全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
大相撲の元小結・豊真将(本名・山本洋介、山口県出身、錣山部屋)が初場所6日目の16日、現役引退を表明した。今後は年寄・立田川(たつたがわ)として後進の指導にあたる。豊真将は昨年名古屋場所5日目の日馬富士戦で右ヒザを負傷して途中休場、続く9月場所も全休した。十両に陥落した11月場所で初日に取組が組まれたものの、結局休場して出場はしなかった。今場所は幕下東7枚目まで番付を下げていた。

 師匠の錣山親方(元関脇寺尾)とともに東京・両国国技館で行われた記者会見に臨んだ豊真将は、「もう一度土俵に立つ目標を掲げてきたが、もうその力がないと判断しました。応援してくれた方々にもう相撲を取る姿を見せられないのが、すごく寂しい」と涙ながらに語った。

 初場所の番付発表(昨年12月23日)の前日に引退の決断を伝えられたという錣山親方は「復帰しようという気持ちは最後まであったが、1〜2年で治るケガではなかった。弟子としては何ひとつ言うことがない。尊敬できるし誇りだった」と親方として新しいスタートを切る愛弟子に最大級の賛辞を送った。なお、引退相撲(断髪式)の日程は未定。
 
 
 
豊真将引退「悔いありません」/一問一答
 
イメージ 2
大相撲の元小結豊真将(33=錣山、東幕下7枚目)が初場所6日目の16日、日本相撲協会に引退届を提出した。

 両国国技館内の記者クラブで、師匠の錣山親方(51=元関脇寺尾)とともに引退会見に臨んだ。

 昨年名古屋場所5日目に、日馬富士に押し倒された際に右膝を負傷。8月2日に手術を受けた。今場所での復帰を目指し、懸命のリハビリを続けてきたが、願いもかなわず、今場所の番付発表前日の昨年12月23日に、師匠に引退する旨を伝えたという。

 −今、こうして引退会見に臨み何が思い浮かぶか

 豊真将 今日、久しぶりに国技館に来て、支度部屋に入り、土俵を見て、いろいろなことが頭を駆けめぐりました。応援してくれた方々に、もう自分は土俵に上がれない、相撲を取れないと、寂しい思いです。

 −今、思い出されるのは

 豊真将 新弟子検査の時、師匠から「ここから2人で頑張ろう」と言われたことが今、頭の中にあります。

 −思い出の一番は

 豊真将 5年前ぐらいの(正確には6年前の09年)5月場所の千秋楽。14連敗の後の一番、嘉風戦です。勝ったことより、お客さんが温かい拍手と声援を送って励まされた。

 −三賞7回、三役にも昇進したが悔いは

 豊真将 相撲に関して言えば、最後まで師匠に教わった自分の相撲を取り切れたので、悔いはありません。
 
 
 
豊真将引退、鶴竜ら惜しむ=大相撲初場所6日目
 
元小結豊真将が引退を表明した16日、支度部屋では、右膝の大けがで現役生活を縮めた不運を惜しむ声が相次いだ。一門が同じ鶴竜は「一緒に稽古して上がってきた。寂しいし、本人も悔しいだろう」と胸中を察した。
 誠実な土俵態度が愛されただけに、白鵬は「相撲をやるために生まれてきた人。勝っても負けても、美しさがあった」。

 豊響は、豊真将と同じ山口県下関市出身で、「小学生の頃から同じクラブだった。けがさえなければ、もっと長く取れただろうし、先輩が一番無念だと思う」と声を落とした。  
 
 
 
山口県出身で、礼儀正しい事でも人気だった豊真将さんが
引退ということで、残念〜〜!!
 
何年か前、大河ドラマに出演の時に、
ここのブログで記事にしていたのが懐かしいです。
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

引退、親方よりも相撲学校の教官として、立ち居振る舞いを指導してもらいたいです。

2015/1/17(土) 午前 9:08 kur*ma*ezzz 返信する

顔アイコン

ほぼ唯一で応援していた力士さんだったのに〜。
相撲学校の教官とか、相撲界の重役になって
多くのこれからの方々の指導をして欲しいですね。

2015/1/17(土) 午前 9:22 [ fug*fug*200*jp ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事