ここから本文です

新作変身

イメージ 1

熊本は晴れです。さっき庭に出て空を見上げたら、青い空と白い雲の間にお月さんを見つけました。真上辺り、四分の一くらい隠れていましたが、久し振りに気がついてしばらく眺めていました。空にはお月さんが必ずあったのでした。…当たり前のことに妙に感心しました。

腰痛が出て動きにくくなっています。最近は年を取り体力が衰えたことに加えて、髪もめっきり白髪が多くなりました。別に染めようとも思っていません。染めても私は顔の肌が汚いので絶対に若くは見られないのです。若く見られるのはコメディ動画でバカなことをやっている時くらいでしょうか。友達の外人さんは時々「あんたはクレージーだろ」と本気で思っているみたいです。

こんなアップの写真は大抵、目立つシミやホクロは消しています。でも、写真撮影で肌がツルツルの「いかにも修正してある」と分かるような反則技までは使いません。よく、テレビの化粧品の宣伝でお婆さんのツルツル顔を見て「若い!」と驚くのはわざとらしくて嫌いです。…修正してるに決まってるでしょうに。

この記事に

未確認マンガ集団

イメージ 1


今日の熊本は雨の降り出しそうな曇りです。ここ2日ばかり夜に蒸し暑くて寝苦しいです。クーラーを回してはいますが、冷え過ぎ予防のタイマーの合わせ方が微妙で、朝に起きると汗だくになっています。疲れます。

私は大阪芸大時代の仲間と未確認マンガ集団を作って、主に文芸作品紹介のブログを続けていたのですが、3年前に終了。編集者として気配り不足などが原因でした。しかし最近「自分だけのことをやっていても仕方がない?」と気を取り直して、また再出発することにしました。

更新作品は相変わらず「私1人」になりますが「始めればメンバーが、誰かが気づくかもしれない?」と期待をせずに淡々とやって行きたいです。当面は「1週間に1回程度の更新くらいは…」と決めて書いて行きたいです。

この記事に

新作変身

イメージ 1

イメージ 2

熊本は曇りです。昨晩は蒸し暑くて寝苦しかったです。

これも60年前の写真です。古くなった下の写真を上に修正処理しました。撮影の場所、藁が積んである場所は我が家の近く、母の実家の庭の小さな畑でした。後ろが少し高台の竹藪になっていて石のほこらがありました。現在も残っています。その斜面に穴、くぼ地があって、子供の頃に秘密の隠れ家にして親戚の子供たちと遊んでいました。当時の母の実家には同世代の3人の女の子がいたのです。穴の中にミカン箱を持ち込んで棚を作り、お菓子とか食べていたと思います。私は大体、子供の頃は女の子と遊ぶことが多かったです。

近況の進展はほとんどありません。日々、高齢の母と直腸がん闘病中の妻の心配で暮れています。心配疲れで暗くならないように、芸術をして明るい気持ちに切り替えています。ただ、毎晩の幻聴は相変わらずで精神的に苦しいです。

この記事に

新作変身

イメージ 1

イメージ 2

熊本は晴れです。日は明るいですが薄い雲があります。先ほど我が家の庭の植木の剪定をして来ました。母が朝から植木を切っていたので手伝ったのです。庭いじりは母の楽しみ。手伝い過ぎない程度に済ませています。

60年前の昭和33年。私が3歳の時の写真です。元の写真は下のように年月が過ぎて痛んで黄ばんでいますので、PhotoshopCSで修正処理しました。場所は生まれた家付近だと思います。父母は23歳と22歳の時に結婚して、1人暮らしのお婆さんの平屋の一室を間借りして住んでいました。その家に5歳まで住みました。父は大手の化学会社で働いていましたが生活は貧しかったです。とにかく、部屋の中に布団以外の家財道具はなかったです。食事と風呂は大抵近くの父の実家でもらっていました。

この写真を撮ったカメラも借り物の筈です。父が自分のカメラを買ったのはもっと後だからです。ただ、子供の私にとって貧乏はさほど気にはなっていないようでした。こんなに明るい笑顔でした。勿論、父母が大切にしてくれたお蔭だとは思います。家財道具はなくてもオモチャは沢山買ってくれました。この1年後に弟も同じくその家で生まれました。産婆さんが取り上げてくれました。

この記事に

新作変身

イメージ 1

熊本は雨です。今、BSテレビで京都の旅行番組を観ているのですが、電波の具合が悪くてチラチラして今にも途切れそうです。先々には高画質の4Kや8Kハイビジョン放送とか、しかし「曇りや雨の日は映らないテレビ」とは?…ああ、途切れて真っ黒の画面になり文字が現れました。「…現在放送されていません」ではなくて「雨が降っているので観れません」が本当でしょうに。何んでこんな嘘がまかり通るのやら?

今朝、写真を撮り新作変身を作りました。お侍シリーズですね。衣装は作務衣の上着と剣道着のハカマです。ハンテンは母の婦人用です。頭はいつもの手法です。ツールで削って修正しました。今回はちょんまげがどうも描けなくて、頭の後ろで結んだ髪型にしました。背景は銀閣寺の庭園です。3月の夫婦京都旅行から使いました。

お侍シリーズは、わりと海外の友達が毎回興味を持ってくれています。私自身はそんなに凝っているつもりはありません。ただ、お侍という武道姿は年齢に関係なくやれそうなので気長に感じています。ヨレヨレのお爺さんになって、髪の毛が全部抜けても、背筋を伸ばして怒った顔をすれば出来そうな変身です。

この記事に

新作絵画

イメージ 1

熊本は晴れです。今日は家族が揃っていたので、私以外は買物に行き、夕ご飯は久し振りに焼肉でした。でも、年を取って歯と歯の隙間が広がっているので、柔らかい肉は歯に詰まって食べにくかったです。…変な事情でした。

新作のガールズシリーズです。キャラに自分を描いてみました。還暦過ぎのお爺さんには見えませんが、作品との一体感ですかねぇ? やっぱり、芸術家は自分なりの世界を作ることだと思いますけど。非常識やバカだと言われても、やってやるサービス精神と忍耐と努力でしょうか。何より腕前の上達!!

