ここから本文です

書庫全体表示

 日本ではレッカー車(Wrecker)、北米ではTow Truck 
A Tow Truck aka/called Wrecker in Japan, in towing a truck

イメージ 1
先日、神奈川県内で見かけた西東京ハーベスト社の大型レッカー車。
レッカー車後尾の大型トラックは、持ち上げられて前輪が浮いている。
当然、レッカー車のドライバーは大型けん引免許を所持し、この後トラックを牽く。
この車両の活躍は、気まぐれな中央線民さんの「路線バスの衝突事故」にも掲載されいる。


■この種の車両はアメリカのテレビ番組で見たことがあるが、日本で実車を見たのは初めて。 そのテレビ番組「密着!ハイウェイ・レスキュー カナダ編」には、大型牽引車(Heavy Duty Tow Truck)や特殊重量牽引車ローテーター(Heavy Rescue Rotator)が登場する。 原題は”Highway Thru Hell”で、カナダの牽引サービス会社に密着したナショナル ジオグラフィックのドキュメンタリー番組。(制作は、ディスカバリーチャンネル) 登場する会社は、ブリティッシュコロンビア州ホープ(Hope, BC)にある。

イメージ 4
A Heavy Rescue Rotator with outriggers (hydraulic stabilizer legs)
The Rotator, HR-150 is the flagship of Jamie Davis Heavy Rescue's fleet.
特殊重量牽引車 ローテーターは、大型トラックの牽引にも対応。
油圧アウトリガーも装備。 流石、アメリカ大陸のレッカー車はデカい!
写真は、eurobricks.comより借用

■ホープはコキハラハイウェイ(Coquihalla Highway)の入口となる街。 このハイウェイは険しい山岳地帯(Cascade Range)の峡谷を縫う峠道で、カムループス(Kamloops, BC)まで約130マイル(200km)も続く。 このルートは州道5号線の一区間になっており、バンクーバー(Vancouver)からカルガリー(Calgary)を経てエドモントン(Edmonton)を最短距離で結ぶ。 即ち、カナダ経済を支える生命線ゆえ、交通量が多い。 特に大型トレーラー(18 wheeler)が多く、港のあるバンクーバーから内陸へ物資を輸送している。 冬期間は降雪や路面凍結で立ち往生や衝突/転落事故が多発し、牽引サービス会社への救助要請が急増する。

イメージ 5
Jamie Davis, owner of the Jamie Davis Towing
一見、無骨/武骨なオジサンだが、交渉事や会社経営には厳格な姿勢で臨む。
コキハラでの収益が低迷し、オイルサンドで活況な町(Ft. McMurray, AB)にも進出。

■TV番組では、主人公ジェイミー・デイヴィスが経営する牽引サービス会社(Jamie Davis Towing)が大活躍。 ジェイミーの弟も牽引会社を経営していたり、 ライバル会社が仕事を横取りしようと割り込んでくる。 しかし、ジェイミーの会社は、複数の大型牽引車や特殊重量牽引車ローテーターを武器に、大金が稼げる大型トラックのトラブル対応では断トツ。 個性の強い従業員達と共に身も凍る厳冬の寒さとも戦いながら、熟練した技術と知恵で交通事故等によるコキハラハイウェイの道路封鎖を速やかに解除していく。

イメージ 6
原題 ”Highway Thru HellSeason 1, 2, 3 on Air now in Japan, and 4 on Youtube
番組詳細は、enWikiを参照。

■ディスカバリーチャンネルを契約、視聴している方は多いでしょう。 しかし、ナショジォチャンネルは少ないのでは。 僕は北米の番組が大好きなので契約しているが、現在、「密着!ハイウェイ・レスキュー カナダ編」日本語吹き替え版はシーズン3。 ところが、動画サイトYoutubeでは既に最新のシーズン4 (2015年撮影)が全話アップロードされている。 勿論、シーズン1シーズン2も全話アップロードされている。 但し、シーズン3は13話中、1話2話のみ。 これらは吹き替え無しの英語版だが、時々英語字幕が挿入されているので、理解の手助けになる。 こんな状況では、視聴契約の料金支払いがモッタイナイ気がする。

Youtubeのオフィシャルな視聴一覧表は、Highway Thru Hell - Official (即時の動画再生に注意)
 
シリーズ1の第1話 ドキュメンタリーのスタート

ブラックアイスでスリップして衝突する瞬間や事故の再現CG動画、
アルバータ州東部のフォートマクマリーでは、60トン超のトラック救出、
エアバッグを用いたコンテナ引き起こし等、シリーズ全編を通し、見どころ満載。

■以下は、動画サイトYoutubeにアップロードされている最新シリーズ 4の13話



下記リンクから、字幕版のYoutube動画(グレー)が見られる。
密着!ハイウェイ・レスキュー カナダ編 10 (S1E10) https://youtu.be/ZPkybYCiQlY
密着!ハイウェイ・レスキュー カナダ編 9 (S1E9) https://youtu.be/tWrvzenSHEs
密着!ハイウェイ・レスキュー カナダ編 8 (S1E8) https://youtu.be/zMs0eEkmO7Q
密着!ハイウェイ・レスキュー カナダ編 7 (S1E7) https://youtu.be/Py2hDpKpYRE

かなり番宣してしまったが、リンクからYoutubeサイトに移動し、
すっかり見入ってしまった方もいらっしゃるのでは?

このブログ記事に戻って来ましたか? さて、続きです。

■僕はアメリカ大陸 合計5万キロのRV旅行で、幸運にも事故に遭遇した経験はない。 しかし、1度だけ足止めを食らった事が6年前にある。 それは、エンジンオフ直後の始動不能。 場所はユタ州モニュメントバレーからUS-163を北に数マイル走った先の荒野。 早朝で交通量が少なく、携帯電話もサービスエリア外。 いやはや、困った。

この続きは、下記のブログ記事で。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事