ここから本文です

書庫全体表示

Airstream Conversion

 こんなの造っちゃって!? 
 
イメージ 1RV (Recreational Vehicle レクレーショナルビークル) は、多種多様だ。 ドリゾウのような自走式のモーターホームもあれば、牽引されるトラベルトレーラーもある。 自走式ではベースとなる車両が、トラック、バス、バン、乗用車等、ほぼ全ての車種に及ぶ。 詳しくは → モーターホームの種類と運転免許
 
VWビートルのRV = 「Bug Conversion」 これは、このブログでも紹介したが、これに勝る車両を紹介する。
 
 
■アメリカ在住のHimeさん から 「新種のRVが売りに出ている」 との情報が届いた。 「やっぱりいろいろな人がまだアメリカにいますね。 こういう人がまだいるうちはアメリカも大丈夫でしょう。”笑”」とのコメント。 はて さて、いったい どんなRVなのか? Santa Barbaraにあるという その車両を見てみよう。
 
■居住部内の様子。 人気があるRVだけに 下の写真を見れば、ピンと来る諸氏もいるかな。 この写真で車種が判る貴殿は、この車種のオーナーか、相当なRVマニアですね!(笑)

イメージ 3 イメージ 2
 
イメージ 6 イメージ 7 イメージ 12
上の写真群の下段中、下段右あたりは大きななヒントなので、判る方も。  
 
 
■居住部に手を加えているが、その作業は生半可なモノではない!
 
イメージ 8 イメージ 9 
 
 
 
■ボディーも 大変な事になっている。

イメージ 10 イメージ 11


■重要な部分が、ココ! 連結しました! これで、全体像が想像できますね。
 
イメージ 13
 
  
 
■「New Airstream」の完成です ♪ 「New」か?
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
なんとも不思議な形の車両です。
 
 
■Mercedes Sprinter (Diesel) + Airstream 19' trailer
  = Aerodynamic Motorhome (製造者談)
 
イメージ 4
 
 Airstream Conv. 又は、Sprinter Conv.。 どっちだ? 「Airstream Sprinter Conversion」かな? Airstream 19' trailer のタイプは、「Flying Cloud」だと思う。 横幅は、8ft = 2.44mだ。


イメージ 5Aerodynamic Motorhomeなら、ジェイコ(Jayco)のメルボーン(Melbourn) 29D (左図) あたりで妥協できなかったのか?  アメリカで購入すれば、約1千万円だ。 紹介記事 → http://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/27472546.html
市販車両に満足出来ず、ここまでして造る コダワリと執念に驚いてしまう。 Dieselの選択はアメリカ車で困難なので 欧州車を選んだ、と言うのは理解できる。
 
 
■これは中古車両で、現在、スタート価格 US$575,000ebayのネットオークションに「2007 Mercedes Airstream」として出品されている。 日本円換算で46百万円! ちょっと高過ぎ ではないだろうか? アメリカ国内での販売なので、日本へ輸入したい方は自身での輸出入手続きが必要になる。
 
約2年半(約6000時間) 掛けて製作した方が、説明文を掲載してる。 売れしまうと 見れなくなってしまうので、下記にコピーを掲載。
 
This Custom Built Motorhome is for someone who appreciates a unique and finely crafted motorhome with no equals on the planet. Not for someone looking for a cheap bargain priced run of the mill motorhome ,  I spent 2 1/2 years building this, approximately 6000 hours, using the finest materials available. I wanted an aerodynamic motorhome and to that end I did the following.


1. Used a new airstream 19' trailer which in itself is the most aerodynamic RV on the market.


2. I removed the AC from the top and custom designed the ac unit that fit underneath just behind the rear axle with the intake and outflow vents on the floor with the use of custom built teak vents.


3. Custom built fender skirts held on with 1/4 turn aircraft cowling fasteners in case of tire change.


4. The underneath portion of the motorhome section is completely incased in aircraft aluminum for wind flow except the drive shaft is exposed, with a slight angle rising in the rear section for less drag.


5. aluminum to connect the trailer with the cab for a smooth airflow. There is a 2nd inner panel and steel reinforcement and insulation in this area.


6. The steps are enclosed behind custom fabricated doors that are closed during travel. Even the ends of the original bumper are filled with foam and sealed with aluminum to reduce drag.


All of this has resulted in a smooth, quiet driving RV which gets between 17 and 20 MPG and you can cruise at 80. I also opted for the 3.72 rear end ration to increase efficiency yet it has plenty of power.


The entire inside except for the refrigerator cabinet was gutted and redesigned to allow for a queen size bed across the back, therefore the bathroom was reduced in size as for me a larger bed was more important than a large bathroom.


1. a row of drawers was added in the kitchen, a round sink with more counter space, a high end marine faucet is used with a more classic style countertop material.


2. linoleum was removed and solid maple flooring was installed., all the tacky carpet on the walls and ceiling was removed, prepped, and painted a pale yellow.


