ここから本文です

書庫全体表示

Dispersed Camping

 こんな所に停泊したい! 
 
 
<2014年追記> Carrizo Plainに停泊した記事 その1その2
 
■"Dispersed Camping"(ディスパースト キャンピング)とは、"Boondocking"(ブーンドッキング)が認められたBoonies(ブーニース=辺境地)で、孤立してキャンプする事。 そこは、辺境地の道路脇、砂漠や草原のど真ん中、不毛の山岳地、森林の中、山奥の湖畔、渓谷や川沿いの河岸、Washと呼ばれる時々水が流れる荒野、・・・誰も居ない、何も聞こえない無音の世界。 夜は、天頂から地平線まで数百億の星が夜空を埋め尽くし、時々コヨーテの遠吠えが微かに聞こえてくる。 風、水、砂、植物が囁くように問いかけてきた。 「何しに来たの?」  ・・・あっ、妄想してました。(笑)
 
アメリカ政府が所有する公共の土地(Federal Land フェデラルランド)には、制約条件があるものの、砂漠や山野等の未開地においてキャンプ可能な地域がある勿論、そこはキャンプ場ではない
 
公共の土地(Federal Land)は、場所により管轄する政府機関が異なる。 主に 以下の6局に区分される。
   米国内務省 土地管理局 BLM Bureau of Land Management
   米国内務省 国立公園管理局 NPS National Park Service
   米国内務省 開拓局 USBR Bureau of Reclamation
   米国内務省 魚類野生生物局 FWS Fish and Wildlife Service
   米国農務省 森林局 FS US Forest Service
   アメリカ陸軍工兵司令部 USACE U.S. Army Corps of Engineers
 
 
上記のロゴは、観光地等の入口にある名称看板や説明書きに貼付されているので、見る機会が多い。 「ここは、この行政機関の管轄なんだ」と。

<2015/02/05追記>州、群、市が所有する土地にも キャンプ場ではないキャンプ可能な場所がある。

■公共の土地(Federal Land)にある公営キャンプ場は、そこを管轄する各政府機関により運営管理されている。 RVを乗り入れてキャンプ出来る場所は、設備の整った"Developed Campground"から、整地されただけの"Primitive Campground"まで様々。名称は"*** Campground"***キャンプ場、又は"*** Camping area"となり、指定された敷地内でのキャンプとなる。
 
  
Recreation.govで RVsiteのあるキャンプ場を検索 (地域はアリゾナを指定)
 
地名等を入力して公共のレジャー施設を検索する政府のサイトRecreation.govは、上記の行政機関を網羅していて、公営キャンプ場探しに抜群だ。 その地名近隣に存在するキャンプ場一覧表は勿論、地図上に該当箇所をマークしてくれる。 また、地図上で公園等を選べば、そのエリア内にあるキャンプ場をリストアップ。 同時に該当行政機関や そのエリアの紹介(最新の道路状況も)、天気予報サイトへのリンクも表示する。 メンバー登録すれば、キャンプサイトを指定した予約もできる。
 
 
 
残念なのは、このサイトに未だ登録されていない公営キャンプ場が多い事だ。 "FCFS Campground"(FCFS=Ffirst-come First-served=早い者勝ち)だと、有料であっても登録されないようだ。 
具体的には、FS管轄のアリゾナ州のトント国立森林公園( テオドール・ルーズベルト湖畔に数百サイトを有するキャンプ場が複数あるのだが、表示されない。 また、BLM管轄の"LTVA"(Long Term Visitor Area)は登録されているが、記事Quartzsite, AZ で触れた無料の"14-day Camping Area"もFCFSなので表示されない。 FWS管轄のキャンプ場もFCFSが多く、表示されない。
 
■"Dispersed Camping"するのに なぜ公共のレジャー施設を検索する政府のサイトRecreation.govで 公営キャンプ場を探すかと言うと、その土地周辺を管轄する政府機関が分かるからだ。 勿論、土地(Federal Land)を 管轄政府機関別にを色分けした市販地図もあるし、西部の州ならば Public Lands Information Centerというウェッブサイトもあるのだが、ウェブでは 大まかなエリア管轄しか分からない。
 
 

