ここから本文です

書庫全体表示

 アメリカで ロードサービス を受けるには 
Terms and conditions of the RV insurance and Roadside assistance

イメージ 2
 This El Monte's Rental-RV ”Flair” was a lucky bastard.
こいつと付き合うのは大変だったが、
お陰で当時RV初心者の僕はRVの勉強が出来た。
Better safe than sorry. 備えあれば憂い無し、ですね。

■僕はアメリカ大陸 合計5万キロのRV旅行で、幸運にも事故に遭遇した経験はない。 しかし、6年前に1度だけ足止めを食らった事がある。 それは、エンジンオフ直後の始動不能。 場所はユタ州モニュメントバレーからUS-163を北に数マイル走った先の荒野。 早朝で交通量が少なく、携帯電話もサービスエリア外選りに選って、最悪の時間と場所。 事件や事故は、こんな状況で起きることが往々にしてある。  いやはや、困った。

エンジン故障ではなかったが、ピンチを切り抜けられたのは車両がRVだったから。
 詳細は、ブログ記事「やっとこさ旅、継続!」と「エマージェンシースイッチ」にて。


このスイッチがあるか否かの差は大きい。
写真は、ブログ記事「エマージェンシースイッチ」より転載。

この他には、事故には至らなかったが、紙一重の瞬間が4年間で2度あった。 サイドミラーに写っていたタイヤのブラックマークが今でも忘れられない。 急ブレーキを踏んだので、RV内に置いてあった物品が前方へ飛ん来た。 交通事故では相手や自分達の怪我も大きな痛手になるが、牽引を要する事態に陥っていたらと思うとゾッとする。

右から2台目が、2013年アメリカ縦横断の相棒、B号。
(場所はサウスカロライナ州) モーターホーム(RV)は乗用車に比べて
サイズが大きいので、いざ牽引となったら大事でしょうね。
相対サイズの参考ブログ記事は、


■アメリカRV旅行でモーターホームが故障したり、交通事故で不動車両になったら、どうしますか? レンタルRV会社から借りた車両なら、その会社の24Hサービスのコールセンターに電話すれば善後策が相談できるのだが、あくまで英語が話せる場合。 英語が苦手なら、アメリカのレンタルRV会社と直接のレンタル契約は控えた方がいい。 日本には、レンタルRV会社を仲介してくれる会社が数社あるので、これを利用するのがお勧め。 日本語による24H電話サポートがあるから、安心だ。

Toll Free Roadside Support for on-the-road issues.
レンタルRV会社のウェブサイトには、
緊急時の具体的なサポート内容の掲載は無い。
あくまでサポートするだけで、補償範囲(後述有り)
レンターの貴方が加入する保険次第。

イメージ 1
Nightmare of being towed

■先日、個人所有のRV貸借や自動車保険について、ブログ記事「キャンピングカーを貸し出して稼ぐ!」にしたが、これを利用する場合もレンタルRV会社と同じ。 故障したり、交通事故で不動車両になったら、24Hサービスのコールセンターに電話する。 大事では、道義的にRV所有者にも連絡すべきでしょう。

個人所有の車両を借用する場合、
所有者の自動車保険に借用者(2名)を追加してもらう。
詳細は、ブログ記事「キャンピングカーを貸し出して稼ぐ!」を参照。


■電話しようにも、アメリカでは携帯電話のサービスエリア外となる場所が多い。 こんな場合はWiFi (VerizonやA&T)を携行していたらサービスエリア内か?確認してみよう。 電話が通じなくてもWiFiが飛んでいる場合があるのでメールやラインが利用できる。 また、電話もWiFiも高度が上がれば基地局をキャッチ出来る可能性が高くなるので、丘に登ったり、RVであれば屋根に上ったりして、チェックしてみよう。 高さ10m差で電波状況は大きく変わる。

 You could catch signal with considering for trying to 
 go up to higher places, 
 if online is difficult with a connection or out of signal range. 

イメージ 3
ポータブルWifi (左:AT&T、右:Verizon)は、様々な場所でレンタル可能。
予め日本でレンタルしてアメリカへ持っていく方が、現地での手間が無くて安心。
左は、トラベルデポUSAスタッフHimeno氏のポータブルWiFi。

それでもダメなら、無線機。 アメリカの無線機は見通しが良ければ40kmほど電波が飛ぶので、緊急時はエマージェンシーチャンネルで誰かと交信可能だ。 (注:エマージェンシーチャンネルはシェリフや警察が常時チェックしている) 心配性の方や辺鄙な場所が好きな方にはお勧め。 天気チャンネルもあり、現地の生情報が次々と入り、便利。 また、大型ショッピングセンターで手分けして買い物をする際や トレッキング時にも、手軽な連絡手段として使える。
アメリカ用の無線機は、日本では株式会社エクセリでレンタル可能。
紹介記事は、「GPSハイキングの予行練習」に。
※電波法により日本では使えない無線機なので注意。

イメージ 4 イメージ 10
左:アウトドア用品店 Cabela's (アメリカ縦横断 20131108 #28)、
右:ウォルマートでは、40〜100ドルで無線機が購入可能。
コストコにあったか否か、忘れてしまった。


