ここから本文です

書庫全体表示

 28日目の停泊は、Cabela's Parking Lot, IL 
 
これまでの旅行速報 ”アメリカ縦横断 2013**** **” へのコメント、ナイス、ありがとうございます。

返コメは後日になりますが、どうか宜しくお願いします。

※旅先の深夜、ほぼ居眠り状態でブログを書いていますので、乱筆ご容赦下さい。 

今日は日本で使用している僕のモーターホームを製造した会社を訪問し、その後シカゴへ移動。
 
イメージ 1
 Google Map → http://goo.gl/maps/usfjq

 
ミシガン湖の東側は、戦時中 軍用機が製造されていた地域。 そこが今やRVの生産地に代わっている。
 
イメージ 5


イメージ 63
朝、フロントフードが凍った。

イメージ 64
ビンテージエアストリームがレストアエリアのガスステーションに入って来た。 

イメージ 52
今日の日の出は、6時30分。 朝陽が眩しい。
この時刻は、日本時間だと午後9時30分になる。
 
イメージ 7
今朝のインターステーツ90号線沿いのハウサービスプラザ。
90号線は有料のインディアナトールロードになっているので、レストエリアには商業施設がある。

今日の訪問先は、ここから約30マイル(約30分)なので、朝食後は売店で暇つぶし。

イメージ 54
このレストエリアHardee's Howe店で、アメリカ各州のマグネットとボードを発見。
US$100超なので迷ったが、売店のオバちゃんと値引き交渉の末、一式購入。
1人で一つ二つと買う人が殆どの様で、「全州欲しい」と言ったら驚いていた。

イメージ 65
レストエリアの外側は、長閑な酪農地帯が広がっている。

イメージ 55
ニューヨークとサンフランシスコを結ぶ大動脈インタステーツ80号線は、トラックが多い。

イメージ 56
トラックヘッド+フィフストレーラー+フルトレーラー+フルトレーラー!3重牽引だ。

イメージ 67
日本では巨大に見える海上輸送用20ftコンテナだが、アメリカでは小さく見える。

イメージ 70
トラックの併走は、横の車間がギリギリ。 見ていてヒヤヒヤする。

イメージ 66
インターステーツ沿いは、一面トウモロコシ畑。

イメージ 68
エルクハートに近づくと、屋外にRVを並べているRVメーカーやRV関連の部品メーカーを数多く目にする。

イメージ 69
インターステーツ沿いにRV/MH Hall of Fameの案内看板がある。

イメージ 53
インターステーツ80号線西行きを走っていると、
RV/MH Hall of Fameの大きな看板が見えてくる。

イメージ 18

イメージ 21
州境からElkhart Eastまでの料金はUS$3.4だった。

イメージ 19 イメージ 20
 
イメージ 57
料金所の先にも案内看板があり、迷わず進行できる。

イメージ 58
左折して、南方向へ。

イメージ 59
約1km走り、ここを左に入る。

イメージ 61

イメージ 60
写真左隅にみえるのが、RV/MH Hall of Fame。

イメージ 62
南側はイベントホールのようだ。

イメージ 9
エルクハートのRV/モーターホーム工場生産ハウスの殿堂 RV/MH Hall of Fame

殿堂(RV/MH HALL OF FAME)への入場料は決まっていない。
寄付をして見学すると言う形態だ。 僕らはUS$20を寄付した。
(今後、入場料を決めるらしい)
 
イメージ 10
 
イメージ 2
 展示車両は100台ほど。 このスパルタントレーラーが、ここの最大サイズ。

イメージ 71
この殿堂の運営は経済的に非常に厳しいと受付係のオジサンが言っていた。
それなのに、この無料入場券をくれた。
3時間も熱心に見学していたので、「また来てね」という事かな。

イメージ 6
エルクハート郊外を走る。
 
イメージ 8
東和モータースのRV”ドリーバーデン”の製造会社Phoenix USA。
うちのドリゾウは、ここで生産されて日本に輸入された。
 
イメージ 3
 営業担当のEarl氏に案内して頂く。

イメージ 4
 右は、社長。


イメージ 11
インディアナトールロードの最終前の料金所。
エルクハートから約68マイル(109km)走って、US$4.20。 日本の高速道路料金の半額くらい。
 
イメージ 12
シカゴスカイウエイ(有料)方面へ

イメージ 13
インディアナ州最後の料金所。 料金はUS$1.80。 1マイル進むと、イリノイ州。

イメージ 14
インターステーツ出口番号”0番”は州境(西側)の証。

イメージ 15
イリノイ州に入る。 ”Welcome To Chicago”の看板。 ”Welcome to Illinois”ではなかった。
反対車線の看板は、”Welcome to Indiana”。

イメージ 17
Chicago Skyway Bridge

イメージ 16
シカゴスカイウエイ入口の料金所。 料金は、US$4.00。

イメージ 22
I94 Expressへ

イメージ 23

イメージ 24
前方の高層ビル群は、シカゴのダウンタウン。

イメージ 25

イメージ 26
ダウンタウンへ向かうルートは大渋滞。

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29
 
イメージ 39

イメージ 40 イメージ 41
夕陽に染まるシカゴの摩天楼。
渋滞のお蔭で、RV車内から望遠レンズで撮影出来た♪

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33
上下車線の間をシカゴメトロ ブルーラインが走っている。

イメージ 34
帰宅ラッシュで、また大渋滞。

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37
Google Street View → http://goo.gl/maps/jO3Gt
インターステーツ90号線は再び有料道路 Jane Addams Memorial Tollwayに。

イメージ 38
料金はUS$1.50。

イメージ 42
インターステーツを下り IN-59号線に出て、アウトドア用品店”Cabela'sPrairie Stone Pkwy店へ。
時間は午後5時過ぎだが、既に真っ暗。

イメージ 43
平日の店舗営業は、午後8時まで。 この時間、お客さんは殆どいなかった。

イメージ 44
こんなモノも売っている。

イメージ 49 イメージ 50
RV用品をUS$90ほど購入。 その半分は、お土産用。

イメージ 51
KOA Campgroundの10%割引き券が置いてあった。 好きなだけ持って帰っても良いとの事。
この先の旅で使う事があるかもしれないので、大量に頂いた。

イメージ 45
サービスカウンターでオーバーナイトパーキングについて聞いてみると、
事前の届け出が必要との事だった。
車両ライセンス番号を記入して、身分証明書(パスポート)の提示を求められた。
Walmartの駐車場とは、ちょっと違う。

イメージ 46 イメージ 47
今日はカベラスの駐車場に停泊。
駐車場がうねっていて、水平な場所を探すのに苦労した。

イメージ 48
このダブルトーイングのRVも停泊かと思っていたが夜遅くに出て行き、僕らだけになってしまった。
夏は多くのRVが停泊しているらしい。


明日のルートは、シカゴからルート66をトレースする。
 Google Map → http://goo.gl/maps/W5bKi
 

<追加ブログ記事>
  キャンピングカー工場見学 RV Factory Tour  東和モータース”ドリーバーデン”の生産工場を訪問

   RV/MH Hall of Fame RV/モーターホームの殿堂へ

END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事