日々の泡、浮かんでは消えていく毎日の記録

就活本気モード・・・(・ω・`)イソガシイヨー

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


ところで私、今までリキテンシュタインかと思ってたんですが違うんですかね??
まぁいいや。




今日は午前中になんだか無性にマイピクチャの画像を充実させたくなって、
手元にある画集やら何やらの画像をweb上で懸命に検索→保存していたのです。

そしたら、リキテンスタインの「そして私たちはゆっくりと目覚める…」(今日のTOP画像)があって、
ついでだからリキテンスタインのフォルダを作って画像集めようと思って
google イメージ検索とか公式サイトとかからたくさん引っ張ってきたわけなんですが


そしたら、とっても意外なことが発覚したのです!!



リキテンスタインといえば、アメコミのひとコマを拡大したようなポップな画風が代名詞ですよね。

http://odegrau.blogs.sapo.pt/arquivo/roy.jpg
"Girl with Hair Ribbon" 1965

こんなん↑ね。

でも、こういういかにもリキテンスタイン!っていう作品は、実は60年代にしか作られていません!!


論より証拠。
このページでリキテンスタインの仕事が見れますので、
10年単位ぐらいで見てみてください。

70年代以降は古今の名画のパロディ、さらに抽象画、そして自分のかつての画風にケリをつけるような自らのパロディ化を試みていたりして。
さらに90年代に入ると、明らかに日本画の影響が見られる作品群が大量に出てきます。


私としては、70年代前半にたくさん描かれた静物画シリーズが大好きです。



このあたりですかね。かわいいです。静物画やっても、やっぱりリキテンスタイン風味なのが面白い。



日本画、というか山水画の影響はこのへん↓
http://www.mfa.org/dynamic/sub/lichtenstein.jpg
"Landscapes in the Chinese Style" 1997


名画のパロディ↓
http://www.rogallery.com/_RG-Images/Lichtenstein/Lichtenstein-Water_Lillies_with_Japanese_Bridge.jpg
"Water Lilies with Japanese Bridge" 1992

これは言うまでもなく、モネの「睡蓮」ですね。


リキテンスタインはまだ生きていて、きっと今も創作を続けていると思います。
時代の寵児となって、60年代の代名詞のような存在になっても
なお、慢心することなく進化しようとし続けるその姿勢に感動しました。

リキテンスタインいいよ!
リンクしたページは是非見てください。


ていうか今日は8時間ぶっ通しで働いてきたので、疲れてちゃんとブログ更新できません(´д`;)
ごめんよリキテンスタイン…

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事