ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
 成田出発 〜 LAX到着
 2013年10月12日(土)
 
■モーターホームでアメリカを巡る旅は、通算5回目。 先月は南西部を旅行しているので、今年は2回目になる。 今回の旅行ではアメリカを一周する。 ブログで同行者を募集したが、現時点で無し。当初、30泊32日を考えていたが、旅程の再検討で日数が増えてしまった。
 
■10月以降の予算が成立していないアメリカは、連邦政府シャットダウン中。 これにより国立公園が閉鎖されている。 旅の中盤で再開園する事を期待しつつ 旅行ルートを再設定せざるを得ない状況に追い込まれてしまった。序盤に予定していた国立公園は終盤に変更したが、冬が近づき 北部や山岳部は降雪による通行止めが気掛かり。
 
 
■アメリカ国土の縁に沿って四角い形状を時計回りするルートが当初の想定。 これでは、ルート66の網羅が不十分で、名残惜しい旅になりそうだ。 リストアップしていた行きたい地点を地図にマークし、一筆書きのルートを摸索。 ルートを”8の字”に設定すると、ほぼ満足できるルートになった。
 
計画ルート:走行距離 約 16,000マイル (25,000km)
 
■いつかやってみたいと思っていたアメリカ一周。 旅程は、44泊46日。 増えた旅行日数は14日で、それと同時に予算も膨らむ。 幸い、家内の休暇取得は、予備日を確保していたので問題無い。 発券済みのエアチケットを出発2日前に変更した。
 
■出発日、日本は季節外れの猛暑。 30℃近い気温の中、タクシーと リムジンバスを乗り継ぎ成田空港第一ターミナルへ向かった。 バスの中では 初老の外国人男性が、写真撮影に夢中。 車窓から見えるモノ全て、次から次へとコンデジで撮っている。 男性の奥さんは呆れ顔。 高速道路の照明、高速道路脇のケバいラブホも。 「へぇ〜、こんなものが珍しいんだ」と思いつつ、男性の所作が微笑ましく思えた。
 
イメージ 3 
 バスターミナルの柱に掛かっていた温度計
 
■成田空港第一ターミナルに到着すると トラベルデポの小林氏から電話。 州予算の投入で一部の国立公園が再開し始めたという。 しかし、僕らの序盤ルートに該当する国立公園は無い。 中盤ルート以降では見通しが明るくなった。 「早い再開を期待しましょう」と、電話を終える。
 
イメージ 4
チェックインカウンターへ一番乗り
 
■チェックインカウンターで荷物を預ける。 水色のキャリーケースは、33kg強。 エコノミーは、”2個, それぞれ 23kgまで”となっているようだが、超過料金は発生しなかった。 二人分のキャリーケースを 2つのみ預け、残りは手荷物。 何故なら、万が一、キャリーケースを紛失されても渡航先で旅が出来るように。  いつも僕は小さい黒のキャリーケースとカメラバッグを組み合わせて機内に持ち込む。 本来、エコノミーの機内持ち込み手荷物は”1個で7kg まで”。 重そうにしていると計測される事もあるので、軽そうに振る舞う。 実際にはパソコンやiPad2台、GPSやバッテリー、ゲーブル類が小さい黒のキャリーケースに、カメラやレンズ類がカメラバッグに入っているので、かなり重いのだ。 紙袋にはキャリーケースに収まらなかった冬山用の防寒着が入っている。
 
 
■セキュリティチェック&出国審査後、免税店で煙草3カートン、薬用シャンプーやソープ、若干のお土産を購入。 南ウィング端の第4サテライト 45番ゲートへ向かう。 搭乗したシンガポール航空 SQ12便の機材は、ボーイング社A380。 総二階建てで 座席数は400を超えるが、エコノミーは満席だ。 パスポートの有効期限が6ヶ月以下になり、インターネットチェックインが出来なかった。 それで1階3列席の窓側になってしまったのだが、僕にとっては好都合。 定刻の午後7時15分、アメリカへ向け成田空港を出発。
 
イメージ 2
成田からロサンゼルスまで 約5,500マイル(8,850km) 所要時間は、約10時間半
アメリカ縦横断で計画しているルート最北端の緯度は、北海道よりも高い。
 
■身長180cmを超える僕にとってエコノミー座席は狭いが、熟睡できた。 間もなくロサンゼルス国際空港LAXに到着する。 アメリカ大陸に到達すると陸地の上空を飛ぶ。 窓の外を見て「今は何処の上空か?」と推測するのが楽しい。 航路や速度を GPSでチェックする事もある。
 
イメージ 19 イメージ 5
 エコノミーシート 35Aは、主翼で地上が良く見えない。
窓際好きなら、後方の席がお勧め。
 
■成田ロサンゼルス便は、今日の停泊予定地 カリッツォ平原の上空を通過する。 上空からは、茶色いモコモコっとした大地が見えるのだ。 ”航空便リアルタイム追跡”サイトでは、現在の航空機の位置やルートが確認できる。 例えば、現在のSQ12便は、 → http://ja.flightaware.com/live/flight/SIA12。 参考までに 飛行機の位置を グーグルアースで3D表示するサイトもある。 →http://flightwise.com/flighttracking/ 
 
イメージ 55
 
■定刻の午後1時30分、ロサンゼルス国際空港LAXに到着。 大行列の入国審査を終え、到着ロビーに出たのは午後2時だった。 (日本時間では午前6時)
 
 
<参考記事> 2013年 10月12日〜11月26日 アメリカ縦横断旅行
北アメリカを縦横断するルート計画 → アメリカ 縦横断 立ち寄り地とルート設定
45日間の走行距離は約26,000km!ガソリンの消費量は?  旅の経費は?
∞形に走破した 日毎の走行軌跡と 旅行速報の一覧表 ※旅行速報は、お友達限定の記事あり
旅行11日目以降の一般公開記事は現在作成中

この記事に

  • 顔アイコン

    凄い旅行計画ですねー!
    アメリカを八の字に縦横無尽とはまさにこのことか?

    [ okatatsu ]

    2014/4/23(水) 午後 1:10

    返信する
  • 顔アイコン

    >okatatsuさん、コメントありがとうございます。
    滅茶苦茶ハードで欲張ったルート設定は今後禁物ですね。
    これでも通過して無い州が9つもあるんです。

    ふじ○

    2014/4/23(水) 午後 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    SQ A380は2階からの景色が良いみたいです(*^^*)
    僕には乗れませんが・・・(笑)
    僕が乗った時は羽が大きすぎて景色が見えませんでした♪

    こじお☆

    2014/4/24(木) 午前 1:01

    返信する
  • 顔アイコン

    >こじお☆さん、コメントありがとうございます。
    2年前にエコノミーの2階席に乗りました。 主翼の後方だったので景色が良かったですね。それとGPS衛星の信号受信も良好でした。
    スカイツリーにある透明な床が座席の足元にあればいいのにね。

    ふじ○

    2014/4/24(木) 午前 3:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事