ここから本文です

書庫全体表示

<追記> 2018年 新名称”Quite Lite Campers & Shelters”となる
 会社Teal Global Enterprises にて 
 生産販売を再開 
Teal Global Enterprises purchased “the rights, plans, fixtures, etc.”
essentially, everything left from the old Teal International Corporation
 – and restarts production/selling in Clorado

<追記>2017年8月 会社オーナーが代わり
 間もなく生産/販売が再開される 

この記事を作成した2016年8月 当時は、
 2016年現在、会社は再建中で生産休止 
Why has production been suspended? Why do they need to reorganize?
What's wrong with the Teal International Corporation? Teal Int'l Tears Down?

イメージ 1
A modular camper that takes one person, one hour,
and one screwdriver to put together.
The ”Tail Feather Camper Kit” created by Lawrence Drake in Loveland, CO

ドライバー1本だけで組み立て可能なキャンピングトレーラーがある。 名称は、”Tail Feather Camper Kit”。 僕は、つい最近まで知らなかった。 とてもユニークな発想で設計されている。 コロラド州ラブランドで1990年に創業した会社: Teal International社が開発した製品で、2012年から市販。 当時、これを取り上げるメディアは殆ど無く(記事末尾の参考サイトを参照)、現地アメリカでも存在を知る人は少ないようだ。
ラブランドには3年前に寄った。
事前に知っていれば間違いなく取材してきた。(笑)


Build-It-Yourself Teal Camper above a Flatbed Utility Trailer with side gate
Fits in Trailer Deck Width 60"(5'), General/Min. size in the US

■乗用車でも牽引可能な小型/軽量トレーラーの上に居室を組み上げていく。 ベースとなるのは、アメリカでは一般的な床面があるだけのフラットベッドトレーラー(幅 5フィート)で、小型車や単車、ATV、荷物等の牽引運搬に用いられている。 荷物を落下から防止する枠 ”あおり”(side gate)のある多用途向け(Utility Type)の方が固定しやすい。 日本でも30万円から高機能タイプの100万円程まで様々なタイプが購入可能。 普通貨物”1ナンバー”となり、初回車検は2年、その後の継続車検は毎年。 トレーラー重量は200〜300kg程度、積載可能重量は約400kg。 ”Tail Feather Camper Kit” は200kg以下なので、合計で750kg以下となり牽引免許は不要。 しかも、重量税や税金等の維持費は格安だ。
W:60"x L:8' or 10' Utility Flatbed Trailer (PJ Trailers)
US$1,500 generally within the US
フラットベッドトレーラーを別途購入し、これに積載。

■部品は (5' x 3.5'の)パレット2枚に積まれ、コンパクトな荷姿で出荷される。 納車ではなく、納品だ。

Package of the ”Tail Feather Camper Kit
and Teal inventor / founder Lawrence Drake
Single campers are shipped on two pallets, each approximately 5' x 3.5'.
He previously owned a flight school though he sold his plane to finance his venture.
His experience in aviation construction leads to manufacturing of campers.
写真に写っているのは発明者、ドレイク氏。 社長でもある。
元々は、カリフォルニア州で飛行機学校を経営していた。
その飛行機を売り払って得た資金で、コロラド州に移住し会社を興す。
また、飛行機建造の経験もあり、これはキャンパー製造に生かされている。

キャンピングカーの側壁となるパネル(置く時は、この向きに)
パネルとパネルが接合する端面には、パッキンが添着されている。

Dimensions:60" x 21" x 12 + 1/2" walls, Weight:21 lbs
高さ:1.524m×横幅:0.533m×奥行:0.318m、重さ:9.5kg/枚
ウレタンフォームが詰まっているので、見た目よりも重そうだ。

■一見、複雑そうな組み立てに思えるが、ネジのみの連結・固定。 パネルは3種類あり、窓やドア等をお好み次第で自由に配置出来る。 (キットモデルでは制限あり) 最後に屋根を載せたら、完成。

It may look complex, but all it takes is a screwdriver.

You can customize window and door panels to your liking.


