ここから本文です

書庫全体表示

 Chasing a dream of ”Manhattan RV Tour” 
キャンピングカーで、ニューヨーク マンハッタン タイムズスクエアへ

イメージ 1
RV in the Times Square, NYC
アメリカ大陸を横断してタイムズスクエアに到着したRVの写真を撮りたい。(笑)
写真は、rvtravel.about.comより借用したものを加工

■”2013 Manhattan Tour by an RV” ended up as an unrealizable dream, because of Non-study of the route crossing the Hudson River.

 モーターホームでニューヨーク マンハッタン Manhattanへ行く方法について調べて見た。 と言うのは、何も下調べせずに決行した約2年前の旅行で、マンハッタン島へ渡れずに悔しい思いをしたから。 先ずホランドトンネル Holland Tunnelでダメ。 次のリンカーントンネル Lincoln Tunnelもダメ。 渋々ハドソン川 Hudson Riverに沿って北上し、マンハッタン島に通じる最北の橋 Gワシントン橋 George Washington Bridgeへ。 ここもダメ。

 橋の料金所で「どうしたらマンハッタンへ行けるのか?」と聞くと、「上流の橋なら渡れる」と言われる。 しかし、上流のタッパンジー橋 Tappan Zee Bridgeを渡ってもマンハッタン島ではない。 結局、旅行日程の都合で次の目的地に向かわざるを得なくなった。 前代未聞の”モーターホームで巡るマンハッタン島観光”は、夢に終わった。

先月25日に開通80周年を祝ったジョージワシントンブリッジ GWB。
写真は、tollroadsnews.comより借用

■Previous RV Tour trying to cross the Hudson River through Route A.

 旅行中に書いた記事 ”アメリカ縦横断 20131104 #24”(公開範囲限定)で上記の状況を綴ったが、改めて当時を振り返ってみる。 アメリカ東海岸を北上する旅行において、マンハッタン島へのルートはハドソン川を渡るルートとニューヨーク湾とイースト川を渡るルートの2つがあった。

 前者は、南からホランドトンネル、リンカーントンネル、Gワシントン橋で、この何れかでハドソン川を越えるルート。 後者は、一旦ニュージャージーのアウター橋又はゴーサルズ橋でアーサー川を渡ってスタティン島に入り、続いてベラザノナロー橋でニューヨーク港を渡ってロング島に入り、I-278 ゴワナス高速道でブルックリンを通過し、最後にI-478 ヒューL.キャリートンネルでイースト川を越えるルート。 当時は、前者のルートでマンハッタンを目指した。 上記の橋やトンネルは、全て有料。

Route A
 NJ → Holland Tunnel, Lincoln Tunnel or GW Bridge (Hudson River) → TT
Route B
 NJ → Outerbridge Crossing or Goethals Bridge (Authur kill) to Staten Island
    → Verrazano-Narrows Bridge (New York Harbor) to Long Island
    → I-278 Gowanuts Expy (Brooklyn)
    → I-478 Hugh L. Carey Tunnel (East River) → TT

All routes from NJ to TT, are Toll Bridges and Tunnels
西側からマンハッタン島へ渡る3路線は、全て有料、一律料金。
Lincoln & Holland Tunnels, the George Washington Bridge
現金払いで、乗用車はUS$15.0、リアがダブルタイヤだとUS$42.0
地図は、web.mta.infoより借用

 先ず、ホランドトンネルの料金所で、「あなたは通れないから右側の退避用側道から出て行け」と言われる。 下調べしていなかったので、「安全確保が目的で、トラックやRVは通れない」と思った。 一番右車線にいたので、何の問題も無く側道から一般道へ。 そこからの一般道は夕方の大渋滞。 踏んだり蹴ったりで、落ち込む。

イメージ 36
Blue Line is GPS Log Data

イメージ 6
RVs can't go through the Holland Tunnel. Why?
Google Maps → https://goo.gl/maps/XY3nZxycoKu

イメージ 7

イメージ 8


 約5km上流のリンカーントンネルを目指したが、”キャンパーは通れない”との看板。 右車線に移り、通常の出口から一般道へ。 トンネルがダメなら、次は橋か?

