ここから本文です

書庫全体表示

トレーラー写真集

 牽引大国、アメリカ 
 
■この記事は、トレーラーの写真集。 運送会社で使われているトラック等の商用ではなく、レジャー用が中心だ。 クルマで旅行していると 多くのトレーラーに出会うが、"アメリカは牽くのが好きな国なんだ"と、つくづく思う。
特に国立公園が多いグランドサークル周辺では、キャンピングカー(=Motorhome)やトラベルトレーラー等のRV(=Recreational Vehicle)を数多く見かける。 メーカーや種類も豊富なので、RVが好きな僕にシャッターチャンスが到来する。
 
■RVが停泊するRVパークには沢山のトラベルトレーラーがいるのだが、この写真も加えてしまうと膨大な枚数になってしまうので、今回は主に 走行中のトレーラーの写真を集めてみた。 僕がRV運転中に撮ったモノ、家内が助手席で撮ったモノだ。 なので、焦点や画挌がズレている写真もある。 折角撮ったのだから"お蔵入り"させず、掲載。 枚数は、なんと約70枚!
 
■以前の記事「モーターホームの種類と運転免許」で、右図を掲載し簡単な説明をしている。 
 
■以降は写真。 車輛背後に写っている風景を見ていると、アメリカ旅行の記憶が蘇る。 
 
1.Fifth Wheel
ピックアップトラックの荷台に設置された専用のカプラーに連結して牽引する 大型のキャンピングトレーラー。 この連結器が第五軸 = フィフスホイールと呼ばれていて、牽かれるトレーラーにも この名称が付いている。 日本でも"こじお☆さん"が牽いている!
 
1-1. デスバレー周辺にて。 車輛は年代物だが、屋根にソーラーパネルが設置されている。
 
1-2.遠くから走って来ても、大きいので 直ぐに分かる。
 
1-3.広いアメリカだからガソリンスタンドも広く、楽々入る。
 
1-4.ラスベガスの近くにて。 キャンピングトレーラーは白が殆どだが、これは紺色。 珍しい。
 
ライセンスプレートより、フロリダから来た事が分かる。
 
1-5.エアコンが2基も屋根に装着されている。
 
1-6.観光地周辺の道路では、次から次へとすれ違う。 サイドミラーは、Extended side-view mirrors or Telescoping Trailer Tow Mirrors に交換する。
 
1-7.北米販売台数、No.1のモンタナ(Montana)。
 
1-8.リアキャリアに自転車、屋根にも荷物。
 
1-9.連結部の上部は、通常ベッドルームになっている。
 
1-10.RVパーク受付前の駐車場。 駐車枠も広い。
 
1-11.ピックアップは、フォードF250。 連結作業を見せてもらった。
 
1-12.これは、RVショーで撮ったモノ。 スライドアウトして更に巨大化するのだ。 
 
2.Travel Trailer
RVの中では最も種類が多く、お手軽なキャンピングトレーラー。 牽引車となる乗用車等の後部にヒッチボールを取り付け、トラベルトレーラーを連結して牽引する。 (これ以降の車種は、全てヒッチボール・カプラー式。)
 
2-1.インターステート15号線アップルバレーの近く。
 
2-2.左に見えるのはラスベガスのホテル。
 
2-3.サイドミラー付け足しタイプ。 後ろに見えるバスは、バスじゃなくてクラスAモーターホーム。
 
2-4.これは、横長ミラー。
 
2-5.レイクパウエル周辺は、RVが多い。
 
2-6.日本にも正規輸入されているジェイコ イーグル。
 
2-7.トラキャンでトラベルトレーラーを牽く。 旅先でも夫婦の家庭内別居が継続できる。(笑)
 
2-8.一人旅か?
 
