ここから本文です

書庫全体表示

 「Route EZ」 ルート イージー ライダー 
<2012年5月23日 その1を 追加・修正し、その2へ移行>

■「Route EZ」 ルート イージー ライダー! アメリカ在住のHimeさんが命名してくれた。 なんとも素敵な造語だ。 「Route 66」 ルート シクスティ シィクスは、アメリカで馴染みのある単語だが、これに引っ掛けている。 イージーライダーファンにとって「Route EZ」を巡る旅は、青春時代に回帰するようなルートなのかもしれない。

Youtube → 「Easy Rider Born To Be Wild

■あの名曲、ステッペンウルフ「ボーンツビーワイルド(Born To Be Wild ワイルドで行こう)」がカーステレオから流れてくる。 目を閉じる。 瞼の裏には、「Route EZR」が通るアメリカ大陸の風景。 ワープ出来るなら、直ぐにアメリカへ行きたい。 

イメージ 1
 Get your motor runnin'
   モーターを起動させ
 Head out on the highway
   ハイウェイに乗り出そう
 Lookin' for adventure
   求めるのはアドベンチャー
 And whatever comes our way
   途中、何が起ころうが
.
 Yeah Darlin' go make it happen
   ああ、気にしないで ドンと行こう
 Take the world in a love embrace
   愛の抱擁の中に 世界を抱いて
 Fire all of your guns at once
   一斉に お前らの銃を ブッ放せ
 And explode into space
   そして宇宙に向かって ブッ飛んでいくんだ
 
 I like smoke and lightning
   煙や閃光は 大好きだ
 Heavy metal thunder
   重金属のような雷鳴
 Racin' with the wind
   風と共に 競争だ
 And the feelin' that I'm under
   そんな気分に 俺はいるんだ
 
 Yeah Darlin' go make it happen
   ああ、気にしないで ドンと行こう
 Take the world in a love embrace
   愛の抱擁の中に 世界を抱いて
 Fire all of your guns at once
   一斉に お前らの銃を ブッ放せ
 And explode into space
   そして宇宙に向かって ブッ飛んでいくんだ
 
 Like a true nature's child
   真の大自然の児のように
 We were born, born to be wild
   俺達は ワイルドにやるために生まれた
 We can climb so high
   凄く高く 昇れるんだ
 I never wanna die
   あの世へは 決して行かない

 Born to be wild
   ワイルドにやるために生まれたんだ
 Born to be wild
   ワイルドにやるために生まれたんだ
 

■さて、本題 に戻る。
インターステート40 EBを出た後のシーンは、アリゾナ州で最初の街 トポックになるハズなのだが、 何故か手前の街 モアビ(Moabi)に。 コロラド川沿いの長閑な場所だ。 RV(トラベルトレーラー)の姿もチラホラ写っている。 
 
 ⑤ モアビのカーブの映像

 ⑤’モアビの現在 (ルートが新しくなってしまったので、当時の場所とは若干異なる) 背後はパーク モアビ。

パークモアビはリゾート地として整備され、Pirate Cove Resort & Marinaには多くのアクティビティが用意されている。 勿論、RVパークもある。 平日料金は安い。 (フルフックアップ US$25/night、電気+水US$20/night)
 
 
 ⑥ モアビの坂道の映像

 ⑥’モアビの坂道の現在 → http://g.co/maps/ec373 山の形は変わらない。

次のシーンでは、アリゾナ州フラッグスタッフ(Flagstaff)の街を通過する。

 ⑦ ルート66沿いのレストラン Granny's Closet前の大きな人形アックスマン(Ax Man)

 ⑦’ルート66沿いのレストラン Granny's Closet前の現在 → http://g.co/maps/xd3ws

人形は撤去されているが、背後にある教会は今も変わらない。 現在は駐車場入口にオブジェがあるようだ。
 
 
 
 ⑧ ルート66沿いにあるホテル前の映像

 ⑧’現在は銀行に → http://g.co/maps/f4pd4 街燈は当時のままだ。


 ⑨ 踏切前を通過する映像

 ⑨’踏切前の現在 → http://g.co/maps/de5mf この脇に ビジターセンターがある。 


 ⑩ 断られたベルモント(Bellemont)のモーテル「Pine Breeze Inn」 (フラッグスタッフから少し西へ戻った場所)  

 ⑩’断られたモーテルは、現在ガソリンスタンドの廃屋 →  http://g.co/maps/gd3sy

 
廃屋のドアには、イージーライダーの記事が貼り付けられているそうだ。
<追記 2013年、ここに行って来た 2013 アメリカ旅行記 【9日目】
 
宿を断られ野宿する事になるが、その場所は「Wupatki National Monument」らしい。 (現在も その場所を調査しているので、見つかり次第 掲載)
 
ヒッチハイカーを拾うシーンは、Wupatki National Monument 手前の Sunset Crater Volcano National Monument 入口付近がその場所だと言われている。 当時対向2車線だった場所が 対向6車線になり、様変わりが激しく見つけることが困難。
 (現在も その場所を調査しているので、見つかり次第 掲載) 
 
その後、AZ-89を北上し、キャメロン(Cameron)方面へ向かう。
 
 ⑪ ヒッチハイカーを拾った後に寄る ガソリンスタンド「SACRED MOUNTAIN」の映像

 ⑪’現在は営業していないが、看板は当時のまま。 煙突も同じだ。
 
ポンプ機は撤去され、ガソリンスタンドとしての営業は止めてしまったらしい。 

 
 ⑫ ガソリンスタンドから出ると背後には、サンフランシスコピーク

 ⑫ 山は現在も変わらない → http://g.co/maps/wpkmb 道路が拡張されている。

現在、このAZ-89は対面通行から 中央にハザードがある各2車線 計4車線の道路へ拡張されている。 当時のガソリンスタンド「SACRED MOUNTAIN」は、AZ-89S(南方向の車線、上図の中央の右側)にある。
 
 
その3”へ つづく


その1”へ 戻る

END

  • 顔アイコン

    憧れ以外の何ものでもないです。

    走りたい〜!!

    ruf964

    2012/5/24(木) 午前 0:14

  • 顔アイコン

    >ruf964さん
    いつか 走る日がきっと来ますって。 「走るぞ〜11」でしょ!

    ふじ○

    2012/5/24(木) 午前 3:30

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事