イメージ 38

イメージ 37
Sign of ”Campers Bottled Gas Must Exit Next Right”
at this side of Lincoln Tunnel

 更に約10km上流のGワシントン橋へ。 料金所で「プロパンガスタンクはあるか?」と聞かれイエスと答える。 すると、係員が無線で誰かと話し始めた。 暫くして、「料金を払わずに料金所を出て右側の退避用側道から出て行け」と言われる。 現金支払い可能なブースは左端のみだったので、追い越し車線側にいる。 さて、料金所を出てから、10車線ほどある道路を横切る事が出来るのか?

イメージ 9
Gワシントン橋下段の料金所
Google Maps Street View → https://goo.gl/maps/czZTE3wNY2U2

イメージ 10
料金所の先の風景。 その時は夕方だったので、ほぼ真っ暗。
凄まじい交通量。 恐怖と緊張。 ここを右へ突っ切る覚悟を決めた瞬間・・・

 悩んでいると、暗闇に眩く光る赤青のパトランプが見えてきた。 夕方のラッシュで交通量の多い道路に 右側の退避用側道から本線に何かが突進して来た。 2台のパトカーだった。 パトカーは車線に直角に停車し、車線を遮った。 料金所のゲートから出て来る車両が少なくなった。 料金所の係員も協力しているようだ。

George Washington Bridge Toll Plaza to Turnout and off the route

 パトカーから降りてきた警官が、「Come on!」と叫んでいる。 ゆっくりと料金所を出る。 そして恐る恐る車線を横切ってパトカーの方向へ進む。 警官に近づきながら「どうしたらマンハッタンへ行けるのか?」と大声で聞くと、「上流の橋ならRVは通行できる」と。 「Thank you!」。 (”上流の橋”と聞こえた件は、後述あり)

イメージ 13
一般道に通じる出口は、待避所の奥にある。
Google Maps Street View → https://goo.gl/maps/XKULTX6BymJ2

 さて、退避用側道に辿り着いたが、この後は何処へ行けばいいのだろうか? キョロキョロ見回すと、照明も無い真っ暗な道があった。 出口はこれだと思い、数十メートル進む。 すると開閉式バーのゲートがあり、待っているとゲートが開いた。 再び渋滞した一般道を走る事になる。

イメージ 39
RVs can't go through the George Washington Bridge. Why?
I was lost in the city.

 RVではハドソン川を越えてマンハッタンに行く事は出来ないのか? どこまで上流に行かねばならないのか、不安になってきた。 不安と同時に方向感覚が狂いだし、上流とは逆方向へ進んでしまう。 エッジウオーターの街で迷子になり、家内がiPadでサポートしてくれる。 ようやく方向感覚を取り戻し、上流に向かって闇夜の道を永延と走り続けた。

イメージ 40
Crossing the Hudson River by the Tappan Zee Bridge.

 ようやくハドソン川を渡る事ができたのは、タッパンジー橋だった。 最初のホランドトンネルから約40kmも上流に来ていたので、渡った先はマンハッタン島ではない。 夜も更け、結局マンハッタン観光は諦めた。 家内は過去マンハッタンに滞在した事があり、僕は都会よりも人のいない砂漠が好き、という理由を無理くりつけて納得した。(笑)

Research on the Route to TT by RV
 Is RV with two axles and six tires, classified as Truck in New York City definitions?
 NYC definitions differ from NY State DMV classifications. But it is apparent that RV is NOT Passenger Class Vehicle. So RV with dual rear wheels, its toll rate is based on Class 2, besides, RV can't go through all the NY Parkways. NYC has one of the most complex truck route systems in the US. If RV is classified as Truck, RV must follow the rules and regulations of Truck and the Truck Route. In the NYC, RV is Gray Zone Vehicle anyway.

 ここからは、RVでマンハッタンのタイムズスクエアへ行くルートについての調査
先ず、モーターホームの車両区分。 車両区分によっては、ルートの選択肢が大幅に狭まってしまう。 ニューヨーク市における後輪がダブルタイヤのモーターホームは、乗用車 Passenger Class Vehicleには含まれない。 従って、RVはトラックに分類されてしまう。 つまり、乗用車以外の通行が禁止されているパークウェイ Parkwayは走れない。 ルートの選択肢はインターステーツだけになる。 ハドソンバレーHudson Valleyを通るマンハッタンへのルートはパークウェイだけなので、北側からマンハッタンへは行けない。(HVTMCより)  有料トンネルや有料橋はインターステーツの一部なので通行可能だが、料金は乗用車のClass1ではなくClass2となる。

