ここから本文です

書庫全体表示

Boondocking

 こんな所で停泊してる! 
 
■米語の"boondock"、この単語の語源はフィリピンのタガログ語"bundok"らしい。 この"bundok"の意味は、""だ。 単語が出来たのは、19世紀末にさかのぼる。 当時、アメリカはスペインから植民地 フィリピンを購入するのだが、フィリピンの抵抗勢力を制圧しようと米比戦争(American-Philippine War)が勃発。 フィリピン軍にとって、自国 山岳地帯での戦闘は優位であった。 そのフィリピン軍が立てこもり、激戦になったのが、、即ち"bundok"であった。

"boondock"の発音は[búːndɑk] 、"bundok"は[buːndάk]。 カタカナで書くと ビューンドック又はブーンドックで、発音時はアクセントの位置が異なる。
 
■"bundok"は、米口語"the boondocks"として使われるようになる。 「森林地帯、奥地」という意味の名詞だ。
"boondock"は、「RVでキャンプ場以外の場所に停泊する」という意味の動詞になる。 (RVとはRrecreational Vehicle=モーターホームやトラベルトレーラーの事で、日本語のキャンピングカーに相当)
"Boondocking"は、「RVでキャンプ場以外の場所に停泊する事」
"Boondocker"は、「キャンプ場以外の場所でキャンプする人」で、RV使用 不使用は問わない。 左の写真は、前回の記事「トレーラー写真集」でも掲載したブーンドッキング風景だ。 (写真の場所は、BLMが管轄するDumont Dunes OHV Recreation Areaへ通じる道路の手前北側で、SR127から撮影)

<余談>
邦題「処刑人」、原題「The Boondock Saints」というアメリカ映画(1999年)がある。 「路地裏の聖人達」と直訳されている。
 
■"Boondocking"を "Dry camping"と同義にしている辞書やウェッブサイトがあるが、これは間違いだと思う。 "Dry camping"とは、水・電気・排水の接続の出来ないキャンプ場等にRVで停泊する事だ。 その場所の事を"Dry site" 或いは"Dry campground"と呼ぶ。 因みに、水・電気・排水の全てが接続できるサイトは"Full hookup site"と言う。
 
■州によって異なるが、アメリカ国内では"Boondocking"は原則禁止だ。 1980年代、RVが爆発的に増加しイメージ 1た当時、キャンプ場以外の場所で所かまわず"Boondocking"するRVerが増えた。 これが治安上の問題も発生させ社会問題となり、"Boondocking"を禁止する法律が各州でつくられ施行された。 カリフォルニア州では厳しく取り締まられている。 ロサンゼルス市内の道路端で泊まっていると、ポリスにチェックされる。 フリーウェイのレストエリア(パーキングエリア)も本来は停泊禁止なのだが、長距離トラッカーが夜に休憩(停泊)するので、大目に見られているようだ。 しかし、アメリカ東部には駐車時間を3時間等に制限しているレストエリアもあり、駐車時間超過を厳しく取り締まっている州もある。 (日本と異なり、アメリカでは乗車していても駐車とみなされる) 郊外の公共駐車場には、必ずと言っていいくらい"Overnight Parking prohibited"、"No Overnight Parking"と表示されている。 "一晩中の駐車禁止"という意味だ。 乗用車と言えども停泊や駐車は出来ない。
イメージ 8

■国立公園等の公共地域内には、一般観光客やテントキャンパー用の無料駐車エリアがあったりする。 トレイルヘッド(Trailhead)と呼ばれる場所に多い。 キャンパーは、ここに車を停めて奥地に入りキャンプする。 一晩中駐車できるのは乗用車で、ここでのRV停泊は原則出来ない。 (RVは、専用の停泊場所へ) ヨセミテ国立公園内の主要道路沿い駐車スペースは、冬季間のみ一晩中の駐車が禁止される。 これは降雪による立ち往生を防止するのが目的だ。 場所によって様々なルールがあるので、標識に留意を。
 
