ここから本文です

書庫全体表示

 スチールビルディングは、火災に強い  
 
イメージ 1
Photo from their Customers
 
■前の記事で風や積雪に対する懸念を書いたが、ここでは火災について。 画像検索で 幾つかの火災現場の写真を見たが、どれもアーチの原形を留めている。 スゴい! 熱には強いようだ。 上図のオーナーによると、「端面の壁とグラスファイバー製の採光パネルは燃えたり融けたりして無くなったが、本体は残った」との事。 Steel Master社の建屋を絶賛している。
 
イメージ 2 イメージ 3
別の火災の写真。 ここでもアーチは無事である。
 
■火災に強いからなのか、消防署等の建屋としても採用されているようだ。 消防署が燃え崩れないように…って、消防署も火事になるの?
 
イメージ 4 イメージ 7
 
 
このスチールビルディング。 北米では、メジャーなんですね。
画像検索すると 沢山の写真が出てくるし、建築施工業者も沢山ある。
 
 
おまけ
左下のガレージは、ClassA Motorehomeに対して小さすぎるでしょ。
右下のガレージは、余裕の大きさだね。 このユッタり感が、イイ。
イメージ 5 イメージ 6

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事