 
更に詳しく知りたい場合は、”Assembly Instructions”(PDF)へ。

The large double doors provide generous loading.
リアドアを選択すると観音開きの開口となり、大きな物資の出し入れが可能。

  Domed roof provides 6' 2" of head room.
最後にドーム屋根を載せると、最大室内高は1.88mに。

Tail Feather Camper Kit”は、乗用車が牽引可能な455kgを目安に設計されている。 アメリカの小型車では、牽引重量は1,000lbs(ブレーキ無し)になっている。
RVは自走式、トラキャン、牽引トレーラーの3カテゴリーに分類されるが、このキャンパーは新たな第4カテゴリーなのかも。

The Teal camper was designed around
the passenger car's 1,000lb (455kg) towing capacity.

3-kinds of RVs, include Towable and Motorized RV.
Plus 4th, a new variety

■開発者が最も苦心したと推察出来るモジュール構造とパネル素材。 キャンピングカーを設計・製作〜使用した経験がある方なら、これは凄いと思うハズ。 とりわけ寒冷地では断熱と結露防止の構造が必須。 特に結露は、キャンパーの寿命や快適性に大きな影響を及ぼす。 流石、ロッキー山脈の麓、冬は極寒のコロラド州で開発されているから、対策は万全だ。 ポリエチレン表皮のパネル内は、ポリウレタンフォームが充填されている。











 

































Polyethylene plastic 1/8" thick and then injected under pressure
with polyurethane foam
3.175mmのポリエチレン表皮、内部はポリウレタンフォームが充填されている。

■ドイツにはキャンピングカーの壁にヒーターを敷設しているメーカーがあるが、日本ではそこまでは不要。 断熱性能に優れていればストーブで十分。 床は断熱構造の床板と冷たさを感じ難い素材を敷けば、何とか凌げる。 冬のノースダコタ州でRV車中泊したことがある。 朝起きたら結露した窓が真っ白に凍っていたが、爽やかな目覚めだった。(笑)

The Teal Camper uses foam insulated panels.
So you might prevail against frigid climate.
断熱素材の壁なら極寒の雪中キャンプが可能かも?

■躯体の内部形状に合わせた装備品。 キャンピングカーの構成要素となるシンク、ベッド等が用意されている。 この辺は、日本やヨーロッパのキャンピングカー部品の方が長けているので、それをパクってもいいと思う。 キットには基本的な備品が添付されているが、食べて寝る事が可能な最低限のもの。 全ての備品は15分以内で着脱出来るようになっており、外せば物置として転用可能だ。
 Furnishings and Components
 All the furnishings can be removed and stowed
within 15 minutes so you can make room for cargo.

  
The interior includes basics like a table, seating and a bed.
Dinette/Bed Bench Kit, Dinette Cushion Set Kit.

  
The standard interior is minimalistic, but gives you a place to eat and sleep.
Sink Counter Kit, Counter Cabinet Kit

配電盤(Power Panel Kit)も用意されている。

 
エアコンも取り付け可能。

 

フロアー構造と素材は、自分で考えて敷設する。

■2サイズ×2タイプ、計4種類のキットがラインナップされている。 ウェブサイトには各モデルのCG動画が掲載されているので、内部レイアウトが良く分かる。 基本的な寸法が掲載されているが、一部不明ヶ所がある。 このブログ記事では、不明寸法の解析やSI単位(メートル/キログラム)への変換を加えた。 ウェブサイトに価格は掲載されていないが、100万円以下に設定されているようだ。 (発売当初は50万円以下だった)

Dimensions
W:1"x 5pcs + C:17.5"+ End cap:2" = 124.5"= Camper Body Length
全長=幅:0.533×5枚+角部:0.445+後端:0.051=3.16m → Model 10.0
全長=幅:0.533×4枚+角部:0.445+後端:0.051=2.63m → Model 8.0
モデル共通の寸法 Common size to all Models
天井高:1.88m Ceiling Height:6' 2"
全高:1.93m Roof Height from floor:6' 4"
全幅:1.98m = 幅:0.533×2枚+コーナー0.445×2枚+α
  W:21"x 2pcs + C:17.5"+ α = 80.5"+ α= 6' 6"= Common Width
設置部の幅:1.511m Common Footprint Width:4'+11 1/2"
設置トレーラーの内幅:1.52m Common Deck width of Trailer:5'
  Deck width measured from rub rail to rub rail where applicable.

