神社とお寺の参拝日記

参拝致しました神社とお寺、その周辺について書いてまいります。

全体表示

[ リスト ]

座間散歩 1 三峰神社

小田急座間駅の東口を降り、線路と並行する道を東京方面に戻ります。
ここを道なりに5分ほど歩くと県立座間谷戸山公園、自然観察会なども行われている
静かな良い公園ですが、その途中、踏切のところから坂と幟が見えました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
このようなところに坂があるなんて、これまで全く気が付きませんでした。
三峰神社の幟があったから気が付いたのでしょうけど、こんなに注意力散慢で、私は
大丈夫なのだろうか? せっかく気が付いたのですから、参拝していくことにしました。
 
イメージ 3
 
三峰神社の参道ですが、「 三峰坂 」 という名前が付けられています。
 

 
境内に向かって右手。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
「 金龍大善神 」 「 星野氏 」 と彫られています。
金龍大善神や白龍大善神は龍神の御名前、「 大善神 」 というのは 「 神 」 の尊称だと
思います。 お寺の境内でみかけますので、仏教の神なのだろうと思います。
ここは三峰神社の参道ですから、神仏習合の名残のようなものでしょうか?
 
御祭神 伊弉諾尊
      伊弉弥尊
 
埼玉県秩父地方に、雲取・白石・妙法の三つの峰を神体山とした三峯神社があります。
この星の谷の三峯神社はそこの末社ではないかといわれております。
秩父の三峯神社は、三つの山が御神体で、神話によるとこの山を生んだ神様は
伊弉諾尊・伊弉弥尊であるので、御祭神はこの二柱の神であると伝えられ、
火難・盗難避けの神様とされています。
 
星の谷の三峯神社は、明治の頃には鈴鹿明神社に寄せ宮 ( 幾つかの社を合祀した社 )
として祀ってありました。
昭和三年、星の谷大門に大火事があったとき、観音様の山門にあった仁王尊をはじめ
近くの民家が10軒も焼けました。そこで三峯神社を現在の地に遷しました。
 
                                         ( 境内説明文 抜粋 )
 
谷戸山公園        |
        三峰神社|
===================座間駅=====
              |
        星谷観音|
              |
=======================
              |
       鈴鹿明神社|
 
境内の説明文では、「 三峰神社は鈴鹿明神社の境内社 ( 寄せ宮 ) であった 」 と
書かれてありますが、座間市について詳しく書かれてある 「 まめこぞうの旅 」 という
HPを見てみますと、その以前のことが書かれてありました。
 
 
「 元々はこの山に鎮座されていたが、明治四十三年に鈴鹿明神社の境内社 ( 寄せ宮 )
  となった。 昭和三年の星の谷大火によって民家や星谷観音の仁王門も焼け、
  火ぶせの神である三峰様を動かしたからだということで、翌年、元の場所に戻された。」
 
境内からの眺め。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
参道を降りていくと、メジロがたくさん飛んだり木に留ったりしていました。
メジロは旧暦の新春を迎えた頃、まさにメジロ押しに梅の木に留っているところを
見かけます。 それで、「 新春の鳥 」 というイメージを持っていました。
参拝した日は12月23日。 年の瀬にも見かけるものなのですね。
 
この写真にも2〜3羽のメジロが留っているはずなのですが、見つけることができません。
 
イメージ 8
 
続く。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事