ここから本文です

書庫全体表示

 スチールビルディングは、竜巻にも耐えた  
 
イメージ 1
Tornado_Destruction
 
■周囲の建屋はバラバラに倒壊したのだが、スチールビルディングは耐えた、らしい。 変形した部分を 部品で交換すれば、治せる。 これもスチールビルディングの良い所。 思い出した! 忘れないように ココに書いておこう。 ”購入の際には、スペア部品を数個付けてもう”
 
 
イメージ 2 イメージ 3
Mississippi River floods in 2011
残ったスチールアーチと 倒壊したスチールハウス
 
■洪水にも強いらしい。 これなら安心だ。 そもそも、基礎がしっかりしていて 基礎とアーチの締結が分断されなければ、吹き飛ばされたり流されたりしない。 基礎が重要なのだ。
 
下の動画で基礎の打設が紹介されているが、これでは少し浅すぎないかな。 アンカーを打つ縁は50cmほど掘り下げないと。
 
 
あの砂漠ばかりの アリゾナに こんなフサフサ芝生の場所があるんだね。
 
フェイスブックに様々な写真が掲載されている。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事