baku日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
高里椎奈による同名ミステリー小説を、King & Princeの永瀬廉が初主演で映画化した『うちの執事が言うことには』が公開中だ。その公開を記念して、雪倉美優役の優希美青にインタビュー。原作にはいないキャラクターを演じる上で心がけたことや、ミステリーや当主と執事の関係という物語の魅力、「最後まで観てほしい」と語る彼女に、さまざまな話を聞いた。 ●本作はミステリー、当主と執事の関係など魅力的な要素がたくさんありますが、どこに一番惹かれましたか? いままで観たことがなかったようなタイプの映画だと思いました。最初はすれ違っていた男の子たちが、きずなを深めていく展開は楽しみでしたし、自分のシーンで言うと雪倉美優は壁を作らない子なので、フランクに接してしまう。当主への意識がまったくないなと思いましたが、そこをどう現場で作っていくのか、そこもすごく楽しみでした。 ●どういう性格の子と受け止めて演じましたか? 素直で、思ったことをそのまま口に出すタイプですよね。たとえば烏丸花穎(永瀬廉)と衣更月蒼馬(清原翔)が勘違いしていることを、それを本人たちに言ってしまう。素直なので、言わずにはいられないんです。

イメージ 2
●でも嫌味はないですよね。 そうですね。一番視聴者目線のキャラクターかなと思います。 ただ、原作にはいないキャラクターなので、いろいろと考えて演じました。監督もその都度お話を聞いてくださったので、監督と意思疎通ができて演じることができたと思うので、コミュニケーションが取れて楽しかったです。 ●男の友情物語って、女性にはどう映っているのでしょうか? うるうるとくるところもあって、男同士の友情やきずなっていいなと思いました。普段素直に言えなかったけれど、素直に言いあえた時に、そういう風に思ってたのかみたいな、不器用な男の子って多いと思うのですが、そういう人が素直になった時、素敵だなって思いますよね。

イメージ 3
●物語として執事や上流階級などに興味はありましたか? お嬢様になってみたいと思ったことはありました。何でも買ってもらえるようなお姫様にあこがれた時期はありました。でもやっぱり執事みたいに遊んでくれたり、言うことを聞いてくれる人はいいですよね(笑)。 ●ところで、作品ごとにさまざまな表情を見せてくれますが、理想の女優像などはありますか? どの作品を観ても同じ優希美青と思われるのではなく、この作品とあの作品は違う人と思われるような俳優になりたいです。お芝居や役柄で評価されるように頑張りたい。同じ人が演じていたのかと、後でわかるような存在になりたいです。 ●最後に『うちの執事が言うことには』を待っているファンにメッセージをお願いします。 エンドロールも設定が面白くて、しっかり見ていただけたらと思います。その時、主題歌の「君に ありがとう」が流れますが、その曲が映画の世界観にすごくあっているので、映画を観た後に、そのことを含めて聴くと感動も倍だと思います。だから最後まで、ちゃんと観てほしいですね!

●今日はありがとうございました!



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
31日、日本プレスセンターにて、JR九州「第4回 九州魅力発掘大賞表彰式」が行われ、女優の桜庭ななみさんが登場した。

JR九州では、主に九州外の大都市圏を中心に、九州7県の観光素材を優れた視点で紹介した新 聞、雑誌、テレビ番組等の媒体を「九州魅力発掘大賞」として表彰している。

鹿児島出身という桜庭さんは、特別賞に選ばれ「このような素敵な賞に選んでいただきとても光栄です。去年、鹿児島に関わることの多い1年間でした。これからも作品を通してより多くの方に九州の魅力を発信出来ればなと思っております。」と賞に対する喜びを表していた。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1




イメージ 2
のんさんが語る、 “私のヒロイン”について

イメージ 3
「普通」という枠組みや、世間の常識と戦う
 女優になるために高校進学と同時に上京しました。でも、オーディションに行っても受からないことが続いてて。もともと私、過剰なくらい自信満々だったんです。だけど、女優としてはあんまりうまくいっ てない。それって周りから見たら恥ずかしいことなのかもって、少しずつ思い始めてた時期で。16歳か 17歳くらいのときだったかな。がんじがらめになっていたんですよね。

  そんなときに『悦楽の園』に出会いました。この本は「普通」という枠組みの中に収められちゃったり、押さえつけられることに対して戦う主人公が描かれています。主人公の相原真琴は13歳にしてはすごく大人びているんです。周囲になじまなきゃいけない とか、適性がないと社会を歩めないみたいな雰囲気に納得がいってなくて。なんて達観した中学生なんだろうって思いました。でも、世間の常識と自分が大切にしてるものがずれていたりするとき、嫌だなって感じるところに共感したんです。(本誌に続く)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



イメージ 1
 「楽天−西武」(29日、はるか夢球場)

 楽天−西武戦の始球式、地元青森県出身の女優・奥山かずさ(25)が務めた。小学生時代は少年野球チームに所属していた奥山は、きれいなフォームから83キロの直球を投げ込み、見事なストライク投球を見せた。

 マネジャーとのキャッチボールで練習を積んできたというが、ポジションは外野手だったこともあり「ちゃんと野球をやるのは6、7年ぶり。スゴく緊張しました。マウンドに立ったことがなかったので」と話した。

 ストライク投球にも「緊張しすぎていて、自分がどのコースに投げたかも分からないです」と苦笑い。それでも地元での始球式に「自分の生まれ育った青森で、盛り上げる立場になれたのは(地元への)恩返しにもなるし、うれしかったです」と故郷での大役を喜んでいた。



女子野球界に新星現る!? 青森県出身の女優・奥山かずささんが始球式  


女性の始球式で、山なりじゃ無く速球で、
きっちりストライクゾーンに投げているのは流石ですね。


こちらは、先月の藤田菜七子さんの始球式。

こちらは、4年前の桜庭ななみさんの始球式。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
女優の桜庭ななみが、中国の人気バラエティ番組『天天向上』に出演したことをInstagramで報告した。番組では出演者と中国語での歌と踊りにチャレンジしたり、俳優と2人だけで台本なしの食事シーンにも挑戦したりと大活躍を見せており、その流ちょうな中国語に称賛の声が集まっている。

これまでも中国映画『マンハント』に出演したり、NHKのインターネット放送『華語視界』で中国語のMCを務めたりと中国に縁の深い桜庭ななみ。27日に更新されたInstagramでは、現地の番組『天天向上』に出演したことをフォロワーに報告している。

イメージ 22008年にスタートした『天天向上』は、毎回テーマに沿ったゲストが出演し歌やトーク、ゲームなどを披露する人気バラエティ番組だという。それぞれ出身国が異なる女性ゲストの1人として登場した桜庭は、番組冒頭でかわいらしい歌とダンスをパフォーマンス。その後はステージ上にて、台湾俳優・劉以豪と2人で台本なしの食事シーンを披露した。

「台本もない、誰もいない、カメラだけが私達を見ている空間。緊張しました」と明かした桜庭だが、劉と笑顔で会話を楽しむ姿からは特に違和感もない。フォロワーからは、
「凄く勉強していることがわかります」「ただただ凄くてビックリしました」「中国語がわかる友達はみんなほめてたよっ」と称賛の声が寄せられた。

ちなみに桜庭は中国語のみならず韓国語も堪能で、昨年公開された映画『焼肉ドラゴン』では発音の良さに驚きの声があがっていた。これからもその語学力を活かし、アジアを中心に活躍の幅を広げていきそうだ。



イメージ 4

イメージ 3




イメージ 5
一方、のんさんも中国番組に。

イメージ 6




イメージ 7

イメージ 8


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事