 前述のA/Bルートで南から攻める。 Red Bookによれば、危険物の種類により渡れる橋が異なる。 RVが積んでいるプロパンガスの場合、Class 2, Division 2.1 Placard Flammable Gasesに分類され、George Washington Bridge(Upper Level)、Bayonne Bridge、Goethals Bridge、Outerbridge Crossingを渡っても良い事になっている。 しかし、2年前にGワシントン橋では、「上流の橋なら渡れる」と言われ、渡れなかった。 あれ?今、気付いた。 橋が2段になっている事を知らなかったので、「Upper Bridge」を勘違いして、「Upstream Bridge」と早合点したのだ。 上段なら渡れたのだ。($42.00) 残念だが、これが事実。

イメージ 11

イメージ 12
Gワシントン橋 上段ルートへの分岐点
Google Maps Street View → https://goo.gl/maps/h1J1yTvjVKM2

 この時は、US-46を通ってGワシントン橋へ向かったのだが、 夜だったので、下段料金所手前400m地点に上段への分岐(Google Street View)があった事に気づかなかった。 もしかすると、僕が通った時、このルートは未だ無かったのかも。 (Google Mapsのルート検索では、US-46経由で直接上段ルートへ行けない) この分岐地点にある標識は、”To Upper Level”に加え、大きく”All Trucks Must Exit”と書いてある。 今、この時の状況を想像してみると、”Exit”に気を取られ、「出ちゃだめだ」と思い、直進して下段ルートへ行ってしまったのかも。 そもそも、当時は上段と下段の2ルートの存在を知らなかったから、”Upper”の意味すら理解できなかったのだ。

George Washington Bridge.
RVs CAN GO through only the UPPER
Click to ”Route to Times Square by RV” in Google My Maps
2013年に料金所から待避所に追い出されたルートを基に、
Gワシントン橋上段へ戻るルートを追加し、
更にブロードウェイを通りタイムズスクエアまで行くルートを描いた。
写真をクリックすると、マイマップが新たなタブで開く。
(78/20151227, 174/20170518)

 他のルートもある。 先ずスタティン島 Staten Islandへ ゴーサルズ橋 Goethals Bridge($42.00)又は、アウターブリッジ Outerbridge Crossing($42.00)で渡り、I-278で ロングアイランド Long Island方面へ進む。 ベラザノナロー橋 Verrazano Narrows Bridge ($32.00)を渡り、I-478 ヒューLキャリートンネル Hugh L Carey Tunnel ($16.00)でマンハッタン島。 Total、US$90。

 RVがトラック区分だとすると、マンハッタンへ入ってからはトラックの通行制限が多くて大変そう。 Interactive Truck Mapで勉強しないと走り回るのは難しい。 インターステーツ以外は地元の配送トラックしか通行できないし、通行できるトラック用ルートも限られている。 特にタイムズスクエアのあるミッドタウンは、トラック用ルートに含まれておらず、目的地の住所が書かれた配送用の書類が無い限りトラックでは行けない場所になっている。

Times Square, Midtown, NYC, has No-Truck Route.

 この状況下では、タイムズスクエアにRVで乗り込めない。 ニューヨーク市においてRVは、間違いなくトラック扱いなのか? ニューヨーク市のトラック規定”Pursuant to Section 4-13”によると下記の通り。
Definitions. For the purpose of these rules, a truck is defined as any vehicle or combination of vehicles designed for the transportation of property, which has either of the following characteristics: two axles, six tires; or three or more axles

 市政府のホームページ http://www.nyc.gov/html/dot/html/motorist/truckorcomm.shtmlでは、次の追記もある。
Vehicles from other states or countries bearing commercial or equivalent registration plates from other states or countries shall not be deemed trucks or commercial vehicles unless they are permanently altered and marked as required in the above bulleted list.
 以上から、RVはトラックの区分には属さない事が分かる。 パークウェイではトラック扱いとなるRVだが、これ以外の道路ではトラックではない。 なんともグレーな存在になっている。

