ここから本文です

書庫全体表示

 現物を見るのは初めて...だった 

イメージ 2
写真は、2013 アメリカ旅行記 【5日目】 より転載。

 スチールアーチビルディング、これはアメリカ旅行中に見ておきたかった建物。 防錆処理した波状の鉄板をボルトで連結し、その外皮だけで躯体強度を確保している。 側壁と屋根が一体となっていて、天井を支える柱は内部に無い。 工期が短いのも特徴。 農場の大規模倉庫や飛行機の格納庫、大型ガレージ等に用いられていて、支柱の無い広い空間を生かしている。 白色が目立ち、アメリカ旅行では結構な頻度で見かける。
 
画像は、steelfactory.com より拝借したGIFを加工・合成した。

イメージ 4
スチールアーチを用いた建屋を専門としている建設会社の社長さん。

イメージ 5

イメージ 3
Taylor Made Wooden Heritage, Blanding, UT (Google Maps)

イメージ 20
Black's Auto Body (Google Maps)

イメージ 19
この社屋の構造について、社長さんが説明してくれた。


 これは社屋だが、住居用として耐えられる内部構造にして建てたそうだ。 断熱と防音を実現する為にスチール外皮の内側には工夫が凝らしてある。 僕はアポ無しの見知らぬ外国人旅行者なので、中に入っての見学は遠慮した。

  この材料を日本に輸入し、建てようと検討し始めたのは、3年前の事だった。 計画したのは、実は自分のガレージではなくて応援していた会社のモノ。 この会社と深く関わる前、僕の失態から様々な計画が頓挫。 よって、1ヶ月掛けて検討した大型ガレージは、形になる前に消滅してしまった。 迷惑を掛けてしまった事を今でも時々思い出し、反省している。


以下は、当時の記事のリスト

  イメージ 6
  イメージ 7
  イメージ 1
  イメージ 8
  イメージ 9

  
  イメージ 10
  イメージ 11
  イメージ 12
  イメージ 13
  イメージ 14
  イメージ 15

  イメージ 16
  イメージ 17

 3年前のアメリカ縦横断旅行では、当時コンタクトしていたバージニア州の建築資材販売会社 SteelMaster Buildings社の直ぐ近くを通った。 ここに寄り、この会社にも迷惑を掛けたことを謝罪して来れば良かったと思っている。

 月日が経ち、スチールアーチを輸入し販売/建築する業者が増えたようだ。 今年、2016年2月のキャンピングカーショーでは、この種のガレージが出品されていた。

イメージ 18
2017年 画像を追加
この写真を掲載したブログ記事は、ジャパンキャンピングカーショー2017

END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事