ここから本文です

書庫全体表示


この記事は、WordPress.comに引っ越しました。
 RVストレージ 〜 キャンピングワールド 
 2013年10月12日(土)
 
イメージ 12
Google Map Route → http://goo.gl/maps/wcQic
 
 
■時刻は、午後3時51分。 荷物の積み込みと B号のチェックを終え、ガーデナのRVストレージを出る。次の目的地は、約20マイル東の町 La MiradaのCamping World。 ファイアストン通りの店舗には、2年前に行った事があった。 ここでRVの部品を購入、交換する。 
 
 
トーランス近郊のRVパーツ店は数軒あるが、キャンピングワールドが無難なようだ。
 
イメージ 1
 
 
■ICカードでRVストレージのゲートを開け、通りへ出る。 最初はゆっくり。 走り自体には、問題が無さそうだ。
 
 
 
 
最初の交差点。 アメリカに何度来ても、最初の左折は違和感がある。
 
イメージ 2
 
 
Artesia通りを東へ走ると、フリーウェイSR91号線に入る。 乗り始めのフリーウェイ。 何度アメリカに来ても、2車線以上ある幅広いフリーウェイへ アクセル全開で合流する瞬間は爽快だ。
 
イメージ 3
 
 
フリーウェイに乗ると、気分は上々。 またアメリカをドライブ出来て嬉しい。
 
イメージ 4
 
 
この時間帯、SR91号線はガラガラ。 滑り出しは快調。
 
イメージ 5
 
 
SR91号線を降りてArtesia通りに戻る。 左折してFirestone通りへ行こうとするが、一旦通り過ぎる。 インターステーツ5号線の出口もある複雑な交差点で、行くべき道がどれなのか良く分からない。
 
暫く進み、Uターンして戻って来てから右折し、ファイアストーン通りへ入る。
 
イメージ 6
 
 
■RVパーツを扱う”最寄り”のCamping Worldに到着。
 
イメージ 7
 
 
整備工場のマネジャーらしき人に「このバッテリーを交換したいんだけど」と言うと、「店内のカウンターへ行って、作業申し込み手続きをしてね」と。
カウンターに行き、申し込み。 壁に貼ってある工賃表を見ると、工賃はUS$17。 汚れの酷いバッテリーの取り外し、それと 未だ車載工具を探していないので、交換作業は依頼する事にした。
 
 
 
 
もう閉店の時間が近いようだ。 後片付けをしている。 到着したのが午後4時28分。 5時閉店だから、危うく無駄足になる所だった。
 
 
 
収納庫に収まる同サイズを選択し、Exide社 Stowaway Deep Cycle Battery 24MDCSTを購入。 多分、容量は80Ah。 このディープサイクルバッテリーは、頻繁な充放電でも安定した電圧を持続する長寿命型。 常に満充電となっているエンジン用バッテリーとは特性が異なる。
早速、交換してもらう。 工賃(US$17)込みでUS$152.52だから、日本の廉価店と同じくらい。 日本のボッタクリ?店の半額。(笑)
 
イメージ 8
 
 
交換作業を依頼すれば、古いバッテリーの引き取り処分は無料。
 
イメージ 9
 
 
バッテリー固定では、下に潜りこむ。 締結ベルトがフレームの下をくぐっているので、やりにくそうだ。
 
 
 
作業が終わると、マネージャーが作業をチェックして書類にサインする。 ラッピングされてモーターホームの車種名分からなくなっている。 書類作成で車種名を聞かれたが、ど忘れしていたので”ボヘミアン”と適当に答えておいた。 B号は、MY2005 Four Winds International Majestic (23A)。 → 参考中古車
 
 
 
その後、冷蔵庫のハイテンションコード修理、ガスバーナーノズル清掃。 勿論、自分でね!
 
イメージ 10
 
 
出発前に 借用するモーターホームのメンテナンスが出来たので、満足♪ これで アメリカ大陸を 安心して縦横断できそうだ。 
 
イメージ 11
 
 
時刻は、ちょうど 午後5時。 次は日本食材の調達。 来た道を戻り トーランスへ向かう。
 
 

  • 顔アイコン

    夕方5時にお店が閉まっちゃうというのは、早過ぎませんか?
    それがアメリカ人なのか…

    重いバッテリーで腰を痛めるリスクを考えれば、廃棄料と地面に寝そべり汚れることを含めて、1700円あまりで作業依頼できるなら頼んだ方がいいですね。

    [ よんちゃん ]

    2014/4/24(木) 午後 6:14

  • 顔アイコン

    >よんちゃん、コメントありがとうございます。
    10月は、工場は毎日5時終了。お店の方は平日6時、土日5時終了。 4〜9月は7時まで、ですね。 とは言え、日本に比べたら早い閉店。 夜遅くまで営業すると強盗に襲撃されるからか?(笑)

