ここから本文です

新作変身

イメージ 1

今日の熊本はここところ小雨続きで、今朝も曇って外は薄暗かったのですけれど、次第に空が明るくなり晴れました。気温は下がっています。肌寒いくらいです。

連続のお侍シリーズ3作を額装してみました。100円均一の額縁です。小物の手裏剣は京都土産。東映太秦映画村の売店で買いました。ゴム製で刺さりません。小刀は奈良の東大寺参道の売店で買いました。

我が家の月末は次女の結婚式を控えていて「…もうすぐ次女は出て行くのか」と考えると複座な気持になっています。ただ、私は人の生き方って様々な希望はあっても「…結婚して子供を産み育てることだけで充分」という認識があり、そんな感覚なので「2人娘の内の1人が手から離れるのだから、自分の使命は半分終了」と安堵しています。

同時に自分の寿命は「残りの半分」に思えて納得しているつもりです。勿論、結婚は失敗もありますから、親の心配が完全に終わった訳ではありません。一応、次女の結婚が1つの通過点。節目であることには違いないからです。とにかく良かったです。

この記事に

新作変身

イメージ 1

熊本は晴れです。昼寝をしていたら毎度の幻聴が聞こえて来ます。女の子の声で私の名前を呼び「私はあなた家の隣の隣の家のネコです…だけど野良ネコです」と話しかけて来ます。もう本当にはっきりとした嘘偽りのない人の声で、いい加減に頭がどうにかなりそうです。「…これは夢に違いない!」と持ち直すことが無理みたい。

…そういう状態でやっているつもりはありませんが、新作変身のお侍シリーズです。こういうことを続けていると、やっぱり頭の中は主人公になりきっていますよね。…思い出してみれば、私は大昔。子供の頃に月光仮面が大好きで、風呂敷をマントの代わりにして巻いて遊んでいたらしいです。写真か残っています。

63歳になっても、その頃の習性、変身願望がいまだに継続している感じ。何より本人が楽しんでやっているので、大いに結構なことなのでしょう。背景は長崎県の雲仙岳です。何年か前に家族旅行しました。

この記事に

新作変身

イメージ 1

今日の熊本は晴れです。部屋の温度計は午後3時で25℃です。やや暖かいです。

前回の扮装の別角度で撮っていた写真を使いました。髪の毛に手を加えてちょんまげをつけました。あれこれやってみましたが、どうも上手く行かず、ツールの一筆書きで「クルリ」と書いたならば動きが出て、それらしくなったので良しとしました。海風にちょんまげの先が吹かれているような場面。片岡千恵蔵さんの映画「血槍富士」の大立ち回りの時みたいでもあります。乱れちょんまげ。海は我が家のそばの有明海です。

…昨日は妻の友人から通夜の連絡が入り、お父様が亡くなられたそうで、夕方に仕事から帰った妻は夕食も食べずに喪服に着替えて出かけました。…夫の私とすれば妻は直腸がんの治療中ですし、無理をさせたくないのが本心です。仕事から帰れば、やはり、ゆっくりさせてあげたい。

でも妻は、こうやって何かと連絡が入れば、自分のことは忘れて、すぐに出かけてしまいます。妻の身内や友人はこういう気を使ってくれないのです。例えば、お通夜の席で妻は友人たちに明るく振舞っているとは思いますが、帰って夜に横で寝ていると、疲れて苦しそうな表情をしているのです。…人は上辺だけで判断する傾向ですが、もう少し「その人がどんな状況なのか?」を察するべきだと思いますけどね。重病の治療中ならば急な連絡は控えるような思いやり。…この辺が周りは全く分かっていない。それで私はハラハラし通しです。とにかく毎日「大丈夫か?」と聞いてみるのが挨拶。

この記事に

新作変身

イメージ 1

熊本は晴れです。部屋の温度計は19℃です。

今回の変身はお侍シリーズです。居合道着・袴と居合刀は京都土産。腰の小刀は奈良の東大寺土産。編み笠は長崎島原城土産。草履は?…忘れました。3つ持っています。陣羽織は家族にリサイクル店の着物の袖を切って作ってもらいました。

背景の松と芝は合成です。今年3月の伊勢神宮内宮旅行の際の画像を使いました。手に刀を持った姿の場合、反射する刀身の処理などが難しくて、今回のように暗い色の袴の前に納めると見栄えするみたいです。そういう知恵を絞りながらポーズを決めています。「かっこいい!」と思われそうな写真。

…やり始めた居合道は相変わらず進んでいません。原因は練習する場所が見当たらないからです。家の中では危ないですし、家の外では不安。やはり、庭で大刀を振り回していたら変な目で見られるのでしょう。…普段、そんな人をご近所で見かけませんからね。広い道場や体育館が無難ではありますが、耳も不自由ですし、当面は家の中で遠慮して練習するしかないです。狭い場所なりの剣法があるのやら?

この記事に

新作変身

イメージ 1

熊本は晴れです。少し冷えていて居間はホットカーペットを使っています。外出しようとタンスを開けたら全部冬物だらけ。それほど寒くはないので、家族がタンスの上に仕舞い込んだ収納ケースの中から薄手のカッターシャツを出して着ました。季節変り時期の、いつもの我が家のパターンです。1、2枚くらい残してほしいです。

今月は私の誕生月でFBで外国の友達からお祝いのコメントをもらいました。その礼状を作りました。ネットは大抵がパソコン文字で手書きの文字は珍しいですね。これが私の自筆です。添付の画像をぬいぐるみの熊さんと撮影しようとしていたら、家族が和ダンスの整理をしている最中で、出していた私が赤ちゃんの時の着物があったので熊さんに着せてもらいました。…もう60年以上の前の初参りの着物だと思いますが、青い色がいまだに鮮やかなので驚いてしまいました。この着物は全く忘れていました。

変身はテッシュペーパーシリーズです。頭にテープで貼り付けて髭も貼りました。

この記事に

新作絵画

イメージ 1

熊本の今朝は深い霧が出ていました。

A3サイズで刷っているPC絵や写真を仏間に一部並べてみました。これまで制作した総数は? …分かりません。第1回の個展の時が広いホールに300点ほどの展示でしたし、それから10年近くになるので、たぶん500点は超えているのかなぁ?