2-9.カーゴトレーラーをキャンプ仕様にしている。
 
おまけ。 ピックアップのタイヤが凄かった! こんな砂地用タイヤがあるんだ! んっ、日本のNITTO!?
イメージ 1
 
2-10.ラスベガスのRVパークにて。 エアストリームは美しい!ウェッブサイトも お洒落。
 
2-11.この小さいタイプのエアストなら 家内のクルマでも牽引できそう。
 
2-12.トレーラー同志のすれ違い。 アメリカは道路が広いから、コーナーでも安心。
 
2-13.デスバレーに近い砂漠。 集合して砂遊び。 じゃなくて、ATVやバギーで遊んでいる。
 
2-14.写真中央は、トイホーラー(Toy Hauler)というタイプ。 ATV積載スペースは、夜、多段ベッドになる。
 
2-15.これはポップアップ(Popup tent trailer)。 エアコン付きだ! 畳んだ状態で移動し、現地で伸ばして部屋にする。 LAの"マチスさん"も所有されていて、これを見ると、どんな構造なのか分かる。
 
3.Boat Trailer
日本でも時々見かけるボートトレーラー。 日本で見かけるのは、マリンジェットの方が多いかも。 アメリカでは見上げるサイズのクルーザーを牽いている強者もいる。 日本のボートトレーラーは、このサイトが参考になる。
 
3-1.レイクパウエル湖畔にて。 ピックアップは、まるで高足ガニ。
 
3-2."For Sale"の貼紙あり。 渋滞中なら商談が可能だね。(笑)
 
3-3.トラキャンで牽く。
 
3-4.この先、ビッグウォーターにボートストレージ(ボートのレンタル倉庫)がある。
 
3-5.左のトレーラーにライセンスプレートが無かったが・・・
 
3-6.牽引車はバスではない。 クラスAモーターホームのディーゼルプッシャーだ! リッチ、いや、セレブ!
 
4.Cargo Trailer or Utility Trailer
荷物用のカーゴトレーラーは、色々なタイプがある。 四角い躯体、屋根の無い車台・・・
 
4-1.工事屋さん、かな? 「俺は、あんたと違って遊んでられないぜ!」
 
4-2.アメリカでも日産GT-Rが走っている。
 
4-3.トレーラーより、背後のハーレーダビッドソンショップの方が気になる方は・・・
"n i t r o 7 1 1 6"さんの記事が参考になります。その1その2その3その4
 
4-4.モーターホームで牽引。 荷物満載。
 
こんなに積んで。 中身は何だ? 家財道具かな。 全部持って出ないと気が済まないタイプの方?
 
4-5.カバーで覆われており定かではないが、トレーラーに 単車を積んだトレーラーを後ろ向きに積んでいる?
 
4-6.アメリカではお馴染みの"U-HAUL"のレンタルカーゴ。 アメリカでは、トレーラーを牽引する側の車両に制限は無い。 一方日本では、トレーラーの車検証に記載された車両でしか牽引できないのだ。 (訂正:牽引車を950登録すれば、車検証に記載された牽引重量制限の範囲内で牽引可能。 但し、750kgを越える場合は牽引免許が必要。)
参考ブログ記事
 
4-7.上の車両とコノ車両、カップルで引っ越し中だった。 トレーラーにナンバーが付いていない。
 
4-8.これも"U-HAUL"のレンタルカーゴ。
 
4-9.え〜い、何でも乗(載)せちゃえ。
 
4-10.乗り物が満載。 Farm wagonとも呼ぶ。
 
4-11.オーソドックスなカーゴトレーラー。 Farm wagonだ。 前述のLA"マチスさん"も所有されている
 
5.Car Trailer or Car Carrier
日本では、サーキットで時々見かけるタイプで、アマチュアレーサーが自分でレース用のクルマを牽いて来る。
アメリカでは、Flat bed とも呼ぶ。
 
5-1.またまた"U-HAUL"のレンタルトラックと レンタルカートレーラー。 たぶん引っ越しでしょうね。
 
5-2.モーターホームで牽引。 乗用車を旅先へ連れて行くと、大きなRVに乗らずに観光できて便利。
 
5-3.またまた"U-HAUL"のレンタルのトラックとカートレーラー。 スポーツカーは赤が似合う。
 
5-4.これも"U-HAUL"。
 
5-5.これも"U-HAUL"。 ワーゲンの屋根にまで荷物。 入り切れなかったの?
 