■自動車保険で事故や故障の補償があれば、どんな方法でRVを借りたとしても”多少”気が休まる。 交通事故では第三者(被保険者以外の者)に対する賠償責任保険(Primary Third Party Liability Insurance)が対人や対物の最初の補償ベースになる。 対人補償は日本でいう自賠責保険と同じ。 但し、車両の牽引や修理は、保険担保条項(Coverage)の拡張担保条項(Extension)に任意保険(Optional Coverages)が付加されていないと自腹での出費となる
任意保険 (Optional Coverages)
  衝突車輌保険 (Collision) 事故による自車輌の修理補償
    免責額 (Deductible)設定有り
  包括車輌保険 (Comprehensive) 事故以外の自車輌の修理補償
  牽引サービス (Towing & Labor) 自車輌のレッカー移動補償
  レンタカー (Car Rental Reimbursement
    自車輌修理時のレンタカー利用補償

※用語は、研究留学ガイド「アメリカの自動車保険」又は「保険英語集」を参照。

■保険で補償されるサービスだが、一時的に被保険者(自分)が立て替え払いした場合は、その領収書を保険会社、又はレンタルRV会社に提出すると返金が受けられる。 保険会社やレンタルRV会社に牽引等のサービス利用をする旨の事前承諾(届出)が無くても、多くの場合は事後承諾される。 (トラベルデポ社 小林氏情報)


■アメリカでは車関連最大手の保険会社(非営利団体)、アメリカ自動車協会 トリプルエー(AAA;American Automobile Association)に会員登録(有料)していれば、一般的なロードサービス(Roadside Assistance) が享受できる。 但し、登録できるのは北米在住者に限られ、サービス内容は地区を管轄する支部により異なる。 しかし、日本でJAFに加入していて、その会員証を持参していれば、AAAから”ある程度”のサービスが享受できる。 これについては、後述で。

イメージ 11

ロードサービス (Roadside Assistance) の種類
 軽微な修理 (Mechanical First Aid)
 ジャンプスタート (Jump Start Service)
   バッテリー上がり時のエンジン始動 
 パンクタイヤの交換 (Flat Tire Change Service
   予備タイヤ無しは、修理工場等へ牽引
 ガス欠時の燃料配達 (Fuel Delivery Service) 燃料は有料
 鍵の閉じ込み作業の割引 (Locksmith Service
 脱輪等の救出 (Extrication/Winching Service
   支部やメンバーランクで内容が異なる
 数マイルの無料牽引 (Towing Service)
   AAA支部やメンバーランクにより内容が異なる
 牽引に伴うレンタカーの割引 上限額設定有り

上記の通り、車の緊急トラブルに対して幅広く対応している。 年会費は支部により異なり、50ドル前後(初回年会費は15〜20ドル増し)。 AAAへのロードサービス要請は、英語で電話、又はウェブサイトやアプリ経由でも可能。 あくまで上記のロードサービスは自分の乗用車や乗用レンタカーの場合で、RVではAAA支部によりサービス(内容や対応回数)が異なる。 特に差があるのは、脱輪時等の車両救出や無料牽引。

※ 1-949-862-9572 日本語取り次ぎサービスは、
2012年3月31日(土)をもって終了

イメージ 12 イメージ 13
右はRV, Motorcycle & Trailerのオプション説明

 アリゾナ州支部  標準会員でもRVは牽引対象で、5マイルまで無料。
   それ以上は要オプション加入。
 南カリフォルニア州支部 RV牽引は、RV, Motorcycle & Trailer
   のオプション追加時(37ドル)のみ対応

イメージ 5
RV, Motorcycle & Trailer のオプションが追加されたAAAのメンバーズカード
南カリフォルニアAAA支部のRVオプションによる無料牽引は実走100マイルまで
2名2台までのレッカー車で無料の救出対応をしてくれ、時間制限は無い。
砂浜、雪や洪水、山林道等での立ち往生は、サービスの対象外。
詳しくは、Member Guide(PDF)へ。


■日本でJAFに加入し、AAAマーク入りの会員証を持参/提示すれば、JAF 海外サポート、アメリカではAAAのサービスが享受できる。 ブログ記事「JAFの海外サービス」(2010/9/9)を参照。

RVは対象外と掲載されているが、実際には現地AAA支部毎のルール次第

久しぶりにJAF海外サポートのウェブページを拝見したが、掲載内容は2010年当時から全く進歩していないようだ。 逆にコンテンツが減り、日本語による取り次ぎサービス 1-949-862-9572 が見つからないこのサービスは終了し、削除されてしまった。

JAFカード提示で、エルモンテRVレンタルでも割引がある。
 Discount is 10% from September ? May or 5% from June ? August

また、アメリカ全土の民間キャンプ場やRVパーク等、多くの施設で割引が適用される。 RVパーク等のRV停泊施設では、数ドルの割引。 驚いたのは、カナダ国境の免税店(Duty Free Americas)での20%引き。 参考ブログ記事は、「アメリカ縦横断 20131106 #26」。 場所は、ここ