 FF:fits for:適合トレーラー
 FD:Actual footprint dimension:設置面積
 LS:Living space:居住面積
 BW:Base kit weight:パネルキット重量
 CW:Turnkey camper weight:装備品込み重量
 TW:Typical weight with trailer:トレーラー込み重量

MODEL 8.0 double rear doors
FF:5' x 8' Utility trailer:1.52×2.44m
FD:4'+11 1/2" x 7'+10":1.511×2.388m
LS:6'+1" x 8'+4 1/2":1.854×2.553m
BW:372 lbs:169kg
CW:487 lbs:221kg
TW:under 900 lbs:408kg

MODEL 8.5 side door
FF:5' x 8'+4"Flatbed utility trailer:1.52×2.54m
FD:4'+11 1/2" x 8'+4":1.511×2.540m
LS:6'+1" x 9'+7 1/2":1.854×2.934m
BW:415 lbs:188kg
CW:530 lbs:240kg
TW:under 1,000 lbs:454kg

MODEL 10.0 double rear doors
FF: 5' x 10' Utility trailer:1.54×3.05m
FD:4'+11 1/2" x 9'+7":1.551×2.921m
LS:6'+1" x 10'+1 1/2":1.854×3.086m
BW:434 lbs:197kg
CW:545 lbs:247kg
TW:1,100 lbs:499kg

MODEL 10.5 side door
FF: 5' x 10' Utility trailer:1.54×3.05m
FD:4'+11 1/2" x 10'+1":1.551×3.073m
LS:6'+1" x 11'+2 1/2":1.854×3.416m
BW:477 lbs:216kg
CW:588 lbs:267kg
TW:1,100 lbs:499kg



■使い方や応用の例

けっこう楽しそうだが、荷物の出し入れが大変そうだ。
一般的なRVと異なり、車体側面に荷物入れが無いからね。

軽量なので、川岸の土手に乗り込んでも沈まない。
(世の中には、ボートに変身するRVもある)

「早くステーキが焼けないかなぁ〜。 サンダルは燃やしちまったょ。」

Use the Teal Camper as a toy or gear hauler!
僕が想定していた応用は、コレ。 苦労して写真を見つけて来た。
内部がシンプルだけに、単車固定用のタイダウンフック設置を要す。
大型単車では、アタッチメント”Cycle Loader® Cycle Loader CL-1000”がお勧め。
傾斜/上下機能付きのトレーラーなら、スロープは不要。

この単車の積載については、ブログ記事「ポルシェのキャンピングカー
書庫「ポルトレ」(ポルシェとトレーラー)へ。


A truck with the Teal Camper turns into a Motorized RV.
小型トラックの荷台に設置したら、自走式キャンパー。
設置幅:1.511mと広いので、軽トラックへの積載は不可。
全幅も1.96mで、1.48m制限を超える。

Dragging down in not use, Dragging up in use.
使用する時はトレーラーに載せ、不要時は降ろす。
ウインチ付きなら一人で積み下ろしが可能。

If you don't have any room in your backyard,
break the Teal back down into its panels and store it neatly.
トレーラーから裏庭に降ろしたら、物置にもなる。
邪魔ならバラバラにすればいい。

■モジュール構造の利点を生かすと即席シェルターに転用可能。 開発者自身も被災地向けシェルターを想定し、こちらの市場開拓に軸足を移している感がある。 何故なら、組立式で分解出来るキャンパーの需要は、アメリカ市場では小さいと推定できるから。 理由は後述で。 

A few panels are much more versatile for a storage than a full camper.
写真は、両者共に2012年頃の製品
A conversion kit transforms the Tail Feather from camper to shelter.

 The parts are assembled in a few hours by the customer
with nothing but a screwdriver.