 
■これは実際に体験したり、見たりした事だ。 アメリカのガソリンスタンドは日本のコンビニのように食材も販売されているので、それを購入しようと立ち寄った。 時間は、午後9時くらい。 RVパークへの到着が夜遅くなり、途中で出来合いのモノで食事を済ませようと思ったのだ。 買い物を終え駐車場に向かう途中、後ろから声を掛けられた。 「ここに停泊しちゃダメだよ」。 ルールを知らない東洋人が、駐車場に停泊すると思ったのだ。
また、国定公園内の まともな道路も無い奥地でブードッキングしていたRVerがパークレンジャー(フェデラル)に注意されていた。 郊外では、シェリフやマーシャルがブードッキングしているRVerを取り締まる。
 
■以前、アリゾナ州オートマン(Oatman, AZ)に行った。 → http://goo.gl/maps/bhNwS
バーストウ(Barstow)よりインターステート40号線を東に向かい、
イメージ 10
 
イメージ 9
 
イメージ 2
 
ニードルス(Needles)で降り、山へ入る。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
そして、ルート66沿いの街 オートマンを観光。
イメージ 6
 
イメージ 7
 
その後、このオートマンからブラックマウンテンの山道を通って、キングマン(Kingman)へ。
 
サグリーブ峠(Sitgreaves Pass)で、なんと!NYからLAへ向かう日本人旅行者と出会う。 車とすれ違う事さえ稀な辺境地にも関わらず、出会ったのは日本人だった。 
 
 
 
そして、山中のルート66沿いで "Boondocking" を発見! 当時はブーンドッキングという言葉は知らなかったが、「こんな場所で停泊しちゃ、いけない」と思っていた。
 
峠を越え、暫く降ると、有名?なクールスプリングスギフトショップ(Cool Springs Cabin)だ。
日本では、駐車場等での停泊を"P泊"(ピーハク)と呼ぶ。 PはParkingの頭文字だ。 P泊を制限する法律は無く、治安が良くて"追いはぎ"に合う事も無いので、どこにでも停泊できる。 そんな状況の中、マナーやエチケットを忘れてしまった(知らない?そんなの関係ない?)RVerを時々見かける。 日本国内の旅行で、夜遅くなりP泊しようと高速道路のパーキングエリアやサービスエリアに入った時、目を疑う光景に出合う事がある。 僕は、そんなRVerと 同じエリアに停泊したくないし、周りから同じ輩と類推されたくないので、そこを通り過ぎて次のエリアへ行く。 "道の駅"でも同様だ。 少し前の事だが、TVのニュースでも取り上げられていた。 オーニングを広げたり、テントを張ったり、椅子やテーブルを出したり、トイレの手洗い場で炊事したり・・・悲しいね。
 
■RV大国 アメリカでは、ブーンドッキングやドライキャンピング時のマナーやエチケットはどうなんだろう。 上に掲載したオーニングを広げている写真は、マナー違反だ。 道路端では"駐車の域"を超えてはいけない、と思う。
 
いつか、砂漠や川岸、湖畔等、人里離れた辺境地で "Boondocking" をしてみたい!
 
<オートマンの記事を書くつもりが、"Boondocking"になってしまった(笑)>
<次の記事は、 "Dry Camping" にします>
 

<参考ブログ記事>
<参考ウェッブサイト>
 The Life of a “Boondocker” 08/25/2016 <2017年 追記>

<参考> Courtesy of RVSue 2017
How do I differentiate between dispersed camping and boondocking?

Dispersed camping to me is an area of free camping with no amenities (other than maybe a trash bin). No camp host. Campsites are not numbered, but the area may be recognized by an overseeing entity such as the forest service. People park their rigs wherever there’s a previously established site, identified by a fire ring. The area itself is “established” by frequent use over time. Examples are Ogilby Rd, Winterhaven, CA or Coyote Wells, Wellton, AZ or Plomosa Rd, Quartzsite, AZ.

Boondocking to me is a campsite away from the crowd, and often away from the usual travel routes of RVers. They usually require driving on narrow, dirt roads away from main roads, towns and residences. Boondocks are secluded and private with no close neighbors. No amenities at all.
 
I admit I blur the lines between dispersed and boondocking.

<参考 2017年4月 追記>

イメージ 11
Boondocks” is one of whisky brands as well.