展示出来る主な作品は、キャラクター類、風景画、白黒画、美人画、3D、マンガ、植物アート写真、自分のコメディ写真…等。テーマやジャンルが1つに決まっていた方が作家的に分かりやすいのでしょうが「風景画であれば、それ1本」みたいに。しかし「何でもあり」が笛吹ピエロのスタイル。他に小説を書いたり演奏動画やアニメなどを作っています。何より楽しくやりたいです。加えて清潔さでしょうかね。…子供たちに素直に与えられるような作品が基本です。

相変わらず体調が優れなくて、その日暮らしのようなサイクルです。

この記事に

イメージ 1

熊本はいい空模様です。部屋の温度計は23℃です。

先日、我が家に福岡に住む弟夫婦が、関東で結婚して暮らしている長男夫婦の初孫を連れて来ました。生後10カ月の女の子の赤ちゃんでした。とても可愛らしくて丸々と太った元気で大きな赤ちゃんでした。…眺めていて「顔は誰に似たの?」という話になった時に、名前は出なかったのですが。

後でふと、私と弟の子供の頃のアルバムを開いてみたら、昭和37年に写した写真。右側の弟の顔の輪郭が赤ちゃんにそっくりだったので納得したのでした。左の学生服が私で6歳の名古屋市立白水小学校1年生。4つ違いの右の弟は3歳に近い2歳だったようです。弟が赤ちゃんの時は丸々と太っていたのです。

そんな遺伝子を感じながら、56年前のことを思い出していました。撮影場所は名古屋市南区松下町の三井化学の社宅敷地でした。この社宅には多くの社員の家族。友達が住んでいて時々、広場で夏祭りや映画上映会などがあって活気がありました。現在は取り壊されてマンションになっています。

この記事に

結婚祝い

イメージ 1

今日の熊本は晴れです。部屋の中は蒸し暑いです。

次女が来月に結婚することになったので、お祝いと結婚式の費用の一部としてお金をあげました。…話は全然違うのですが、私は昔から三船敏郎さん主演で稲垣浩監督の映画「無法松の一生」が大好きで、三船さん演じる人力車夫、富島松五郎の生き方に何かしら共感を持っていたのでした。小倉太鼓の九州男児。男っぽい生き方でした。

物語の内容まで説明出来ませんけれど、映画の最後に、松五郎が没後に惚れていた後家さんと少年のために、コツコツと貯金していたことが知らされたのでした。通帳が見つかったのでした。…そういう荒々しい気性の中の細やかな優しさでしょうか。…妙に感動したのでした。この映画「無法松の一生」は1958年にヴェネチア映画祭でグランプリを受賞しています。

そんなことで、私は松五郎を真似て、娘たちの結婚費用として郵便貯金をしていたのでした。「何年で? いくらくらい?」まで書けませんが、長い間、毎月少しずつ貯金していたのでした。引きおろしは全くしていません。

そして先日「結婚おめでとう」と言って次女にお祝いの封筒を渡しました。…これでやっと、父親としての責任。肩の荷が半分取れたようでホッとしています。本当に良かったと思っています。

この記事に

家族写真

イメージ 1

熊本は晴れ。急に冷えたせいか鼻水が出ています。風邪のひきかけ。年を取ると抵抗力が弱くなるせいか、以前よりも治らなくなっています。薬を飲んでおきます。

娘たちの七五三の時の写真です。平成2年頃、大阪府泉南市男里の男(おの)神社で撮影しています。2人とも可愛らしいですね。7歳と5歳。写真撮影は一瞬の記録。2度と同じ写真は撮れません。だから大切にしたいです。特に、娘たちの子供の頃の写真は我が家の宝物の気がします。

…あっという間に子供は成長して成人。振り返ってみれば育てるだけで手一杯。でも、いくら成人したところで「自分の子供は子供」なので、一生子供への心配は続くのだろうと思います。親としての宿命でしょうか。

この記事に

家族写真

イメージ 1

熊本は晴れです。夕方から雨が降り出しそうな空模様です。

ふと、娘たちのアルバムを出して眺めていたら、Facebookに使いたくなり公開しました。私のFacebookは海外用になってしまい友達は全員外国の方たちばかりです。主に人形作家の主婦が多くて、彼女たちはよく家族の写真を公開しているのです。内容は大体「…どう? 私の子供は可愛いでしょう!」といった自慢話なのですが、私はこういう手を使うのは嫌で、自分と娘たちと一緒に写っている写真は全くなかったのでした。

そんな訳でしたが、来月に次女が結婚することになり、記念のような公開にしたのでした。見て頂きたいと考えたのです。画像は昭和64年頃、大阪府泉南市に住んでいた時に、和歌山岩出市の植物公園緑花センターへ遊びに行った日のものです。

当時は私は紡績工場で働いていて、長時間勤務、休日出勤は当たり前の肉体労働で、体重はやせ細って50kgなかった時期でした。それでも時間があれば娘たちを連れて車や電車で家族で遊びに行きました。泉南市からわりと近い和歌山の岬公園や緑花センターへは何回も行きました。

この写真も30年ほど前になります。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事