ここから本文です

書庫全体表示

Image of collapse

 倒壊のイメージ  
 
イメージ 1
 
■リスクマネジメントとして考えておかねばならない、ガレージの倒壊。 地震や台風、積雪で被害を受けるとしたら、上図のような変形〜倒壊であろう。 こうならないように Steel Master社で強度計算し、板厚を決定しているのだが、想定数値と安全率次第で大きく変わる。
 
前提条件として提示したのは、台風の風速 : 30m/s と 積雪 : 30cm。 この2項目は、最初のメールで質問された項目だ。 地震については質問されなかったので、提示していない。 形状や材質からすると、地震は問題外だと思う。
 
■万が一、上図の状態に陥ったとしても、崩壊して近隣に迷惑を掛ける事は無さそうだ。 外壁板は全てボルトで締結されているので、分解〜飛散の可能性は非常に低い。 基礎から躯体が外れなければ、吹き飛ばされる事も無い。 建屋の強度を確保する上で重要なのは、基礎及び、基礎と躯体の締結強度だ。
 
イメージ 2 イメージ 3
Panel Steel Buildings社のH.P.に掲載されている崩壊の写真。
こんな写真も正直に掲載している会社は、信用出来る。
今回の購入先である Steel Master社は大丈夫か?
 
変形した建屋を解体するのは危険が伴いそうだ。 弾性を内包した状態で、ボルトを外す事になるから。 多少の変形なら、クルマの車体を矯正するのと同じように引っ張れば治せる。
 
■僕は建築家では無い。 また、レンダリングによる強度解析をした訳ではない。 工法開発や産業設備設計〜製作に携わってきた知識や経験から、変形を上図のように想像した。 外部から力を受けると、開口部に応力が集中するからだ。 この変形を抑え込むのは難しい事では無い。 最も折れ曲がっているのは胴体中央の開口部と その反対側だ。 反対側が建屋内側に凹んでいるから、ここに補強用の梁を追加すればイイ。
 
 
これまでSteel Buildingの倒壊例はあるのだろうか?
Steel Master社のジェッリーに聞いてみよう。
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事