キャンパーと異なり、十分な天井高を確保している。

大きさ、形状は、お好み次第だが、キット品が使えないサイズでは屋根は要自作。



このタイプは、標準品の屋根が用意されている。




このドアの向こうは、至福のエリア。

■なぜ会社は再建中なのか?理由は分からない。 生産が停止し、現在は販売/出荷も休止中。 いつ再開するのかは、全く不明。 60才後半になるドレイク社長は生産や販売権を譲ろうとしているようで、これが前記の答えなのかも。

写真の場所は、パネルを委託生産していた中国の会社のようだ。

中国工場にしては、床が綺麗すぎる。

これは、シェルター用屋根のフレーム。

■市場駆動型企業ゆえの苦悩
組立式で分解出来るRVを求める顧客は、アメリカ市場では極少数と推定される。 理由は、

・大都市居住者は別だが、敷地にRVが置けない家は少数。 小型RVなら面する道路に路駐できる。
  分解する必要性が低い → 分離/分解したい客層 (国)へ展開

・辺境地旅行が主体となるRVでは、トイレやシャワーが不可欠。 水回りの装備がRV選択で重要。
  キャンパー自体が小さく、装備オプションが増やせない → ”食う+寝る”で十分な客層(国)へ

・キット価格は完成品RVと比較すると低価格だが、低価格/コストパフォーマンスを求める客層は、
 RVレンタルの頻度と費用も比較し、RVレンタルした方が圧倒的に安い、となる。
  大量生産していないので、製品コストが下げられない → シェルターで販路/販売量の拡大へ
  (2015年春から約1年余りの間、キャンパー主要部品のパネルは中国の会社に生産委託していた)

結論を言えば、アメリカ市場での勝負はやめて、製品の利点が生かせる日本やヨーロッパ戦略へ。

工場直販のみ、またRVIAに加盟していない等、市場へのアピールが不十分。 大手ホームセンターチェーンへ家庭用のサイズ自在物置として売り込めれば、販売量が拡大しスケールメリットが生かせる。 更にキャンパーをDIYしようとする人が自然と現れる。 また、設計者が意図しなかった利点や使い方を潜在ユーザーが生み出す。 例えば、モジュールやキャンパー全体が水洗い出来る素材である事。 これは、ウェブには全く掲載されていない。 スキー場の雪上簡易ハウス、水上ハウス、釣り小屋、山小屋、警備員仮眠所等、応用先はウェブにも掲載されている通り、無限にある。


ウェブサイトで謳われているシェルターのメリット
 • Modular:標準部品による組み立てユニット(モジュール方式の建造)
 • Light Weight:軽量
 • Portable:固定式ではない運搬可能な製品
 • Insulated:断熱
 • Rugged:凹凸構造で部品どおしが密着
 • Easy:組み立てが簡単
 • Strong:強靭な躯体
 • Compact:余分な部分が無い
 • Customize:自在な形状にアレンジ可能
 • Scalable:自在なサイズにアレンジ可能

■参考になる動画や写真




CGによる組み立て方法の解説と、実際の組み立て状況を撮影した動画。

断熱に優れているので、降雪/寒冷地でも耐えられそう。

ソリに載せて雪上を運搬(アラスカ州) → youtube Bering Sea Shelter

これで家を造ろうとする人が出てくれば...

■ここからは、おまけ。

カリフォルニア州で走行可能な最長サイズ 12mのトレーラー (40ft)
この画像は、Teal International社の写真を基に作ったCGです。

長いと、「GLA-WEL」で紹介した犬用トレーラーのように見える。

 
アメリカで良く見かけるホーストレーラー(馬車)も長いので似たようなイメージ。
Barstow, CAのFlying Jで撮影した写真は、

アメリカには、平屋アパートのような超ロングトレーラーもある。
写真は、「アメリカ縦横断 20131027 #16」(ルイジアナ州)より転載。

イメージ 2
この80ft近くあるRVは実在しない。 CGだ。
このシリーズの最長は50ftのハズ。


ここまで お付き合い頂き、ありがとうございます。

■カリフォルニア州で走行可能な最長サイズ:40ftトレーラー
・A vehicle may not exceed a length of 40 feet.
・An articulated bus or articulated trolley coach
  that does not exceed a length of 60 feet.
・Class C:You may tow a travel trailer under 10,000 lbs. GVWR
  when towing is not for compensation.
Other States Info. Trailer Dimensions DrivingLaws.AAA.com

