ここから本文です

書庫全体表示

 
一昨日、相模原市 緑区根小屋クロコアートファクトリーさんへ行って来た。 自宅から約 30km、約 1時間の距離で、津久井湖の近くに位置する。 目的は、ユニークなトレーラー "Roomette (ルーメット)"の視察だ。 ジャパンキャンピングカーショーで Roomette を見ていたが、情報が不足している。 本格的な「プラン 3」検討には、製作現場でしか得られない 多くの情報が必要なのだ。
 
 
■この記事は、内装編。 撮らせて頂いた写真を基に 気になる箇所を確認してみる。 ここからの写真は、クロコアファクトリーさんのご厚意で、パソコン画面を撮影させて頂いたモノ。
 
イメージ 6
デザイン系で使用するマシンは、やはりマックですね♪
 
 
イメージ 8 イメージ 9
 
イメージ 10 イメージ 9
Roometteは、ドンガラ状態での販売が標準。 従って、構造材がむき出しの状態で、内装は何もない。
始めの作業としては、配線、配管の敷設、 断熱材と 内壁の貼り付けとなる。
断熱材は住宅用ではなく、車両専用のもの。 住宅用は吸湿してしまうので、適さないとの事。
 
 
イメージ 11
内壁が完成した状態。 ここまでで、約 30万円を要す。
 
 
イメージ 12 イメージ 13
 エアコン室内機の取り付け。 進行方向の前面壁への取り付け。
エアコン室外機は、トレーラーシャーシ前方に設置。
 
 
イメージ 14 イメージ 2
 
イメージ 3 イメージ 4
 
イメージ 5 イメージ 6
 家具や備品の取り付け。
内装は、お客さんの要望次第で、いかようにも出来る。
 
 
 
イメージ 7
岩手 釜石 カフェ&バーさんのトレーラー。 左エントランス。
 
イメージ 2 イメージ 10
 
イメージ 1 イメージ 9
 東日本大震災の復興支援に来てくれた方に恩返ししようと 全国を巡っている。
現在は九州にいらっしゃるとの事。 当初の赤いラインから、青に変更されているらしい。
 
 
 
イメージ 13 イメージ 3
 
イメージ 1 イメージ 1
これも岩手で、クレープ屋さん。右がエントランスで、左 = 歩道側が窓。
窓はセキュリティを考慮し、ガラスではない。
ボディは初期型で、Roometteの第一号車だ。 (ドア等の形状が角ばっている)
 
 
 
イメージ 11
山形の方?
 
 

現在、4名の方がRoometteを使用、又は使用予定だ。 (岩手2台、山形1台、愛媛1台)
何れも 移動販売店、移動飲食店用のトレーラーで、キャンピング仕様は 未だ1台も無い。
 
販売の標準は、ドンガラ状態。 このクロコアファクトリーさんは デザイン主体の会社なので、
僕の推測だが「内装まで手掛けた車両の販売は、最初のうちだけにしたい」という思いがあるようだ。
特殊車両の量産販売会社では無い。 従って、
ドンガラで、お客様に引き取ってもらい、内装はお役様にお任せする。 これが基本方針では?
 
既にRoometteの量産体制が出来ているそうだ。 この工場ではなく、別の工場になるとの事。
 
このRoometteをベースにキャンピングトレーラーを死蔵販売するメーカーが現れるかもしれない。
 

 
 イメージ 3
雑誌の取材で使用されたRoomette。 → 2月25日発売の八重洲出版「トレーラーfan2013」
 
イメージ 6 イメージ 7
 
イメージ 8 イメージ 9
 お洒落なプレイルーム♪ お子さんが喜びそう!
 
走行編へ つづく。
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事