ここから本文です

書庫全体表示

グーグルマップと連携

   グーグルマップと連携する ガーミンPND   
 
アメリカで迷子にならないように準備をしています。
その一つがナビの携行です。
これまでのブログ記事でアメリカ旅行のルートを紹介してきましたが、そのルートや目的地を調べるのにかなりの労力と時間を費やしてきました。ですから、ルートや目的地については、かなりの情報が頭の中に入っています。 しかし、何が起きるか分かりません。 その時の為の善後策でもありますし、興味深さゆえの調査と実験でもあります。
カーナビやパソコン、更にはグーグルマップを使いこなしていないと、後述のような事は出来ませんね。私も つい先日まで、取扱説明書も読まずにポータブルナビゲーションデバイス(PND)を使っており、簡単な操作や設定しか出来ませんでした。 ゴリラに速度取り締まり機オービスの設置地点情報を入れている がんもさんのをブログ記事で見て、「凄いナ〜」と思っていました。
この記事を読んでも、「何の事かな〜?」と思われる方が多いと思いますが、いつか役に立つかもしれません。また、更に便利ばモノが登場し、こんな面倒な作業説明が 全く無意味になるかもしれません。
携帯電話用のナビアプリケーションが、十分なナビゲーションとして機能しますので、そのシステムが発展すれば、もっと便利になるでしょう。
今回のアメリカ旅行では 現地での携帯電話ナビについて全く情報がありませんので、北米地図データを追加したガーミンPNDを携行する事にしています。
 
さて、本題です。
前の記事で、グーグルマップとのデータ連携について、下記記事より情報を得ました。
「ガーミン + Googleマップは、海外でも安心」
  → http://allabout.co.jp/gs/caraudio/closeup/CU20100125A/
グーグルマップともデータ連携が可能との事ですので、早速、作業を進めてみました。
 
先ず、「Garmin Communicator Plugin」をパソコンにインストールします。
http://www8.garmin.com/products/communicator/index.jsp?google_help
イメージ 1
インストールする時は、PNDをUSBケーブルで接続しておいた方が良いようです。
インストールの後半で、PNDとパソコンの通信チェックが行われます。 PNDが接続されていないと、通信エラーとなり、そのエラーが表示されます。 Webにある情報では、このエラーが表示されてもインストールは正常に行われる事でした。
下図がインストール完了画面、兼、通信チェック画面です。「Continue」をクリックすると通信テストになります。
イメージ 2
「Continue」をクリックし、通信がOKでも、この画面が出続けます。
終了するには、、「Garmin Communicator Plugin」をクリックします。
最初の画面に戻ったような画面ですが、右下にプラグインステイタスが追加表示されています。
イメージ 3
グーグルマップと連携が出来るか、実際にやってみましょう。
パソコンでグーグルマップを起動し、場所を検索します。 「赤レンガ倉庫」で実験してみました。
イメージ 4
 
吹き出しの「その他」をクリックすると 「送信」が表示されますので、更にそれをクリックします。
すると、送信の詳細設定ウインドが表示されます。
ナビメーカーは、プルタブで選びますが、この選択リストから 対応しているナビメーカーはガーミンだけではなく、クラリオンとパナソニックもある事が分かりました。
設定が完了したら、「送信」をクリックします。
イメージ 6
 
<追記>
2014/02/05現在、Google側の仕様変更により、
GoogleMapsポイント転送機能の選択肢よりGARMINが消えている
参考サイト
シリウスのENJOY MY LIFE! http://neumullen.blog.so-net.ne.jp/2014-02-25
 
 
すると画面が、ガーミンのアプリケーションに切り換ります。
送信先の機器を選択して、「GPSに送信」をクリックします。イメージ 5
送信が完了すると、下図の画面が表示されます。
グーグルマップに戻るには「グーグルマップに戻る」をクリックします。
ここで残念なのは、このガーミンのアプリケーションが起動する直前のグーグルマップ画面に戻らない事です。
イメージ 7
 
データの転送が完了しましたので、USBで繋いでいたPNDをパソコンから切り離します。
ガーミンzumo550の電源を入れると左上段の画面が表示され、操作していくと「赤レンガ倉庫が登録されている事が確認できました。
イメージ 8
 
これなら、目的地や経由地の登録が楽にできますね。
次の記事では、ロガー機能(移動ルートの記録)や「GoogleEarth」との連携を確認します。
アメリカ旅行で使うには、まだ準備や設定が必要です。
<追記 2010/09/05>
北米版の地図の表示、及び、お気に入りポイントの設定(=地点登録)をしてみました。
イメージ 9

 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事