”の可能性、広げていきたい!!
イメージ 1
今日の小雪ちゃん
強制給餌とネブライジングと服薬

小雪ちゃん、頑張っています。


↑ここをポチっとしていただけるとうれしいです!
  日本ブログ村ランキングに参加しています。
  クリックして頂けると嬉しいです。
   いつも応援をありがとうございます!

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

昨夜の小雪の急な状態の悪化でご心配をお掛けして申し訳ありません。
イメージ 4
到着した酸素濃縮機をセロファンで包んだケージにチューブでつなぎ、
スイッチを入れて小雪ちゃんのお迎えに行きました。

急患で入った動物病院で小雪ちゃんは酸素室&点滴&注射の処置をしていただいていました。

昨晩は獣医さんも「預かっても明日まで保たないかもしれません。状態がメチャクチャ悪いです。」

が、小雪ちゃん、頑張ってくれました。
酸素室に入れて頂いたおかげで眼振も治まっていました。

急いで帰宅しセットしておいた酸素ケージに小雪ちゃんを入れました。
両耳の奥に膿が溜まっているので、平衡感覚がとれず真っ直ぐ歩けなかったり、すぐに転んでしまうので
トイレと厚みのあるお花のマットは撤去しました。
イメージ 3
しばらくケージの中を確認した後、水を飲み始めました!!
イメージ 2
そして、ペレット牧草を食べ始めました!!
イメージ 1
小雪ちゃんが自分から水を飲んだり、フードを食べているのを見るのは何日ぶりしょうか!

小雪ちゃんはひとまず危機を脱しました!!

皆さま、応援ありがとうございました!!


↑ここをポチっとしていただけるとうれしいです!
  日本ブログ村ランキングに参加しています。
  クリックして頂けると嬉しいです。
   いつも応援をありがとうございます!

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)


小雪ちゃん、CT検査に行ってきました。
かかりつけの病院は今日月曜日は午後は休診。
昨日、いろいろな処置や検査をしたばかりなのでせめても、と
午前の診療の遅い時間で予約をお願いしました。
昨日のレントゲンでCT画像を見なくても外科的治療はリスクが高いことが判りましたが、

「CT検査の結果で治療方針や薬などが変わる可能性がある。
症状が今より重症化するとCT検査は難しくなる。」
との主治医の言葉で今日は主治医がいらっしゃらない日ですがCT検査をお願いしました。
結果は後日、主治医から説明をして頂くことになっています。
イメージ 1
1時間ほどして小雪ちゃん戻ってきました。
CTは頭部と胸部の2カ所。
その後、点滴をして、酸素を吸わせて頂いて落ち着いたところです。

イメージ 2
家に戻るとももちゃんがすぐに小雪ちゃんに駆け寄ってきました。
イメージ 3
心配そう。
イメージ 4
こゆたん、だいじょうぶ?
イメージ 5
がんばって。
と、ここまで書き・・・

強制給餌とネブライジングし始めたところで小雪ちゃんの呼吸がとても苦しそうになりました。

ふうちゃんの時もそうでしたが食べると呼吸が苦しくなるんですよね。
でも、何も食べていないから、少しでも食べさせたい・・・
でも、食べると呼吸が苦しくなる・・・

一旦はフードに顔を近づけるんです。
でも、止めてしまう。

食べたいけど、食べると苦しくなると学習してしまっているのですね。

明日になれば酸素室を家に設置できるのですが、
それまでこの状態の小雪ちゃんが耐えられるか不安でたまらなくなり・・・

遅い時間でしたが昨年秋にも診て頂いたことがある近くの獣医さんに連絡をし
取りあえず今晩、酸素室に入れていただくために23時過ぎに入院させていただきました。

明日になれば家に酸素濃縮機が届きます。

小雪ちゃん、頑張って!

↑ここをポチっとしていただけるとうれしいです!
  日本ブログ村ランキングに参加しています。
  クリックして頂けると嬉しいです。
   いつも応援をありがとうございます!

開く コメント(5)[NEW]

開く トラックバック(0)

ここのところ毎週、通院している小雪ちゃん

昨日くらいから口呼吸をするようになっってしまいました。
今日、急遽主治医のもとへ。
問診と診察。
聴診器での診察では鼻に問題があるが肺などは異常がなさそうとのこと。

正確な診断のために血液検査とレントゲン撮影をしました。
イメージ 1
白血球の数値が高いです。
体の中に炎症が起きているためですね。
他には脱水症状。
これは食欲がないため。
レントゲンでは異常がないように思えた肺に白いモヤモヤがあり
2ヶ月前に較べ心臓も大きくなっていました。

呼吸が少し楽になるかもと鼻の中を吸引して頂きました。
イメージ 2
片側だけでこんなに白いものが出てきたそうです。
鼻は出血しやすいので途中で止めたそうです。
イメージ 3
血液検査、レントゲン、鼻吸引、耳の中の掃除や消毒、点滴などが終わった小雪ちゃん
オハナから血液の混じった鼻水が出ていました。
イメージ 4
ティッシュでフキフキ。
キレイになったかな?
小雪ちゃん、お疲れ様。
でも、明日もCT撮影のために通院の予定(°°;)
今日、いろいろな処置をしたので小雪ちゃんの様子によってはキャンセルしてもかまわないとのことです。

↑ここをポチっとしていただけるとうれしいです!
  日本ブログ村ランキングに参加しています。
  クリックして頂けると嬉しいです。
   いつも応援をありがとうございます!

ランキングに参加しています

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

ネブライジング

上顎の膿瘍のためにクシャミとおハナがグシュグシュする小雪ちゃん
イメージ 1
10〜20分のネブライジングを毎日3〜4回しています。
イメージ 2
ネブライザーは病院で買うとお高い!ので、獣医さんもオススメの(笑)通販で安いのをゲット!
ニンゲン用の携帯用ネブライザー ¥3000位
イメージ 3
原因となる膿瘍があるのでクシャミや鼻水はなくなることはありませんが
ネブライジングをすると症状が軽減します。
出勤前の慌ただしい時間や深夜のネブライジングも小雪ちゃんとの二人三脚で頑張るぞ〜!

↑ここをポチっとしていただけるとうれしいです!
  日本ブログ村ランキングに参加しています。
  クリックして頂けると嬉しいです。
   いつも応援をありがとうございます!

ランキングに参加しています

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事