3. all the cabinet doors were removed and new doors custom made in my shop.


4. The small back window was removed along with the small outer back access door and a full size door and windows installed that come on the 16' Bambi.  A wicker sofa is in the living area with a removable table and a custom removable section to transfer between the cab and the back. I also installed a Xantrex 2400 inverter/charger and 2 6 volt top of the line golf cart batteries.


5. A quality filter system in installed along with a water accumulator. A second water tank was installed to increase capacity to 36 gallons. Also An electric sewer valve in also added.
6. 3" rigid board insulation was added within the frame of the chassis for added insulation and quietness.


7. The tow system is rated for 7000 pounds for this vehicle.The Mercedes Sprinter Diesel CabChasis, only has 21000 miles and drives as smooth as a Lexus.


8. All the lower baggage compartments were custom fabricated. One compartment on the drivers side is large enough for a 6' 3" adult to lie in. There is also a pass threw compartment in the back. There is a lot of storage as I wasted no available space.


This unit weights 8900 pounds with full tanks which gives you over 2000 pounds of carrying capacity. I also added electric leveling jacks.

 
イメージ 14■将来、もしかして、Porsche Conversionが出現するかもしれない??? 日本では無理でしょう。 アメリカなら、ジョークのつもりで造るかも。



 今後も Amazing Conversion の出現が楽しみですね ♪
 

<同コンセプトの写真追加>

イメージ 17
Like a insect!

イメージ 18
Love Heavy Duty!

イメージ 19
Funny Conversion!

イメージ 22
an old Jeep and Airstream converted into a motorhome

イメージ 23
Why tow it when you can just turn it into a Kenworth Avion motorhome.

イメージ 20
A very cool looking custom Class C Airstream

イメージ 21
Ford Airstream Concept

<参考ブログ記事>
END

  • 顔アイコン

    こう言う人を自己満足だけの人と言ってもいいと思いますね。
    自分が利用するなら大きな拍手を送りますが、この値段で売るにだしてるのは考えられません。 ご苦労様でしたですね。 削除

    [ Hime ]

    2012/5/24(木) 午前 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    >Himeさん
    この方、自分の好きなモノが造れて、良かったですよね。
    でも、売るつもりで造ったなら、それはチョッと???って感じです。
    確かに、大 大 大 ご苦労さまです。

    ふじ○

    2012/5/24(木) 午前 11:12

    返信する
  • 顔アイコン

    賛否両論あるかもしれませんが!?僕はこういうアホな発想、行動力にアメリカならではの粋?を感じてしまいます!!結構スキです。。。(この価格もアメリカンジョークでは??)

    crazybowでした。。。

    [ crazybow ]

    2012/5/24(木) 午前 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    >Crazybowさん
    確かに発想と行動は並外れていますね。私もそこは素晴らしい!と思います。

    なるほど。売りに出している事自体がジョークかもしれませんね。
    予想外の額でオークションに出せば、いろんな方に見てもらえますね。

    「おれは、つくったぞ〜〜〜〜〜〜〜〜!」って。(笑)

    ふじ○

    2012/5/24(木) 午前 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    アメリカの時間とお金が有り余っている人は突拍子もつかないことをやりだしますね。
    928GTSを6輪にしてピックアップトラックに仕立てた人までいました。なんでも、スポーツカーが好きだが、買い物に困るので思いついたのだとか。

    苦労して作ったものを誰かにみてもらいたい!
    で、e-bayやyoutubeに出して自慢しているんでしょうね(笑)

    [ D ]

    2012/5/24(木) 午後 0:06

    返信する
  • 顔アイコン

    >DropKnee928さん
    アメリカ健在!って言う所でしょうか。
    928情報は、DropKnee928さんなら ではですね。色んな方がいるのですね。

    誰かに見てもらいたい! その気持ち、良く分かります。
    観る方は、有り得ないモノほど面白いですからね。(笑)

    ふじ○

    2012/5/24(木) 午後 0:49

    返信する
  • 顔アイコン

    効率を考えてしまうボクには、絶対できないですね(笑)
    いろいろな発想があって、考えてるだけで楽しいですよね。

    ホント、パナメーラや、カイエンベースで、RVあったらおもしろいですね。
    でも、家をしょったら、走りは、きっと期待できなくなってしまうでしょうから、ダメですかね(笑)

    [ NAON ]

    2012/5/24(木) 午後 0:56

    返信する
  • 顔アイコン

    >NAONさん
    この方は、効率よりも 発想の実現が優先するのでしょう。 私は見栄えが優先です。(汗)

    ポルシェに4ドアとかオフロード車がある事自体凄いですよ!
    経営方針や戦略が変わると、出てくるモノも変わりますね。

    家をしょったら、カタツムリ。(笑) 迷惑にならないようにユックリですね。

    ふじ○

    2012/5/24(木) 午後 1:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事