<2016年追記 Public Lands Information Centerがリニューアルされていた>
イメージ 2 イメージ 3
左:Public Lands Information Centerのアリゾナ州 右:レイクハバス(Lake Havasu)周辺
土地のステイタスがインタラクティブに表示され、後述のBLMウェブサイト並になった。
<追記は、ここまで>

Recreation.govで、その地域を管轄する行政機関を調べ、リンクしている行政機関のウェッブサイトへ行く。 更に現地事務所を特定すると、その地域の"Dispersed Camping"可能場所やルール等の情報を得る事が出来る。 旅行中なら、現地事務所(Field Office)に寄って"Boondocking"出来る場所を紹介してもらい、併せてキャンプファイヤーの許可(無料)を得る事が可能だ。
 
■"Dispersed Camping"に寛容な土地管理局BLMは、各州BLMのウェッブサイトに BLM Landを示す地図を掲載している。 特に アリゾナ州は、"Dispersed Camping"可能な地域を示す地図になっている。
 
  
 
"Dispersed Camping"の基本的な条件は、次のようになっている。
  • 進入禁止エリアや キャンプ禁止エリアでは、キャンプ禁止
  • 通行の妨げにならない事
  • 14日間以内、以降は半径25マイル以上離れる (30マイル指定もある)
  • 水場から少なくとも200フィート(大人の80歩)以上離れてキャンプ
  • Pack It In, Pack It Out ゴミは持ち帰る
  • 上記は、BLMカリフォルニア州のDesert_Camping.pdfより抜粋
この条件は、魚類野生生物局FWSや森林局FSの管轄エリアでも共通する内容だ。 詳細は、BLMウェッブサイト等で再確認。
 
BLM Landの分布詳細は、GeoCommunicatorでも調べる事が可能だ。 これを使えば、辺境地の隅々まで分かる。 因みに 以前の記事、"Boondocking"(ブーンドッキング)で掲載した現場=右写真 オートマン(Oatman) サグリーブ峠(Sitgreaves Pass)を Interactive Mapsで調べて見た。 すると、そこはBLM Landで ブーンドッキングしても良い場所であった。
 
 
■長々書いてきたが、インターネットで"Dispersed Camping"する場所を探すには、"Boondocking"をキーワードに ググれば早い。 また、会員登録が必要なサイトPOI FactoryでもGPSデータが得られる。 アメリカはRV大国なので、Boondockingしながら旅をしているブロガーも多く、そのブログが参考になる。 行ってみたい地域で"Dispersed Camping"する場所の参考になるウェッブサイトもある。 rv-camping.orgだ。
 
 
■全く知らない土地で 自分の好きな"Dispersed Camping"エリアをピンポイント見つけるのは難しい。 予め、行きたい場所を管轄する行政機関の現地事務所(Field Office)に寄って、お勧めの"Dispersed Camping"エリアを紹介してもらうのが最善かもしれない。 それを可能にするのは、英会話なのだが・・・
 
<次の記事は、 "Rest Area" にします>
 

<2013/08/27追記>Dispersed campingの予定/計画 「小さな願いが叶いそうだ

<2013/10/03追記> 砂漠の中でDispersed campingを初体験 「モハベ砂漠 ケルソ砂丘に登る

<2014/04 追記>  Carrizo Plainのキャンプ場に停泊 「アメリカ縦横断モーターホーム旅行1-(5)2-(1)

<2015/02/05追記>
公共のキャンプ場全て(2万か所以上)を地図から検索できるウェブサイトが出現した。
→ Ultimate Campgrounds http://www.ultimatecampgrounds.com/ (2008年公開〜2016年閉鎖)

<2016/07/19追記>
私設から公営まで 280,000ヶ所を超えるキャンプサイトが登録されている。
2013年アメリカのガバメントシャットダウンが契機で創られたサイト。
→ HIPCAMP https://www.hipcamp.com/ (2013年6月〜)

<Jan. 2016> Rest Areaの記事を追加しました。Rest Area in the US アメリカのレストエリア

<2017年 追記 参考サイト>

<参考> Courtesy of RVSue 2017
How do I differentiate between dispersed camping and boondocking?

Dispersed camping to me is an area of free camping with no amenities (other than maybe a trash bin). No camp host. Campsites are not numbered, but the area may be recognized by an overseeing entity such as the forest service. People park their rigs wherever there’s a previously established site, identified by a fire ring. The area itself is “established” by frequent use over time. Examples are Ogilby Rd, Winterhaven, CA or Coyote Wells, Wellton, AZ or Plomosa Rd, Quartzsite, AZ.