5-6.サーキット帰りかな? ポルシェだね。
 
5-7.これから、ドナドナですか?
 
5-8.空になったFlat bed。 RVパークに到着後、乗用車でお出かけしちゃった。
 
5-9.モーターホームで車の牽引。 前輪を載せたTow Dolly。 乗用車は、FFなんだね。
 
5-10.バスではない。 クラスAモーターホームだ。
 
5-11.後ろのクルマ、故障したの?
 
5-12.大切なクルマは、箱入り。 跳ね馬が入っていそうだ。 (煙は遥か前方の車両火災)
 
5-13.バイクトレーラー。 これもライセンスプレートが無い。
 
5-14.ATVトレーラー。 ATVでの砂漠爆走は、超〜爽快だ!
 
5-15.積載バランスが悪いよ。 ピックアップが離陸しそうだ。(笑)
 
6.Horse Trailer
馬を運ぶ為のトレーラー。 馬以外も運ぶ事があるので、Livestock trailer とも呼ぶ。
 
6-1.オクラホマ州の車両らしい。 トレーラーにライセンスプレートが無い。
 
6-2.エドワーズAFBの近くにて。 これは、ライセンスプレート付き。
 
■州によっては、トレーラーに登録を義務付けていない。 これまで掲載した写真のトレーラーにライセンスプレートが無いのは、この理由によるのかもしれない。 特にLivestock trailerは、ライセンスプレートが無い場合が多い。 オクラホマ州は、ライセンスプレートではなく、別のタグがある。 詳しくは、DMVのHPで確認。
 
7.バイクで牽引
7-1.このトレーラー、ハンドメイドでしょうね。 コンパネで出来ていた。 普段はスパーカブで牽引してる。(嘘)
 
7-2.こちらは本格仕様のトレーラーだ。
 
横に出っ張っているのは補助輪だ。 そんな訳ない!(笑) 3輪のトライクだ。
 
イメージ 5
 
8.番外編
8-1.ラスベガスのRVパーク。
 
8-2.パームスプリングス近郊のRVパーク。
 
8-3.ザイオン国立公園の近く、ハリケーンのRVストレージ(RV専用駐車場)。 US$29/月。 安い!LA近郊では、US$150〜180/月。 
 
8-4.ゴミ収集箱のトレーラーもある。
 
8-5.これは、トレーラーではなくて、乗用車の牽引。 乗用車のトランスミッションは、オートマチックだ。 今回の記事はトレーラーなので、これに関する写真を掲載していないが、RVでの乗用車の牽引は よく見かける。
イメージ 2
 
AT車って、長距離の牽引は出来るの? このクルマのオーナーによると、ギアはニュートラル、イグニッションキーはオンでハンドルロックを回避、バッテリーが上がらないように、該当ヒューズを抜く、そうだ。 この"Four-Wheel-Down towing"は、出来ない(やってはいけない)車もある。
イメージ 3
詳細は、ブログ記事”How to Tow an RV キャンピングカーの牽引方法”に掲載。
 
8-6.セミトレーラー&フルトレーラー2連! バックってどうするの? バックはしないの。
 
8-7.セミトレーラーで、家の引っ越し。 アメリカでは時々見られる光景だ。 スペースシャトルだって、運ぶのだ。
 
8-8.クリスマスシーズンなので、アメリカの高級用品デパート"ニーマンマーカスのクリスマストレーラー"も掲載。 一年分のバーボン (上限各4ケース 96本) 込みで、US$150K 約1,250万円だ。 勿論、バーのセットを引き出したら、中はベッドに早変わり♪ アメリカ国内のみで販売だ。
イメージ 4
写真はHPより借用
 
■ここまでの お付き合い、ありがとうございます。 面白いと思われたか、辟易した、どちらかな?
最近は、見慣れてしまって あまり撮影しませんが、写真を残しておくと後で勉強になりますね。 また、写真集記事、やります!(笑)
 
