ここから本文です

書庫全体表示

 There is No Loss in you knowing that. 
知っていて損は無い、アメリカの有料道路

イメージ 3
North Texas Tollway Authority customers lined up to pay their tolls
 at NTTA headquarters in Plano near Dallas, TX in September 2013.
有料道路管理会社に並んでいる支払違反者
写真は、transportationblog.dallasnews.comより借用

間違ってETCを通過したら Toll violators or Toll Evasion
ETC非対応の車両で 有料道路のETC専用区間又はETC専用車線を通過するとナンバープレートが撮影され、後日(約1ヶ月後 カリフォルニア州は15日以内)、車両所有者に請求書(通行料+手数料)を郵送する州が多い。 手数料に加え、罰金(US$50〜100)を申し受ける州もある。 間違って通過した事に気付いたら、直ぐに道路を管理する事務所へ電話したり、出向いたりして正直に事情(状況)を伝えると、手数料が免除されて現金で通行料を払えるそうだ。 請求書を放置すると、更に罰金や罰則が追加されるので注意。 US$100〜250を課す州があったり、車両登録を停止する事もある。

Toll Violatinos Photo enforced, $100 Penalty
Google Street View → https://goo.gl/maps/cyXYq4o9Mgn
フロリダ州 FL Turnpikeでは、通過後10日以内に支払わないと
罰金US$100らしい。

通過した有料道路がToll-By-Plateであれば、事前登録不要のウェブサイト”Toll by Plate(FL,PA)”や”One-Time-Toll(CA)”、”Pay by Plate(TX)”で支払いが可能。 但し、有料道路通過後 指定期間内で且つ、クレジット決済が条件となる。 指定期間は5日だったり、約1ヶ月だったりで、ETC料金請求会社により異なる。

イメージ 1
FIRST-TIME VIOLATION. FIRST TIME DEAL.
Orange County, CAの罰則 (初犯者向け)

イメージ 2
Zip Cash Invoice from NTTA in Plano near Dallas, TX
テキサス州ダラス周辺の有料道路では、
請求書 ZipCash (Dallas, TX)が送られてくる。
テイラー周辺の有料道路では、24H電話やウェブPay by Plate
クレジットガード払いが可能。
また、全国でチェーン展開する送金業務代理店ACE Cash Expressでも
支払いできる。
NTTA denied overseas access to their website quite recently.
つい最近までウェブサイトの閲覧が可能だったが、
現在は海外からのアクセスは拒否される。

イメージ 4
Florida DOT Toll Violations notices
フロリダ州の請求書
クレジットカードや電子小切手で支払う事が可能。
期限内に支払われないと、更にペナルティが加算される。
写真は、turnpikeinfo.comより借用

レンタカーとETC Rental car and ETC
レンタカーにはETC対応の車両がある。 契約時にETC対応、非対応の確認が必要。 ETC対応車であれば、トランスポンダーが前面ウインドシールドに貼付されている。 料金の請求はレンタカー代の支払いに使用したクレジットカードに自動的に課金される。 課金される料金は有料道路の通行料+手数料。 手数料はレンタカー会社によって異なり、1日約 US$4〜10 又は、有料道路料金の支払1回につき約 US$15となっている。

Alamo, Enterprise, National: $3.95 per day, $19.75 maximum
Avis, Budget: $3.95 per day, $16.95 maximum
Dollar, Thrifty: $15 per toll, $105 maximum
Hertz: $4.95 per day, $24.75 maximum

車両がETCに対応していなくても”Toll by Plate”では、https://platepass.com/等の料金請求会社より、レンタカー会社を経由して、運転者 レンターに料金がクレジットカード決済で付け替えられるシステムがある。 自分で料金請求会社のウェブサイトに通過日、場所やライセンスプレート番号等を入力して支払う事もできる。


アメリカでの基本的な交通ルールや運転については、
jpn.vacationhomedirect.comが参考になる。


レンタカーで有料道路を通過したのに、その認識が無い場合
  Unwittingly passed through a cashless toll by a rental car
  wthout ETC transponder
有料道路を通過しているにもかかわらず、その認識の無いレンターは、結果的に不払いを放置する事になる。 ナンバープレート情報を基に、通行料の請求は車両の所有者、即ちレンタカー会社へ郵送される。 後日、レンタカー会社やレンタルモーターホーム会社は、通行料金に加えて手数料をレンターに請求する。 この手数料が高額な場合がある。 エルモンテRVはUS$500と言うが、交渉次第では減額可能。(経験あり)

■州外のナンバープレートでETC専用区間を通過した場合
  Violations incurred by vehicles with out-of-state license plates
現状では、州外ナンバー車の料金不払い違反は殆ど野放し状態らしい。 従って、悪運が強ければ、違反通知が郵送されてこない。 この現状を改善するソリューションを提供する会社がある。 次第に”逃げ得”は出来なくなるようだ。

参考記事(ウェブサイトのコピー)
Process 80 percent to 90 percent of violations incurred by vehicles with out-of-state license plates that currently go uncollected.

There are many ETC Authorities and Toll Agencies in the US.
州や地域によって異なるアメリカのETCは、種類が多いく混乱してしまう。
詳しくは、記事 「4/6」に掲載。
イラストは、CostToDrive.comより借用

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事