■RV Park and Parking Recommendations

 よほどの覚悟を持っていないと、RVによるタイムズスクエアの攻略は難しい。 無茶をしない方には下記がお勧め。 写真は、旅行記事「アメリカ縦横断 20131104 #24」(公開範囲限定)より転用。

イメージ 6 イメージ 7
自由の女神が遠くに見える”リバティハーバーRVパーク”に停泊し、
地下鉄でマンハッタンへ。 Marin Boulevard Light Rail 駅は、歩いて3分。

 

 
ここは、普通の駐車場に電気と水を敷設している。
ランドリーやシャワーは当然ある。
排水はダンプステーションまで移動して行うが、
Honey Wagon Service(US$20)もある。
簡素なRVパークだが、地理的に利便性が良い。

イメージ 32 イメージ 33

イメージ 34 イメージ 8

イメージ 2
Liberty State Park, Jersey City, NJ  (Google Maps)
ニュージャージ側州立公園の自由の女神行きフェリー乗り場では、
マンハッタンの摩天楼が臨める。
道路や駐車場が広いので、大型RVもOK。 駐車料金は、US$10。

パーク&ライド→ライトレール→地下鉄→マンハッタン


イメージ 4
インタラクティブマップでパーク&ライドが探せる。
最も便利なのは、North Bergen - Park and Ride

ニューヨーク州のパーク&ライド

■I-495 to Hanpton and Montauk, Long Island
 クイーンズ Queensもトラックの通行制限が多いので、I-485 Long Island Expyで通過するしかない。 当然、Belt、Grand Central、Northern State PkwyはRV通行禁止。

 ロングアイランドには、RVで停泊可能なBattleRow Campground (Google Maps) US$53とか、高級別荘地ハンプトン Hanptonの先にあるHither Hills Campground (Google Maps) US$70/Night No-Hookupに行ってみたい。

 また、Orient Beach State Parkまで行き、Orient PointgからCross Sound Ferryに乗ってコネチカット州へ抜けるルートも面白そう。 但し、横幅8フィート6インチを超えるRVは予約が必要。 料金は約$3.00/ft。(Google Maps)
RV/Motor Home/Camper trailers or vehicles wider than 8'6" must call the reservation, 860-443-5281 or 631-323-2525.

それにしてもニューヨーク近郊の停泊料金設定は異常だ。 高額所得層向け?


<関連記事>
 Toll Road アメリカの有料道路
  ▼無料を連想させる”Freeway”という名称▼失敗談▼失敗をしない為に
  ▼道路の名称▼料金設定▼支払い方法▼支払いゲート
 「Toll Road 3/6
  ▼ETC区間を突破したら▼レンタカーとETC▼レンタカー会社からの請求
 「Toll Road 4/6
  ▼ETC各社と車載器▼車載器の使用範囲▼ETC料金支払▼車載器移設
  ▼有料レーン HOV&HOT▼リーバーシブルレーン▼マネージドレーン
  ▼有料道路の場所や情報が分かる便利なサイト▼路線図リンク▼スマホアプリ


<参考サイト>
 RVの特定車種広告なので、「マンハッタンをRVで走った」という現実味に欠ける。

おまけ
 モンタナ州マンハッタンに Manhattan RV Parkがある。
  Google Map → https://goo.gl/maps/kmnvkVba5PT2

Youtube
タイムズスクエアに停車している”Terra Wind” Amphibious RV
on ABC's Good Morning America July 23, 2003

情報
 レンタルRV会社”El Monte RV Rental & Sales”では、
  マンハッタンへのRV乗り入れを禁止している。
 New York City / Manhattan: Travel is not permitted.
 制限事項の詳細は、RV Rental Travel Restriction Information へ。

 メーリーランド州ボルチモアにある以下のトンネルは、超96インチ幅や
  10ポンドを超えるプロパンガス搭載のRVや2重牽引車は通行不可。
 I-95 Fort McHenry Tunnel (Google Street View)
 I-895 Baltimore Harbor Tunnel (Google Street View)
 このトンネルはボルチモア港の水面下約30mにあり、全インターステーツ
 の中で最も深い場所。世界で最も幅の広い海底トンネル。
 迂回ルートは、I-695 Baltimore BeltwayのFrancis Scott Key Bridge。
 これを知らずに2013年にRVで通行したが、料金所での回避指示は無かった。
 参考ブログ記事 アメリカ縦横断 20131103 #23
END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事