ここから本文です

書庫全体表示

 アメリカ RV出荷、今年も好調 
 
イメージ 1
 
■アメリカのアウトドアレジャーはRecreation Vehicle(以降、RV)を使った旅行が主流だ。 シャワーやキッチン、冷蔵庫、ベッドが備わったRVは、広大な大陸を冒険旅行するのに打って付けだ。 素晴らしい景色や大自然を求めハイウェイを走り、国立公園や辺境地に向かう。 そこは未開の土地。 即ちホテル等の宿泊施設に乏しく、キャンプ場があるだけ。 充実装備のRVは、町から遠く離れた土地での停泊に大活躍し、野生動物や犯罪から身を守る盾にもなる。

 戦後、RVは乗用車の普及を追随する形で増加した。 同時にRV製造販売にまつわる法律も整備され、一本化された。 RVの普及は年々増加。 1980年代に入ると、道路脇や駐車場等で無賃キャンプするRVが増え、社会問題に。 これを受け、多くの州はRVの停泊場所を規制する法律を作った。 RVで停泊可能なキャンプ場(民間RVパークを含む)が次々と出来て、全米で約 1万6千ヶ所にもなっている。 現在、11世帯に1台という割合にまでRVが普及し、総保有台数は8百万台を超えている。 RV所有は、家族間の絆を深める旅行のGatewayとなった。 
 
■アメリカではRVの出荷/販売が右肩上がり。 人口増加による需要層の拡大やベビーブーマー世代の旺盛な購買力も背景にある。 2007年のサブプライムローン問題を発端とする米国バブル崩壊、翌年2008年のリーマンショックと世界金融危機による景気後退で出荷が低迷したが、それ以降は毎年 約10%の成長を続けている。 今年も順調に推移し、出荷見込みは前年比9%増の35万台を予測している。

R Vタイプ別占有率は、88%がTowable(トレーラータイプのRV)、16%がClass A、5%がClass C、1%がClass Bとなっている。 近年伸張著しいのはClass Bで、前年比45%増となっている。 これは高騰する燃料費が原因で、小型軽量のフルサイズバンコンバージョンのClass Bに注目が集まっているから。 長期的な占有率を見ると、1980年代に約50%だったTowableが年々占有率を上げている。 これは、牽引車(Tow Vehicle)があれば、トレーラータイプのTowable RVを比較的安価に入手出来るから。
 
■一方、日本はどうか。 昨年2013年の出荷台数は、前年比2.6%減の4,416台。(JRVA協会ニュースより) ここ数年4〜5千台で、微増?横ばい、と言ったところ。 (JRVAに加盟していないビルダーを含めたら7千台弱か?) 総保有台数は8万5千台で、アメリカの10分の1。 アメリカの人口が1980年比で40%増加しているのに対し、日本は9%増に留まり 逆にここ数年は減少傾向にある。 高齢化が急速に進み購買層人口が減った事が、RV需要拡大の足を引っ張っているのか? 海外から”Tiny cute little RVs”として注目を集めている軽キャンパー。 この種の小型RVが今後徐々に販売を伸ばしてい行くのだろうか? JRVAでの市場分析、需要動向は? 暗中模索、五里霧中。 アメリカでは歳入庁IRSがRVに対する減税策を実施したり、RVローン金利も低く設定しているが、日本は?
 
参考ブログ記事
 
Summarized illustration
イメージ 2
 
Americans Love RVing! Me a Japanese too!
アメリカ人は、RVingが大好きなんです!日本人の僕も!
 

<参考サイト> アメリカのRV販売状況
 RV Business Wholesale shipments
END

  • 顔アイコン

    リーマンショックでは半分に落ち込んでいるのですね。
    景気に真っ先に左右されそうな、一番に削られる支出なのでしょうね。
    日本の場合は駐車場の問題とかもありますから、やはりレンタルとかに優遇税制を設けるなどして需要を喚起してやる必要があるかと。
    自動車メーカーには減税や補助金を出すくせに、国民の余暇に関しては知らんぷりなんでしょうね。
    旅行が増えれば経済効果も大きいハズなんですが、政治の票には結びつかない?!

    まずは、若年層の所得を増やさないと車は売れないですよねぇ…
    そうしなければ、世の中にお金も回らない。

    [ よんちゃん ]

    2014/10/24(金) 午後 1:28

    返信する
  • 顔アイコン

    >よんちゃん、コメントありがとうございます。
    RV業界がリーマンショックの影響をもろに受けたのが良く分かりますね。
    キャンピングカーショーが盛り上がっている割には日本のキャンパーは売れていないんですね。所有欲の強い日本ではレンタルとかシェアという方向に進みにくいのか? キャンパーのレンタルも何かエポックが必要ですね。
    「旅行が増えれば経済効果も大きいハズなんですが、政治の票には結びつかない?!」上手い表現ですね。 確かに票田と観光地や交通機関の”先生”は別人ですね。
    お金を掛けずにバーチャルで満足できる若者を現実世界へ戻すのは大変そう。所得が増えたら車を買うか?かなり難題ですねぇ。

    ふじ○

    2014/10/24(金) 午後 7:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事