Boondocking to me is a campsite away from the crowd, and often away from the usual travel routes of RVers. They usually require driving on narrow, dirt roads away from main roads, towns and residences. Boondocks are secluded and private with no close neighbors. No amenities at all.
 
I admit I blur the lines between dispersed and boondocking.
END

この記事に

  • 難しい(*^^*)
    外国でキャンプしたこと無いもんでm(__)m

    でも一つ、ごみは持ち帰るは各国共通。
    日本ではマナー違反も居りますが(T-T)

    セブン

    2013/1/10(木) 午前 10:22

    返信する
  • 顔アイコン

    >セブンさん
    半ば備忘録のように書いていた記事にコメントを頂き、嬉しいです。

    外国の それもキャンプ場ではないエリアでのキャンプですから、状況把握は手間が掛かります。 そんな厄介なキャンプですが、キャンピングカーなので場所さえ見つければ、テントキャンプと異なり 楽なレジャーです。

    砂漠のど真ん中でも空き缶を見つける事があります。更に弾痕まで付いていたりします。分かっていてもポイしちゃうんですよ。何処の国でも一部のマナー違反者の痕跡だけが、何十年 何百年も残っていますね。 悲しい事です。

    ふじ○

    2013/1/10(木) 午前 11:53

    返信する
  • アメリカ(カルフォルニアだけど)に50年も住んでてキャンピングも
    Boondockingも沢山してきた積りだけど、ふじ○さんの記事からは
    そんなこちらの住民にもいろんな事を習える情報がぎっしりと詰まってますね。
    でも泊まってみたいところの一つにぼくらがいつも行くラスベガス
    近郊のRed Rock Canyonがあったのは嬉しいですね。
    そこのトラバをさせて下さいね。

    マチス

    2013/1/10(木) 午後 2:45

    返信する
  • さすがいろいろと勉強になります(^^♪
    いつかは本場アメリカでキャンパー満喫!
    人生観が変わってしまいそうです(笑)

    こじお☆

    2013/1/10(木) 午後 8:58

    返信する
  • 顔アイコン

    >マチスさん
    いや〜、アメリカ在住のマチスさんに このようなコメントを頂けて 最高に嬉しいです。
    自分のアメリカでの経験の少なさから、アメリカの英文ウェッブサイトを拝見しながら情報を収集しています。ですから、誤訳により僕の記事に間違いがあるかもしれません。そこが一番の心配なんです。 もしも、マチスさんが「あれ?」と思われる内容があれば、ご遠慮無くコメントを頂けると嬉しいです。 記事に訂正を追記したり 更に調べて、ご覧になる方々の参考になればと思います。

    ラスベガス周辺には、行ってみたい場所が沢山あります。 その中の一つがRed Rock Canyonです。 写真で見るよりも 遥かに素晴らしい場所なんでしょうね。 行きたい場所が有り過ぎて、「アメリカに移住しないと無理かな?」なんて考えてしまいます。(笑)

    ふじ○

    2013/1/11(金) 午後 0:57

    返信する
  • 顔アイコン

    >マチスさん
    トラバ、ありがとうございます。 記事(前後も)を拝見いたしました。 花やジュシュアツリー、様々な表情の赤い岩、あ〜早く行ってみたいなと思う景色です。 こんな素敵で大規模なジオパークが大都市の近くにあるのですから、アメリカはユニークな国です。 この記事の写真に引き込まれてしまいました。http://blogs.yahoo.co.jp/clematis_gdn/61659912.html

    (インターネットを普及させた前副大統領ゴア氏に感謝!)

    ふじ○

    2013/1/11(金) 午後 0:58

    返信する
  • 顔アイコン

    >こじお☆さん
    僕も記事を書くことで、勉強になります。
    いざ書こうとすると「あれ、そうだっけ?」となり、調べ事が多くなります。
    「いつかは本場アメリカでキャンパー満喫!」早く実現出来るといいですね。 アメリカ〜んな こじお☆さんですから、ブログタイトルも"キャンピングトレーラーにドップリ住んでみる暮らし" に変わって、アメリカに移住してしまうと思います!(笑)

    ふじ○

    2013/1/11(金) 午後 1:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事