イメージ 6
JAF会員証のAAAマークを指差して、店員さんに提示しましょう。


■AAAと同様のサービスをしている会社は、他にもある。 Good Sam Clubは、RVer向けのサービスが充実している。 以前、モンタナ在住RVerの車両が故障し、エンジン交換となったのだが、安い年会費にも関わらず、100万円近い修理費が全て補償されたという、本人の記述をRVフォーラムで読んだ記憶がある。(昔の事なので定かではない) アメリカ人RVerのブログでも、RV関連施設の割引やロードサービスでGood Samの評価はすこぶる高い。 以前のブログ記事「History of RV in the US アメリカ キャンピングカーの歴史」で、クラブの概要を説明している。

イメージ 7RV旅行していると、よく見かけるGood Sam Clubの天使
Good Sam Roadside Assistance Auto & RV Standard($80/yr)
We pay 100% of the towing fees to the nearest service center
-no matter if it's 5 or 500 miles away. (牽引距離は無制限)
詳しくは、Standard RV plan brochure (PDF)

Campbell Cove RV Resort, Lake Havasu, AZ
グッドサムクラブの旗が掲揚されている。
クラブ会員なら停泊料金が割引される。

会員所有のRVに限り、様々なロードサービスが享受できる。 但し、スタンダードプランでは、脱輪等の救出で無償となるのは2時間以内の作業になる。 また全プランで、砂浜や雪での立ち往生は、サービスの対象外。 無料で無制限と謳っている牽引距離についても制約があり、最寄りの修理工場以遠へは、距離に応じた料金が請求される。 (詳細は、PDF Standard RV plan brochureを参照)

イメージ 14 イメージ 15 イメージ 17
オクラホマ州のキャンプ場の管理棟に置いてあった申し込み用パンフレット。
2013年の冬時点で年会費はUS$25(スタンダードプラン)だったが、現在はUS$80。

イメージ 19 イメージ 18

  イメージ 16 パンフレットにはステッカーも添付されていた。

イメージ 20
で分かりやすく紹介している。

 •Protection for RV, Autos, Motorcycles, and Boat Trailers
 •Protection for Spouse & Dependent Children
 •Unlimited Distance Towing to the Nearest Service Center (US & Canada)
 •Towing & Roadside Services in Mexico, Puerto Rico,
  US Virgin Islands ($1,000)
 •Vehicle Battery / Jumpstart Service
 •Flat Tire Service / RV Tire Delivery
 •Emergency Fuel / Fluid Delivery
 •Trip Interruption Assistance ($1,200)
 •Automotive Locksmith Service
 •RV Mobile Mechanic Dispatch

■JAFの日本国内におけるキャンピングカーへの対応について。


JAF ロードサービス対象車種
 車両重量3,000kg以下、かつ最大積載量2,000kg以下の自動車(ミニカーを含む。)及び原動機付自転車を対象とします。
 車両重量3,001kg以上の自動車については、キーの閉じ込み、燃料切れの救援作業のみをロードサービス対象とします。

ホームページでは上記制限が掲載されているが、規定重量を超えていても軽微なロードサービスには対応してくれる。 僕も3度ほどお世話になった。 JAFにロードサービスをお願いすると、多様な装備を有する小型レッカー車が来るので、いつも楽しみ。 しかし、サービス拠点によっては、対応を拒否された下記事例もあるようだ。


国内であれば、任意保険に付帯しているロードサービスが使用可能。 また、JAFとは違うJRS (Japan Road Service) なら、全ての車両をサポートしてる

日本の場合は、渡部竜生氏の「しっかり考えたい! キャンピングカーの自動車保険」(2016年7月13日)も読んでおいた方がいい。


■クレジットカード付帯のロードサービス
 (カード発行元が日本なら、対象地域は日本国内)
意外と知られていないのが、JAFと同じようなロードサービスをクレジットカード会社が提供している。 通常の一般カードでは入会及び年会費が必要だが、ロードサービス付きのカードやゴールド/プラチナ等のプレミアムカードにはロードサービスが最初から付帯している。

CLUB AJカード (条件付きで年会費無料)
 界標準を大幅に上回る50kmまで無料のレッカーサービスだが、
 対象車種は、乗用車べースのキャンピングカーのみ

出光カードまいどプラス (年会費無料だが、出光ロードサービス 750円/年に入会)
 レッカーでの牽引は、10kmまで無料
 対象車種に白8ナンバー特殊用途や白1ナンバー普通貨物が含まれているが、
 但し書きで「車両重量3t以上の大型車・大型特殊用途車両」は対象外となっているので、
 大型キャンピングカーが対象車両になるか否かはビミョウ

イメージ 9
役に立つ素晴らしいサイト
 クレジットカード比較の達人 「ロードサービス付きクレジットカード

アメリカで発行されたクレジットカードなら対象地域はアメリカとなる。 そのカードにロードサービスが付帯していいて、RVが対象車種なら、RVでも牽引等のロードサービスが享受できる。

参考サイト → Roadside Assistance Program Comparisons (英語)


次の記事は、アメリカでは こんな方法でRVを牽引


注:この記事は繰り返し精査するので、記載内容は時々変更/追加します。

END

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事