ここから本文です

書庫全体表示

Bisti Hiking Map & GPS

 砂漠のハイキングは、大変だ 
 
イメージ 6
 
■今秋のアメリカ旅行のルートを設定した。 今回は強烈に欲張った内容で、上図に示すルートを6日間で走破する。 正に爆走2千マイル(3,200km)! 爆走夫婦 ふじ○、くろ○に ピッタリの旅だ。(笑) 更に ヘリコプターでのチャーターフライトも組み込んだ。 何度も行った場所が数ヶ所あるが、何故、また訪問する事になったのか? 理由がある。
 
■日本からの同行者(ご招待)が1名いる。 日本在住の中国人女性♪で、アメリカ旅行は今回が初めて。 中国国籍では、ESTAでビザ申請出来ない。 Webで書類を作成してビザ申請した後に 六本木のUS大使館で面接、その後に ビザ発給となる。 手続きは、いくつかの書類が必要で 準備を託された僕は勉強になった。
 
■旅の要となるのは”The Wave”と”Bisti Badlands”。”The Wave”は現地抽選で当選した場合のみ訪問。 地図上のルートは、1回で当選した場合。 3日間 3回の抽選に挑むので、外れた場合の代替観光ルートも別途設定した。 抽選結果次第の旅程なので、移動と宿泊はモーターホーム。 だから、宿泊施設の予約はしない。 RVパークには、3日間だけ停泊。 宿泊費は、6日間 3人分合計で US$86(=0+0+27+0+12+47)。 その代り、モーターホームのレンタル代がかかる。
 
■”The Wave”でのトレッキングは欲張らない。 BLMで頂く書類に沿って歩くのみ。 (実は体力が無いから)
ヘリコプターで”The Wave”の上空を低空飛行し、空からも楽しむ。 奇抜なプランなのだ。
 
■今回、最も苦労したのは”Bisti Badlands”のハイキングルートの設定。 なにせ、道(トレイル)が無い! 事前に Webで見どころポイントを探し、歩くルートを組み立てる。 そして 砂漠の中を 地図を片手に周遊する。 GPSが無くても紙の地図で行けるが、今回はハードスケジュールなので、時間ロス防止が重要なのだ。 下記で紹介するのは、3ヶ所のハイキングの中で 最も長いルート。 全長10km強になる。 ハイキングと言うより、アドベンチャーだ!
 
■さて、通常 GPS(今回はカーナビ)でルート設定が出来るのは、道路が有る場合。 これはグーグルマップも同様で、道の無い場所ではルート設定出来ない。 そこで、どうするかというと、グーグルアースで『パス』を作成し、KMLデータで出力。 KMLファイルを GPXファイルに変換し、GPSへ転送する。 GPSが機能すれば、砂漠で迷子にならずに 時間ロスが防げる。 ※この手順やデータ変換については、後日の記事で。
 
 
イメージ 1
Google Earth の画面
 グーグルアースを使い ポイントやルート(青線)を手動で設定する。
(ポイントは、Google Mapで作成できるKMLファイルで転送してもよい)
※地形を分かりやすくするために 朝日が昇り始めた時間にしてある。
 
 
イメージ 2
Google Map の画面 (砂漠なので、何も表示されない=道が無い)
先ず、Googleのフォーラムに Google Earthで作成したデータを投稿。
投稿したデータをGoogle Mapで読み込むと、グーグルマップ上でも ルート等が表示出来る。
青線:ハイキングルート、緑線:自然保護区の境界線
 
 
イメージ 3
紙の地図
USGSMap Locator & Downloader で入手した地形図に ルートやポイントを画像合成。
これは、手持ちの紙地図としてハイキングに持参する。
万が一の時は、コンパスと デジタルカメラに内臓されたGPS(緯度経度表示)を使う。
 
 
イメージ 4
GPXデータ(ルートデータ)を カーナビに転送。 道が無い場所でも ルート設定出来ている。
(ポイントデータも転送しているが、この縮尺で表示するとゴチャゴチャなので、ここでは非表示)
自分の現在位置が三角カーソルで表示され、ピンクのルートから外れないように歩けばOK!
 
 
イメージ 5
上のGPS(garmin Zumo550)に 携帯電話用の外部バッテリー5000mAh(18.5Wh)をつなぎ
室内で連続稼働時間をチェックすると、バックライト輝度80%で約6時間だった。
屋外での移動時は、衛星電波を受信するから もう少し悪いかも。
 
 
電池のパワーよりも 自分の体力の方が心配なのだ。
 

  • 顔アイコン

    準備万端って感じですね^^。旅行の時期に残暑が残っていなければ良いですね。
    それと、Bistiもウォッシュ近辺にあるので雨の影響がなければ…。

    晴れていれは最高気温は25度前後と考えられるので、日陰の無い場所でのハイキングは、暑さ対策や紫外線対策もそれなりに必要となるのでしょう。さらに不整地でのトレッキングという事を考えると、3人のパーティーで無事ルートを回る為には、色々と考慮が必要なのでしょう。準備、頑張って下さいね^^。

    高低差が少ないのが唯一の救いです。ご安全に^^。

    戯言♪

    2013/8/16(金) 午後 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    >戯言♪さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

    残暑で気温が30℃を超えるようなら、ルートはショートカットしていかねばなりませんね。4時間も掛かりますから。
    ここは、ハンターとアラモウォッシュがあって、駐車場やキャンプ許可地はこのウォッシュのど真ん中なのです。 雨が降ると湖のようになる事を知っています。

    気温や雨など天候次第では大変な状況になりますので、現地では十分な注意とリスクヘッジが求められますね。

    先日、猛暑の中 3人で都内を15kmほどハイキングしてきたのですが、家内が縁石につまずいて転倒。これは良い教訓になりました。 戯言さんが仰られるように”色々と考慮が必要”ですね。

    想定外が発生しないように 準備を進めます。

    ふじ○

    2013/8/17(土) 午前 5:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事