ここから本文です

書庫全体表示

Unlimited Aviation #2 Reply

 Gr8! Give Me Five!!! 
 
イメージ 3
Fujimaru is Ready to Fly!(この図は僕が作成した架空のチラシ)
 
■以前の記事”Flying Over The Wave Helicopter Tour”で紹介した ”Customized Helicopter Tour”の件を進めている。 交渉の相手は、ホームページを見る限り融通の利きそうな小さな新会社だ。
 
■一昨日、催促の電話をした。 そして、先ほどFAXが来た! え〜、なになに・・・
 
イメージ 2
 
■ビュートに着陸する標準ツアーをアレンジしたカスタマイズフライトではないようだ。 予想通り、チャーターフライト希望通りの飛行ルートが実現可能だ。 ビュート着陸〜休憩〜離陸を含めたトータルの飛行時間は、2.5時間。 チョッと長い、かな。 2時間にするには、船で苦労無く行く事が出来る Rainbow bridgeを省略せざるを得ない。
Navajo Nation Fee とは、ナバホ族居留地の公園を低空を飛行する場合の料金。 ナバホ自治政府に支払われるもの。 これは、モーターパラグライダーで飛行しても徴取され、料金はUS$5/person。 ヘリや小型飛行機は、いくらなんだろう。
 
■やはり、ヘリコプター 且つチャーターとなると料金は割高だ。 小型飛行の標準ツアーは、US$200/時間を少し下回るくらい。 ヘリコプターの標準ツアーは、これの5割増で、300くらい。 更にチャーターとなると 2倍の600か。 でも見積は、これより少し高い。 ま〜、滅多に無いチャンス。 ”The Wave の上空、初飛行”と言う事で、止むを得ないか。
 
出発時間は、アリゾナ時間の午後2時にしよう。 The Waveの抽選がユタ時間の9時。 当たったとして、説明があってKanabを周発するのが9時半。 74マイル西のPageには、11時(アリゾナ時間の10時)に到着。  ページの街の周辺を観光して食事したら、ちょうど良い時間だ。 ”フライトの30分前までに空港に到着”と、他社ツアーの注記に書いてあった。
 
フライト時間調整、出発時間の通知
チャーター単価交渉
ドア無し飛行!”のリクエスト
料金支払方法の確定
 
さ〜ぁ、本題は これからだ。
 
イメージ 1
ウェイブの上空 (グーグルアースより)
バスケットボールコート(10×20m)ほどの面積
 

  • 顔アイコン

    とりあえず、実行可能なプランになったってことですね^^。
    こうなれば、是非、The WaveのFly byも実現させて欲しいものです^^。

    しかし、気になるのはコストですね。うちの近所でヘリ1時間借りたら20〜30万円くらいした筈なので、アメリカではそこまで高くはないけれども、決して安くはないでしょうから。がんばって下さい^^。

    戯言♪

    2013/8/4(日) 午後 10:15

  • 顔アイコン

    >戯言♪さん、おはようございます。 コメントありがとうございます。

    お陰様で飛ぶ事自体は問題無いです。 例え3回の抽選に外れたとしても The Waveが見れるのですから満足できるかもしれませんね。

    今回のヘリチャーターは、日本の1/3〜1/4くらいのコストでしょうか? これまで調べた限りでは、ヘリや小型プロペラ機において日本の1/10くらいと試算していたサイトを見ました。

    コストの交渉は英語が苦手な僕では上手くいかないかも。 ほどほどで妥協し、運行時のサービスに期待します。

    ふじ○

    2013/8/5(月) 午前 8:46

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事