ここから本文です

書庫全体表示

 Every Porsche 911 to go turbocharged in 2015 with 991.2 
イメージ 1
 

Is nothing sacred? Zuffenhausen is preparing a facelift for the Porsche 911 family which will see the 991.2 generation launch in autumn 2015 with the majority of engines turbocharged.
Yes, the days of a naturally aspirated flat six are numbered, even for the venerable 911 range, the new issue of CAR magazine reveals.
 
The November 2014 issue, which went on sale this week, is led by a special preview of the important new cars arriving next year. In a special scoop dossier, European editor Georg Kacher discloses how the most basic 911s, the Carrera and Carrera S, will switch to forced induction.
 
What to expect on 2015’s Porsche 991.2
Keen to reduce CO2 and increase mpg, Porsche is downsizing the Carrera’s flat six by half a litre - from 3.4 to 2.9 in capacity. Our information suggests it’ll develop around 400bhp and 400lb ft, a significant increase on today’s boggo 911.
The 2015 Carrera S won’t shrink in the hot wash, but its 3.8 boxer six will also be breathed on by a turbocharger, swelling power and torque substantially. Our sources suggest a punchy 530bhp and 520lb ft, meaning that even lower-peg 911s are getting seriously muscular.
 
Errr, so what does this mean for the 911 Turbo?
The mind boggles what this means for the more hardcore GT3 and GT2 models, let alone the Turbo - traditionally the only blown 911.
Our sources indicate the GT3 will remain naturally aspirated, with a greater focus on light weight; there’s hope yet for old-school 911 fans. 
 
 
翻訳
2015年秋に予想されている911(991型)のマイナーチェンジに伴い、全ての911がターボ化される。

二酸化炭素の排出量削減と 燃料消費率向上を目指し、ベースグレードの「911カレラ」のフラットシックスエンジンは 3.4リッターから2.9リッターにダウンする。 しかし、最高出力は現行の350hpから400hpにアップ。 (これは、ターボ過給チャージャーによる出力アップ)

アッパーグレードの「911カレラS」は3.8リッターのままで、ターボが追加される。 これにより最高出力は現行の400hpから530hpに、最大トルクは44.9kgmから 71.9kgmへ増大。 (現行911ターボは520hp、ターボSは560hp)

ベースグレードも含め、全911がマッスルカーに変貌する事になる。
更にスパルタンなモデルのGT3とGT2は、言うまでも無くターボ化される。 (GT2は現行もターボ車) 911を凌駕するのが、この2モデルの伝統だ。

軽量化を重要視したモデルのGT3は自然吸気のまま残される、と言うのが我々の情報。 昔ながらの911ファンには未だ望みが残されている。
 


 
911シリーズの自然吸気モデルに、ハイブリッド車の追加は無いのか?
911、911Sに新規装着されるターボチャージャーは、シングルで可変タービンジオメトリー(VTG)は省かれるのか?(現行911ターボは大小2基のVGTツインターボ)
911ターボ、ターボSは、マイナーチェンジで600hp超え? もしかして918のハイブリッドシステムが移植されるのか?
 

  • v4エンジン載らないかなぁ〜
    軽くて良さそうです。

    [ Ra’sanz ]

    2014/10/22(水) 午後 9:07

    返信する
  • 顔アイコン

    下から、ほぼ同じ部品を流用しているケイマンが上がってきていますからね。
    自然吸気が欲しければ、ケイマンRをどうぞってことなのでしょうね。

    [ よんちゃん ]

    2014/10/22(水) 午後 9:43

    返信する
  • 顔アイコン

    >ra'sanzさん、コメントありがとうございます。
    V4エンジンは、919でレースを戦うだけに開発したとは思えませんよね。 最初にV4が搭載される市販モデルは?想像がつきません。 果たしてフラット6が定番の911シリーズに載せるでしょうか? パナメーラーを小型化したスポーツセダンをラインナップし、それに載せるような事を想像してしまいます。

    このV4エンジン、単車に載せて欲しいなぁ。YAMAHAのVMAXと真っ向う勝負!?

    ふじ○

    2014/10/22(水) 午後 9:53

    返信する
  • 顔アイコン

    >よんちゃん、コメントありがとうございます。
    自然吸気にこだわる911ファンは選択肢が狭まって、残念な事になりそうですね。 ケイマンやボクスターは2シーターでリクライニングしないから、若いカップルは乗らない!(笑)

    ふじ○

    2014/10/22(水) 午後 10:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事