  No overall vehicle length limit (Grandfathered Semitrailer Lengths)

カリフォルニア州政府が定める一般車両のサイズ規定
・車両単体の全長は、40ft (12.2m) 以下
・連結車両の全長は、60ft (18.3m) 以下
・普通免許(Class C)では、車両総重量 4,536kg (10,000 ポンド)以下 ※商用以外の場合
記事をクリップする詳しく知りたい場合は、「モーターホームの種類と運転免許」へ
参考:連邦政府は各州の商用車の全長制限を禁止 (但し、既成州法による全長制限は除外)

Teal International社
創業者:Lawrence Drake
創業年:1990年
収益:US$2,400,000 (?年)
従業員数:12
住所:5925 Sacajawea Way, Loveland, CO 80537 Google Maps
 創業者宅にTail Feather Camperが鎮座している
電話:(970) 744-6568
FAX:(970) 744-6569
販売形態:ウェブ直販のみ Teal only offers direct-to-consumer sales through its website

The proud inventor, Lawrence Drake stands
by his early models with popup roofs (2012)
イメージ 3

■大元となるTeal International社のウェブサイト
隠蔽された寸法図のページ
WingOver LLCに触れた隠蔽ページ

Australia
 価格はAU$$13,500 (約124万円) 〜

■通販サイト bestbuydealer.com
just add our shell for $995.00 シェルだけを10万円で販売している。
CALL FOR INFORMATION 402-331-0854

■パネルの製造を委託していた会社 (発売開始当初)

Tail Feather Camper Kitを紹介しているウェブサイト
DoItYourSelfRV.com (June 2016)
VogelTalksRVing.com
Thrillist.com
BizWest.com
HappierCamper.tumblr.com
  Teal Camper - now on sale (Oct. 2012)
FiberglassRV.com
  Modular camper (Aug. 2012)
gizmodo.com.au
NewAtlas.com
The Tail Feather MINI camper is available now for $2,500.

One of phots on View gallery (18 images) of NewAtlas.com
Teal debuted the Tail Feather
at The Colorado RV Sports Boat and Travel Show

starling-travel.com (Sep 2013)
hiconsumption.com

smartcarofamerica.com
actual footprint dimension: 4' x 7'-4"
ceiling height: 4'-2" to 4'-6" (depending on rail height)
base kit weight: 160 lbs
typical weight with trailer: under 500 lbs

dailymotion.com

smalltrailerenthusiast.com
  Teal Camper (Aug. 2013)
rvshare.com
  Assemble Your Own Custom Camper (May 2012)
tinyhouseblog.com

de.camperstyle.net

RVSueandcrew.net
  Another side of Colorado (Aug. 2016)

■関連参考サイト
 オリジナルキャンパーの製作会社 camperize.com
 Converting a vehicle into a self-contained camper

■日本のフラットベッドトレーラー販売店 (一部のみ掲載)
 ボートプラザ(三郷市)
 福伸工業 サンロッキー事業部(大府市)
 シーマリン(美浦村)

■ポルシェで Travel Trailerを牽きたい!これは3年前にスタートした計画で、キャンピングカーとトイホーラーのの装備を有する軽量トレーラーの製作。 だが、僕の失態でルーメット製造会社の社長から忌避され頓挫。 キャンピングトレーラーのベース」を探すも、優れモノが無い。 Tail Feather Camper Kitなら、実現可能。 しかし、今の僕には当時と同じ情熱が無い。
ブログ記事「ポルシェのキャンピングカー」で想定したのは… END

  • 顔アイコン

    今日、帰ってくる際に半円状のココのBlogで見たことがあるキャンピングカーを引っ張っているSUVがいましたね。お盆休みのレジャーに出掛けるのでしょうか。

    [ よんちゃん ]

    2016/8/10(水) 午後 7:56

    返信する
  • 顔アイコン

    >よんちゃん、コメントありがとうございます。
    まさか、このTail Feather Camperですか? ドライブレコーダーに写っていたら、是非見せて下さい。 写真でもOKです。 宜しくお願いします。

    ふじ○

    2016/8/10(水) 午後 8:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事