 
<参考サイト>
END

  • ん〜アホ・変態の集いですね(^^♪
    でも5thに限ります♪

    こじお☆

    2012/12/15(土) 午前 0:52

  • 顔アイコン

    >こじお☆さん
    この時間だと、アルコール入ってますか? エンジン全開?
    一応、僕はコノ仲間には入っていません。こじお☆さんは、集ってね!(笑)
    記事に こじお☆さんのリンクを追加しました♪

    ふじ○

    2012/12/15(土) 午前 2:07

  • 顔アイコン

    こういう牽引もあるみたいですよ、どういう状況なのかが気になりますが…
    http://yahoo.jp/emsd6j

    [ よんちゃん ]

    2012/12/15(土) 午後 1:00

  • 顔アイコン

    >よんちゃん
    これは、視線獲得目当ての牽引じゃないでしょうか? 誰もが指を差すでしょうね。
    MINI CUP CARよりも小さいですから、ラジコンカーかな?
    (MINI CUPは、この方の記事が参考になります → http://blogs.yahoo.co.jp/kasukabe21/31865677.html)

    ふじ○

    2012/12/15(土) 午後 1:18

  • 顔アイコン

    素人には、クラスAは観光バスにしか見えません〜

    日本も、どのトレーラーでも牽引出来る様にすれば、台数が増るのにね〜

    [ 弾丸パパ ]

    2012/12/15(土) 午後 8:14

  • 顔アイコン

    >弾丸パパ
    カワイイ制服娘が乗っていれば、バスですよ〜

    日本では750kg超は牽引免許が必要だから、これもネックですね。加州じゃ、10,000ポンド(4,536kg)以下なら、普通自動車運転免許で牽引OKなのに。

    ふじ○

    2012/12/15(土) 午後 8:39

  • これはまたもの凄い写真の数ですね〜〜
    一回の記事でアップできる写真の容量は2メガバイトまでと
    思ってたのですが、オーバーしてないのですか?

    LAとベガスの間やデスバレーへの道などの写真は見覚えの
    ある景色も多いですね。

    カルフォルニアは普通運転免許でも大抵のトレーラーは牽引
    できるし、横から見て車軸が二つまでのも、お客を乗せるバスや
    仕事ととしての運転以外はOKのようですね。
    以前、友達の引っ越しを手伝うのにトラックレンタルに行ったら
    とんでもない大型を渡されてびびった覚えがありますね。

    マチス

    2012/12/16(日) 午後 0:51

  • 顔アイコン

    >マチスさん
    今回の記事に掲載した写真は、20メガバイトを越えました。YAHOOから容量オーバーで反則金の請求がありました(笑)…これは冗談。
    先ず非公開記事で写真をアップし、その後、新たな公開記事を作成して"ウェッブにある画像を掲載"で非公開記事の写真を指定します。
    非公開記事の写真を右クリックしプロパティを選び、アドレス(URL)をコピーします。 新規記事作成で"ウェッブにある画像を掲載"をクリックするとハイパーリンクが表示されますので、コピーしたアドレスに[.jpg]を付けて入力します。

    ふじ○

    2012/12/17(月) 午後 9:32

  • 顔アイコン

    >マチスさん
    僕も「あ〜、あそこだよね」と思いながらマチスさんの写真を拝見しています。 今回は背景ですが、大体の場所が分かりますよね。

    PTIの件、ありがとうございます。知らなかったので、早速DMVのウェッブサイトで調べてみました。http://www.dmv.ca.gov/pubs/reg_hdbk_pdf/ch14_permanent_trailer_id.pdf
    新たな情報や知識を得る事が出来ました。知れば知るほど夢が大きくなってしまいますね。

    アメリカサイズのトラックって、巨大ですよね。 最初はビビッても、乗ればワクワクでしょうか?

    ふじ○

    2012/12/17(月) 午後 9:32

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事