END

この記事に

  • 顔アイコン

    nice

    [ qhf2o2o8b4z29z3b ]

    2012/12/19(水) 午前 11:13

    返信する
  • 顔アイコン

    夜中寝ないでブログしなくていいから。
    ヒゲもジョリジョリ生えまくり。汚そうでしょ? 削除

    [ くろまる ]

    2012/12/19(水) 午後 2:18

    返信する
  • 顔アイコン

    フジ○さん、こんにちは。
    "boondocks" や "boonies"は日頃の会話でよく使ってましたが、
    語源については全く知らずで勉強になりました。
    それと同じような意味合いでで"middle of nowhere"という事も
    多いですね。

    ぼくも"Boondocking"も1970年台の末までは常習犯だったのにその
    言い回しをした覚えもありません。そんなとこがNativeではない
    証なのかもですね(笑)

    マチス

    2012/12/20(木) 午後 1:08

    返信する
  • 顔アイコン

    またマチスです。
    ぼくはアメリカに来て今のミセスと一緒になるころからキャンプが
    大好きで連休や休暇をとった時にはたいていキャンプに出かけた
    ものです。だから常にピックアップトラックに乗ってたのですよね。

    でも一頃、1970年台にはオフロードバイクに嵌ってバイク5台も
    所有してた事もあり、数日間のBoondockingをしてきたものです。
    そのころはオフロードが流行っててあちこちの砂漠でBoondockingを
    してましたが、公共の土地で回りに人里でもなかったらほとんど咎め
    られませんでしたね。

    マチス

    2012/12/20(木) 午後 1:15

    返信する
  • 顔アイコン

    もう一度、マチスです。
    水もトイレもないそれこそBooneisで数泊したものですが、
    天候もいろいろ経験してきて、たまに満天の星空の時もあり、
    そんな夜の星は地平線までぎっしりと埋まり尽くし、
    夜は遅くまでビールを飲みながら星空を見つめたものです。

    その後人口が増え砂漠の方にも人が住むようになりオフロードバイク
    も下火になるにつれBoondockingも規制されるようになってきた
    ようですね。その時代のアメリカに住めててぼくは幸運でした。

    長々となったコメントで失礼しました。

    マチス

    2012/12/20(木) 午後 1:19

    返信する
  • 顔アイコン

    乗用車と言えどもですか?徹底していますね流石アメリカ、でもそんな時代もアメリカに有ったと言う事で日本はお手本に出来ちゃいますものね。。

    ぶる吉

    2012/12/21(金) 午前 6:20

    返信する
  • 顔アイコン

    >qhf2o2o8b4z29z3b, thx. US resident?

    ふじ○

    2012/12/21(金) 午後 6:45

    返信する
  • 顔アイコン

    >くろまる ← 家内
    あら〜、見透かされちゃいましたね。

    ふじ○

    2012/12/21(金) 午後 6:48

    返信する
  • 顔アイコン

    >マチスさん
    "middle of nowhere" 大自然を楽しむのにはイイ場所ですね。そんな場所で"Boondocking"していたなんて、羨ましいです。 それも奥さんと。 僕も"地平線までぎっしり埋め尽くされた星空"の下で、家内のくろまると"Boondocking"したいです。

    バイクにハマっていたのは、僕も同じです。バハ1000に出ていたホンダのCLやSLに憧れました! 高校生の頃、砂浜や林道を駆け抜ける楽しさを知りました。

    長年アメリカで暮らしてきたマチスさんの若い頃の光景が目に浮かびます。 マチスさんのブログで、若い頃の写真を見てみたいな!

    ふじ○

    2012/12/21(金) 午後 7:52

    返信する
  • 顔アイコン

    >ぶる吉さん
    州によって違いますが、乗用車も同様です。日本でもRVerのマナーが悪くなると、P泊は制限されてしまいそうですね。

    ふじ○

    2012/12/21(金) 午後 7:59

    返信する
  • 顔アイコン

    道の駅などでもマナーの悪い方見受けますよ、マナー良く楽しんでほしいものですよね。。

    ぶる吉

    2012/12/24(月) 午後 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    >ぶる吉さん
    マナーや礼儀の良さは日本人の美徳ですよね。一部の悪い方が、目立ってしまいます。そんな方と上手くお話できて、良い方向に持って行けたらと思うのですが、悲しいかな 中々出来ません。

    ふじ○

    2012/12/29(土) 午後 5:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事