フイユのイイ湯だなぁ〜抗不安薬とサヨナラしたブログ〜

仕事のストレスから発症した慢性胃炎に処方されたベンゾジアゼピン系の薬、リーゼを断薬して、現在子育て中☆

全体表示

[ リスト ]


ゲストブックで質問してくださった、置き換えについて…

根拠は長くなるので、次のブログに書きますね


その前に結論だけサラッと書きます。



*私の個人的見解なので、慎重に個人個人で判断することをお勧めします。


*記事を見て、少しでも動揺する恐れのあるかたは見ない方が良いかもしれません。






Q:ベンゾジアゼピンの減薬をするにあたって、抗うつ薬を併用?


A:やり方としてはあると思います。離脱症状として不眠、抑うつ、集中力・思考力欠如が出るためです。

離脱成功者にも抗うつ薬を盾にベンゾジアゼピンを断薬成功した人もいますし、(どことは書けませんが)ネットで減薬指導をうたっているクリニックでは、抗うつ薬を併用することを前提にして指導を引き受けているようです。

私自身が勧められた抗うつ薬(ジェイゾロフト)も、抑うつ感や集中力や思考力の欠如から処方が検討されました。



抗うつ薬を使うメリットとしては、不眠や抑うつを極力抑えながら減薬できる可能性があること。併用している人は先にベンゾジアゼピンを断薬してから抗うつ薬を減らしていっているようです。


デメリットとしては、私のように抗うつ薬の副作用が強く出る人には使えない。種類がいくつもあるために合う薬に出会うまで時間がかかるかもしれない。そして抗うつ薬も体質によっては離脱症状が出るかもしれないことです。


抗うつ薬の他は、脳の興奮を抑えるために抗てんかん薬を使用するケースもあります。私自身、抗てんかん薬のデパケンを離脱対策に勧められましたが、これも断りました



Q:ベンゾジアゼピンの長期型への置き換えは?


A:リーゼやデパスのような短期型は長期型への置き換えをされたかたもいるみたいですよね。私も半減期がリーゼより長いリボトリールへの置き換えを主治医から始めは提案されました。



イメージ 1



こうみると半減期の長いメイラックスなどへの置き換えを考えちゃいますよね


あとは、多くのかたが見ていると思われる、【もなかの最中】というブログでは、長期型のセルシンへの置き換えが載っていますね。


イメージ 2

商品名ではなく、一般名なのでちょっとわかりづらいですが、この表でいくとリーゼ(クロチアゼパム)を1日10mg服用していたら、セルシン(ジアゼパム)5mgに置き換えということになりますね。


メリットとしては、長期型のほうが血中濃度の波を抑えて減薬できること、心理的にも自分の苦戦している薬を先に切ることが出来るので自信になりそうです。



デメリットとしては、下の表からもわかるように、リーゼはベンゾジアゼピンの中でも力価が弱い薬に分類されているので、同力価として使用できる薬はどれになるか…ということがあると思います。


イメージ 3




もはや抗うつ薬にしても、ベンゾからベンゾへの置き換えにしても合う人には合い、合わない人には合わない…といえるかと思います


ただ、ベンゾジアゼピン離脱の原則?になりつつある、

《我慢できない酷い離脱がでたらそのままステイで様子を見るか、1段階戻す》をやってみて、


それでも厳しければ、他の方法も検討してみても良いかもしれないですよね



結局、長くなりましたw


閉じる コメント(1)

私も最近、飲んでいたメイラックスに耐性がつき、常用離脱が激しく出たので、私は盾となるベンゾを追加しました。
おっしゃる通り、抗鬱剤は合う合わないが大きく、私もジェイゾロフトを一回飲みましたがノックダウンでした。
抗鬱剤はもう2度と飲まないつもりです💦
アシュトンマニュアルには、セルシンの置換が推奨されていますが、日本人の2割程度の人に、セルシンを代謝する酵素がない方がいるそうです。
ですので、セルシンに置き換えるなら、代謝酵素があるかどうか調べてからが安全だと思います。

2016/3/14(月) 午後 8:25 [ パレード ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事