ここから本文です

書庫全体表示

初代iPad 復活

 新品 iPadが返送されてきた 
 
イメージ 2
新品に変更された初代iPad
(既に以前使っていたディスプレイ保護フィルムを貼っている)
 
 
■死亡した初代iPadを修理に出して1週間。 先日、修理から戻って来た。 代引きで¥21,800。 箱を開けて電源スイッチを押すと・・・ 「あれっ、感触が違う」 良く見ると新品のiPadだった。 修理ではなく、交換だ。 と言う事は、バッテリーも新品になっているのか?
新品とは言っても初代で、重くて厚い。 この一週間で小さくて軽いiPad miniに慣れていた。 だから、ズッシリと その重さを左手に感じた。
 
電話会社のSIM Cardを差したまま修理発送してしまったのだが、これは3日後に単品で返送されて来ていた。
 
■電源ONすると、iTunes接続の絵の画面。 2時間程充電。
 
イメージ 1
 
■アクティベートして使えるように。
返却時の初期状態のバージョンは ios 4.3.5。 バックアップを保存していたパソコンを故障で破棄して以来、バックアップの無い状態で使っていた。 だから、使っていたiosのバージョンは不明。 特に元に戻す有料アプリもデータも無い。 一通り使えるようにして、パソコンにバックアップを作成した。 これまでのアップルIDは、既にiPad miniに移行しているので、新たなIDの作成が必要だった。
 
■さて、iosのバージョンアップをどうするか?
悩んだ。 また、おかしな状態になってしまうのが不安だ。 使い慣れた環境を再現して使いたいのだが、使い慣れた環境のiosのバージョンが分からない。 特にブラウザSafariと標準地図アプリの連携が崩れるのも困る。 また、標準地図でストリートビューが見れなくなっても困る。 今となっては、初代iPadの情報は希少で調べても良く分からない。 やってみないと分からない。 しかたなく、・・・
 
イメージ 3
 
■初代iPadが対応可能な最新ios 5.1.1にする。
やはり、このバージョンは使い慣れた環境ではなかった。 ブラウザSafariと標準地図アプリの連携が崩れ、ブラウザで地図情報のリンクをクリックすると、Safariの別画面でグーグルマップが開いてしまう事もある。 これはこれで便利なのかもしれないが、やはり地図は使い慣れたモノがいい。
 
■電池の充電タイミングが制御されているのか?
電源スイッチで休止させ ケーブルをつないでも、残量が80%以上あると充電を開始しない。 起動時も 右上電池のインジケーター横に「充電していません」が表示されている。 でも、両者の状態でも、暫くすると電池残量パーセント数が1%上昇している。 これは誤差か? 長時間ケーブルをつないでいないので、この現象は確認不足。
リチウムイオンバッテリーの特質や寿命を考えると、充電タイミングの制イメージ 4御は良い事だ。 しかし、屋外に持ち出す前にフル充電する事が出来ない。 これは不便だ。
 
■充電の状態を示す電池の絵の画面が復活。
50%を下回ったのでケーブルをつないで充電しようとすると、「ピロッ」と鳴った。 この画面を見るのは、久しぶり。 故障した初代iPadは、1年ほど前から完全に電源を切らないと充電出来なくなっていた。 作動状態や休止状態では充電出来ないと言う不便な状況だ。 今回、新品になったので、この不具合は解消された。
  
 
■iosのバージョンを4.2.1にダウングレード。
ダウングレードしようと思ったが、もう少しios 5.1.1で使ってみよう。
 
 
少々重いけど、やはり画面が大きいって、いいね。
 

  • 顔アイコン

    appleは全て新品交換みたいですね、ウチもiPhone4Sの修理を問い合わせたら交換ですって。
    もっとも、あれだけ細かな部品を交換する方が難しいかも。
    今のが黒だから、気分変えて白に交換してくれないかな?って。

    [ よんちゃん ]

    2013/8/17(土) 午前 10:39

  • 顔アイコン

    >よんちゃん、こんにちわ。コメントありがとうございます。
    うちは修理だって言われましたが、あまりに返送が早かったので新品交換だろうな、と推測してました。

    確かに詰め込まれた製品の修理は面倒でしょうね。原因特定に時間もかかったら、修理コストに跳ね返ってしまいますから。

    僕はレティーナディスプレイの新品でも良かったかな?
    そうしたら、使いにくい所は目を瞑る。(笑)

    ふじ○

    2013/8/17(土) 午後 5:13

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事