この記事に

新作絵画

イメージ 1

熊本の今日は雨です。午前中、かかりの内科へ行って来ました。処方せんの薬を出してもらいました。ただ、1人だと名前を呼ばれても聞き取れないことが大抵で、薬の受け渡しや会計の際は、女子事務員さんが座っている場所まで持って来てくれるので恐縮しています。…そういう話を家族に再三するのですが「一緒について行ってあげようか?」という展開にはなりません。…分かりません。

病院は昼前に終わったので、帰りにコンビニに寄って私と母の弁当を買って帰りました。今日は妻と次女は仕事は休みで、長女と3人で熊本市内へ買物に出かけていたのです。それで母と2人で弁当を食べたのでした。…逆に私と2人の時に母が近くのコンビニまで歩いて弁当を買いに行くこともあります。85歳の母が散歩がてらに歩いて行くのです。…こういう老いた母親と息子の光景って長男だけなのでしょうかね?…これも分かりません。

新作のガールズイラスト。2頭身半シリーズです。2頭身半としたのは、外国の人達は「子供向き、大人向き」といった目線がはっきりとしているようで、例えば私が得意とする2頭身の女の子の場合は「幼児向き」として、さほど興味を示してくれないようなのです。そこで2頭身半にしてみたのでした。色々考えて描いている訳です。

この記事に

新作絵画

イメージ 1

熊本からです。…と申しますか、私の住んでいる地域は熊本県と福岡県との県境で、熊本市内へは滅多に行きません。1年に1回、大学病院へ人工内耳の定期検査へ行くくらいです。前は時々、家族が熊本市内の整形外科や泌尿科医院へ通院していたので送迎をしていたのですが、近頃、地域の病院へ変わったので行かなくなりました。

ガールズキャラクターを描いています。今回は「2頭身半ほど」と決めて考えています。自分で描いたキャラのことは、なかなか分からないのですが。「…あんたのキャラは簡単なので、子供たちが真似して描けるよ」と教えてくれた漫画同人の友達がいました。その友達は亡くなりましたが、遺言としてこのアドバイスを大切にしたいです。ありがとうございました。その教え通りにやって行きます。合掌。

この記事に

猫ポスト

イメージ 1

今日の熊本は日差しの強い晴れです。部屋の温度は22℃。連休とはいえ我が家は変わりありません。介護職の妻も次女も仕事の日程が入っています。

昨日、2階の窓のカーテンを閉めようとしたら、庭のポストの上に猫がいるのに気づきました。それで急いで望遠で撮っていると、猫は分かっているのか、見えるのか、ずっとこちらを見上げていました。そして、1階へ下りて玄関の奥から撮影し始めると、これまた気づいている様子でジッとしていました。

…まぁ、片足を立てて、ふてぶてしいポーズの野良猫です。我が家の周囲には野良猫が数匹いて、庭で時々こんな風に日向ぼっこをしているのを見つけます。また、植木の土を掘り返したり、苗木を折ったり、糞尿をしたりと悪さをするので、ご近所では嫌われているようです。庭に猫よけの網を張っている家があります。

…私自身はそんなに猫は嫌いではないのですが、母は大嫌いで見つけると縁側の板を踏み叩いて大きな音を出して追っ払っています。どちらにしろ、どこかの家が飼っているみたいなので、自宅内で飼うのは良しとして、野放しは近所迷惑です。

この記事に

雑記

イメージ 1

熊本は薄曇りです。温度が下がって少し肌寒いくらいです。

前回とその前の記事の新作動画「私の顔シリーズ」で使ったビデオカメラです。先日、通販で1920×1080のfullHDということで興味がわき6,200円で購入しました。使ってみた感想とすれば、ビデオ機能とカメラ機能で撮影した画質は全体が白っぽくて荒くて雑。実際の色彩とはかなり異なっています。HDというか大昔のインスタントカメラくらいの画質です。16倍のズームスイッチはカクカクと引っかかって使えません。音声の録音は離れると小さくて困難でした。届いた梱包の状態は普通に丁寧で見た感じは良でした。

私は室内で撮影して作る演奏動画に使えないかと思ったのですが、薄暗い場所、室内では難しい感じ。単純に10,000円と30,000円のコンパクトカメラの性能の違いのようです。6,200円という価格相応、その通りのビデオカメラでした。何ら期待はしない方が正解でした。

でも、演奏動画は私の顔を撮るので、出来るだけ顔の皮膚の汚さが目立たない方がいいのです。顔のアップをメインにしている「私の顔シリーズ」では高画質だと困るのです。…そんな変な事情から、今回のビデオカメラを専用に使うことにしました。また、撮影画面がこちら向きになりますので三脚に乗せて自撮り出来るのです。

…まとめとすれば、カメラやビデオカメラやテレビなどの映像製品は高精細が主流になっていますけれど、きれいに映るのとは反対に、汚れもしっかりと映りますので、選択はその製品の使用目的次第だと思われました。何でもきれいならばいいことはないのでしょう。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事