ここから本文です

書庫全体表示

 キズの原因は、投石かも? 
In some cases,
your accidents are caused by deliberately throwing stones as presents from evil pranksters.

イメージ 1
Wire-mesh-covered pedestrian overpass over I-10 photographed by Fuji-maru, Oct 12, 2012
Blythe, California, Google Street View
 
Many of us, me too have had the unpleasant experience of innocently driving along when an errant piece of gravel or other mysterious road debris suddenly puts a dent in our vehicle's windshield. Damaged windshield, all it takes is a rock impact the size of the dot a pencil tip makes on a piece of paper to cause serious damage. A tiny crack can develop into a large crack over time. So you can't recognize immediately this, especially at night. In these cases, insurance usually does not even charge a deductible if you have coverage for the windshield repair. But almost foreign travelers with rental cars or RVs in the US, are not the same. Be careful when/while you rent an RV and adjust to its wider strike.

僕も1度だけ苦い経験ある。 それが飛び石等によるものなら諦めがつくが、意図的な投石だとしたら許せない。 例え小石でもウインドガラスに当たると、鉛筆の先を紙に刺す様にキズを付ける。 小さなキズだと夜は気付かない事も。 小さなヒビは時間と共に亀裂となって広がる事もある。 16年前、免ゼロ特約の保険でウインドシールドを交換したが、保険の等級は下がらなかった。 これがアメリカだと、旅行者が加入するレンタカーの免責額は、大概 約10万円。 従って、ウインドシールド交換程度では、自動車保険を使う前に自腹を切る事になる。 こんな状況だから、アメリカドライブ旅行では”ピシッ”となると、ドキッとする。 モーターホームのレンタルでは、乗用車に比べストライクゾーンが広いので要注意。

<参考記事> エルモンテRV レンタル&セール (アメリカのレンタルキャンピングカー店)


さて、首都高3号線で東京都を出る直前、用賀と多摩川の間に陸橋が3つあるが、ここは要注意。 投石と推定される破損事故が時々起きているようだ。 少し前にも・・・ 。 また、autocar.jp 「991 長期使用報告」の記事でも。 アメリカのように金網で覆って欲しいと思うのは、僕だけではないハズ。

用賀と多摩川の間のグーグルマップ → https://goo.gl/maps/M5EtRfJH66t

イメージ 2
Wire-mesh-covered pedestrian overpass over I-10 photographed by Fuji-maru, Sep 17, 2013
Quartzsite, Arizona Google Street View

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事