全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
明治の元勲、山県有朋(1838〜1922年)の銅像が約70年ぶりに吉田の東行庵に再建され、14日に除幕式が開かれた。

イメージ 2
銅像は高さ180センチで、狂介と名乗って奇兵隊で活躍していた時代を再現。刀を手に真っすぐ前を見つめる武士の姿をしている。

イメージ 3
式には山県有朋の玄孫(やしゃご)の山県有徳さん(66)や中尾友昭市長、直木賞作家の古川薫さん、長府製作所の川上康男会長ら関係者が出席。関係者によって除幕され銅像が披露されると、拍手に包まれた。

イメージ 4
東行庵の松野實應兼務住職は「今の東行庵があるのは山県有朋のおかげ。東行庵の念願で、素晴らしい銅像ができてうれしく思う」、古川さんは山県が詠んだ歌を紹介し、文人としての面を強調。山県有徳さんは「優しさのある人間だったと聞いている。100年以上も地元の人がその優しさを理解したからこそ、今日立派な銅像を再建立できたと思う」と喜んだ。

イメージ 5
同庵によると、1933年に山県有朋の軍服姿の銅像が建てられたが、戦時中に金属供出のため撤去されたという。昨年3月には高杉晋作の銅像が建立され、山県有朋銅像再建の声もあったことから、以前に長府製作所から受けた寄付金でこのほど再建した。

イメージ 6
山県有朋は奇兵隊の軍監に任じられ、晋作の死後は中心となって葬儀を執り行ったほか、晋作の愛人「おうの」の生活を支援。1884年の現在の東行庵建設の際も資金作りに奔走したとされる。
                 



イメージ 9
細いけど、後ろには長い頭の形を、
ちゃんと再現されていますね(笑)

イメージ 7
昨年の高杉晋作さんの銅像に続いて、
山県有朋さんの銅像も建立されて良かったです♪

イメージ 8
こちらは、安倍総理来所記念プレート。

高杉晋作像よりも建立したかった
山県有朋像が建立出来て良かったです。
高杉晋作さんが功山寺での挙兵をした時に、
一番最後に合流したのが山県有朋さんだったけど、
一番に高杉晋作さんを慕っていたのは、山県有朋さんですからね。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

山口県は有名人の宝庫ですね^−^

2015/4/16(木) 午前 7:34 kur*ma*ezzz 返信する

顔アイコン

山口県は、歴代総理大臣の在任期間ランキング11位までに、
安倍総理を含めて、6人が入ってますからね〜♪

2015/4/16(木) 午後 6:19 [ fug*fug*200*jp ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事