ここから本文です

書庫全体表示

 写真を整理していて思った。こんなハズじゃ・・・ 
2013年秋 モーターホーム旅行を振り返って
 
イメージ 1
Canon Map Utilityで、僕のCanon 7Dで撮影した GPSデータ付き写真のみを表示。
※赤いピンが撮影した地点で、それを結ぶと 実際の飛行ルートになる。
 
 
■アメリカ旅行から帰って来て、楽しいハズの写真整理。 ところが・・・”ココ”については思うように撮影出来ていない。 同行者の技量や理解力を過信していた。 正直を言えば、ココ The Wave 空撮は全く残念な結果。 動画すら撮影されていない。
 
 
イメージ 3
青線が計画した飛行ルート。 天候や時間の制約により、計画通りには飛べなかった。
※この図は、フライト前にパイロットとの打ち合わせに使用した資料の一部。
 
 
イメージ 2■フライト当日は悪天候。 雲の切れ間を縫って ページ空港を飛び立った。 ”ドアを外したヘリコプターフライト” なので、当然、キャビン内に強い風が巻き込んでくる。 陽が射していない大地や上空の温度は低くて当たり前。 初めての空撮で舞い上がっている僕。 なので、パイロットへの指示で精一杯。 同乗者は、放任状態での撮影になっていた。
また、The Waveの認識について、パイロットと僕にズレがあった。 カール氏は、上空から周囲全体をThe Waveと認識している。 僕は、バスケットボールのコートサイズのエリアだと認識していた。 そこは、写真でしか見た事が無い場所。 その写真は、The Waveの一部だった。 正に 僕は井の中の蛙だった。
 
 
撮影が目的ではないが、写真が少なかったり 動画が無いのは とても残念。
今回 9/8のフライトで ”The Waveを肉眼で見たから、それで十分だ” と自分に言い聞かせても・・・
 
 
やはり、再チャレンジするしかない!
陸から、そして空から。
上空から見下ろした感動を もう一度味わいたい!
 
 

  • 顔アイコン

    写真の整理、お疲れ様です。
    ヘリはやはりVFR(有視界飛行)で飛んだのですよね。実飛行ルートを見て、なんだか納得しました。目的地へ飛ぶことは意外と難しいことなのですね。ましてや、行ったことの無い場所なんて。

    スチームボートロックへ行くのは予定外では?と思いましたが、予定にホワイトポケットが入っていたのですね、納得。パイオニアには人知れない苦労がありますね。
    来月のThe WaveとPoint X行きで、下見にヘリを借りるか、まだ決めあぐねています。

    戯言♪

    2013/9/24(火) 午後 9:38

  • 顔アイコン

    >戯言さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
    VFRです。大まかな方向へはパイロットが連れて行ってくれますが、そこからはパッセンジャーの指示によるフライトに。何も指示を出さないとお任せフライト。

    飛行前の打ち合わせで、天候と時間の制約でコースやポイントを変えました。元々2時間では無理だと言われてましたので、雲や雨の状況を考慮し、数ヵ所を削りました。

    当日は曇りだったので太陽の位置による方向確認が出来ませんでした。コックピットの計器で進行方向が分かっても、現在地点が分からなければ意味が無いですね。時々雲を避けられず霧雨の中を飛び、視界は真っ白。 ウェイブ付近で僕は全くの迷子状態。 運よくTop Rock Archを発見したところで、現在地が分かりました。

    まぁ、こんな悪天候でも飛べただけでラッキーだったのです。

    ふじ○

    2013/9/25(水) 午前 3:12

  • 顔アイコン

    >内緒さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
    全く支障ございません。今後のフライトに関する詳細記事につきましては”お友達限定”になります。
    お友達として登録された方以外は閲覧できなくなってしまいますので、宜しければ お友達登録をお願い致します。

    ふじ○

    2013/9/25(水) 午前 3:18

  • 顔アイコン

    返信&諸々ありがとうございます。

    と、いうことは、パイロット氏は、The Waveのおおまかな位置は元々わかっていたのでしょうか?GPS使ってアプローチしたのですか?それともやはりVFR?。
    一時雲に入って飛行、ということは巡航時の高度は6500ft程度を飛んでいたのでしょうか?いろいろ聞いて、申し訳ありません。

    戯言♪

    2013/9/25(水) 午前 7:06

  • 顔アイコン

    >戯言さん、こんばんわ。 コメントありがとうございます。
    この辺を専門に飛ぶパイロットですから、彼はThe Waveの位置を知っています。そして、GPSを見る事はありませんでした。色々知っているので、VFRで何処へでも行けそうですね。
    ただ、The Waveの認識が、そのエリア全体としていた事です。 勿論、中心となるエリアも分かっています。 打ち合わせの時に写真で指定ルートに納得していましたから。

    巡航時の高度は1,500mくらいでしたから、6500ftよりも500mほど低いですね。 雲が垂れ下がっていましたから、高度が低くても雲の中に入ってしまいました。

    この辺の状況については 次の記事「”ドア無し”ヘリコプターフライト」に記載していますので、読んで頂けると嬉しいです。

    ふじ○

    2013/9/25(水) 午後 5:17

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事