    これくらいの工賃なら、様々な状況を考えると安いかもしれません。 作業してくれたメキシカンのオジサンの時給は安いんでしょうね。 ちなみにポルシェ正規ディーラーの工賃時間単価は1万越えていたかな。

    ふじ○

    2014/4/24(木) 午後 9:51

  • 顔アイコン

    お久し振りです。
    これからまた思い出のアメリカキャンピングカー旅行楽しみにしていますよ。
    今私はキャンカーが無くなり非常にイライラが・・・つらいな〜〜探しているんだけどなかなか希望する車がなくて
    ふじ○さんFRタイプヨーロッパ車知りませんか?情報を求めています

    [ コロパパ ]

    2014/4/24(木) 午後 11:32

  • 顔アイコン

    >コロパパさん、コメントありがとうございます。
    ご無沙汰して、申し訳ありません。 頑張って、記事を書きますね。

    えっ?ウォーリア引退ですか。 次が楽しみですね。 お勧めは、
    volkner-mobil、futuria、marchi-mobile、visibly-loud、niesmann-bischoff、frankia、unicat、actionmobil。
    最後の2社は僕好みなんですよ。(笑)

    ふじ○

    2014/4/25(金) 午後 2:22

  • こんにちは。今年の年末、Route66の旅をするので、こちらに辿り着きました。
    後学の為に教えていただきたいんですが、このようなモーターホームを借りる時は、このようなバッテリーの交換などは、自己責任なのですか?日本人の感覚だと、整備費用もレンタル代に入っていそうな気がしますので。

    [ uhy*_d*yo ]

    2017/5/3(水) 午後 5:46

  • 顔アイコン

    >uhy*_d*yoさん、こんにちわ。

    ルート66の旅、楽しみですね。 アメリカでのモーターホーム旅行は、格別な経験になるかと思います。 ただ、モーターホーム(通称RV)を借りる場合は、事前にRVの知識を多少得ていないと右往左往するかもしれません。 年末まで半年ほどありますから、十分準備ができると思います。

    ご質問の件については、RVを誰から借りるか?これによって状況が変わります。 つづく

    ふじ○

    2017/5/3(水) 午後 6:35

  • 顔アイコン

    ●レンタルRV会社から借りるのであれば、故障や消耗品はレンタル会社が負担します。
    旅先での消耗品で、その金額が少額であれば、レンタル会社への連絡無しで車輌返却時にレシートを提出して返金を受けるという事も可能です。 このルールはレンタル会社により異なります。

    ●個人からRVを借りる場合は、貸し手との契約次第ですから、何とも言えません。
    自然に故障したのか、或いは、故障させたのか、分かりませんからね。 消耗も同様ですね。寛容なRVオーナーから借りられれば、全てオーナー負担になる事もあります。

    ●車輌は、レンタル会社であっても個人でも、適正な整備がされ、全ての機能が作動するとは限りません。 この辺は、日本のレンタカーとは全く状況が違います。 借りる時に自分でチェックが出来ないと、後々困る事になり兼ねません。 だからこそ、RVの知識が必要になります。

    つづく

    ふじ○

    2017/5/3(水) 午後 6:37

  • 顔アイコン

    ●モーターホームの旅は乗用車の旅とは異なり、心配の種が増えるのは確かです。 そんな不安を解消する会社が日本にあります。トラベルデポ社(小林氏)やエルモンテRVジャパン社では、アメリカモーターホーム旅行をサポートしています。 現地のレンタルRV会社と提携していて、万が一の時は日本語でサポートを受けることが可能です。

    ●私のブログではアメリカRV旅行について様々話題を記事にしていますので、参考にしてくださいね。 ルート66をキーワードにした検索は、下記URLです。

    https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8866+site:https://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888&spf=1

    つづく

    ふじ○

    2017/5/3(水) 午後 6:48

  • 顔アイコン

    私のお勧めは、トラベルデポ社。 複数のレンタルRV会社と提携していますので、様々な案を提示してくれるでしょう。 私の名前”ふじまる”を提示すれば、何かサービスをしてくれるハズですよ。

    英語が喋れ、アメリカの自動車保険について知識があれば、直接レンタル会社や個人RV貸出者に連絡するのが、最も安上がりなのは言うまでもありません。

    参考記事は、下記以外にも多数書いています。
    https://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/36097858.html
    https://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/36081977.html

    年末のアメリカ旅行は、是非RVで楽しんで下さいね!

    ふじ○

    2017/5/3(水) 午後 6:52

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事